マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【代々木B】Round3:八十岡 翔太(東京) vs. 平見 友徳(大阪)

【代々木B】Round3:八十岡 翔太(東京) vs. 平見 友徳(大阪)

by Yohei Tomizawa

 折り返しのRound3を迎え、フィーチャーエリアにあらわれたのは二世界のPOY八十岡と、関西プレイヤー平見。平見はマジック歴3ヶ月で予選を勝ち抜いてきた新鋭である。

 デックは共にジャンドではあるが、八十岡が《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》型であるのに対し、平見は《不屈の自然/Rampant Growth》を投入し、ミラーマッチを強く意識した形となっている。

 《荒廃稲妻/Blightning》や《精神腐敗/Mind Rot》といったカードに於けるアドバンテージ勝負や、《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》のマナベース破壊によって加速されるダメージレース。一転続唱による逆転や、《若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon》無双と一口にジャンドミラーといっても様々なゲームプランがある。

 彼らは一体どんな勝利への過程を辿るのだろうか?

Game 1
jpg

八十岡の手札:《森/Forest》《沼/Swamp》《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》《荒廃稲妻/Blightning》《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess》

 懸念材料であった赤マナをファーストドローで揃え、《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》、《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》をキャストし攻勢にでる後手八十岡。

 平見は《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》なり《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》なりをキャストし、防御網を構築したい所だが、肝心の緑マナが引けずにパーマネントを場に出すことが出来ない。

 《終止/Terminate》でクロックを下げるが、そこには《荒廃稲妻/Blightning》が見舞われ、ライフは12。

 事故に付け込もうと八十岡は《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess》でカードを積み込む。

 平見の引いた4枚目の土地は《根縛りの岩山/Rootbound Crag》。場に《山/Mountain》は、ない。

 《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess》によって積み込まれた《若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon》が場に出ると、平見は《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》をキャストし、続唱するしかない。

 除去が捲るよう祈るも、続唱されたカードは《不屈の自然/Rampant Growth》。

八十岡 1-0 平見

Side

 先手と後手にて対照的なサイドボードが行われる。平見は先手の利を生かすべく、《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》《精神腐敗/Mind Rot》にてマナベースと手札の攻撃を目論み、後手の八十岡は除去スペルにてゲームのスローダウンを画策する。

Game 2

八十岡の手札:《野蛮な地/Savage Lands》《山/Mountain》 2《瀝青破/Bituminous Blast》《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess》《終止/Terminate》《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》

 サイドインした《精神腐敗/Mind Rot》、続くターン《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》によって続唱された《精神腐敗/Mind Rot》によって八十岡の手札はボロボロにされてしまう。捨てるのは《若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon》や《瀝青破/Bituminous Blast》といった重いカード達である。

jpg

 《荒廃稲妻/Blightning》をキャストし、失ったアドバンテージを取り返そうとするも、ここで平見がキャストしたのは《不気味な発見/Grim Discovery》。地味なカードだが、フェッチランドと除去された《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》を回収し、アドバンテージをさらに離しにかかる。

 舞い戻る《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》に対し、土地が3枚で止まってしまっている八十岡は何も出来ない。度重なる攻撃でライフは5。

 やっと4枚目の土地を引き、《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》で殴り合いに持ち込む。そうするしか選択肢は残されていない。

 そっと見た平見の手札には《稲妻/Lightning Bolt》。八十岡に手札はないため、《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》《稲妻/Lightning Bolt》《荒廃稲妻/Blightning》《不気味な発見/Grim Discovery》と引けば勝てるカードは多い。が、このターンのドローも土地と冴えない。

 2枚の《荒廃稲妻/Blightning》でライフが14まで減っていた平見は、《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》と《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》によって攻撃され、勝ち手段も除去引けずに殴り切られてしまった。

八十岡 2-0 平見

前の記事: 【代々木E】Round 2: 三田村 和弥(千葉) vs. 横溝 剛毅(東京) | 次の記事: 【板橋G】Round 3:山本 明聖(和歌山) vs. 中 善弘(石川)
イベントカバレージ/Finals09 一覧に戻る

イベントカバレージ