マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【代々木E】Round 2: 三田村 和弥(千葉) vs. 横溝 剛毅(東京)

【代々木E】Round 2: 三田村 和弥(千葉) vs. 横溝 剛毅(東京)

by Tomohiro Kaji

 もう既にみなさんご存じかもしれないが、今回のFinalsはブロックをAからHまでの8つに分割し、そのブロックでの勝利者のみが決勝ラウンドのある明日へと進むというシステムが採用された。

 Round 2 は、会場は先ほどのRound 1と同じく代々木だが、フロアを変えてブロックEに目を向けてみよう。

 まずは三田村だが、今年度はPTホノルル優勝に加え、プロプレイヤークラブ最高の「レベル8」を獲得しており、その日本を代表するプレイヤーのキャリアも、実はこの代々木の会場を使って行われたLMC2004の優勝から始まった。

 対して、横溝は東京でマジックをプレイしており、神奈川の予選で今回の参加権利を獲得、現在は静岡に拠点を移したところと、いろんな土地でマジックを楽しんでいるプレイヤーで、プレイ歴も12年目と長く、昔のFinals予選や、新しい本戦のシステムについて軽く談笑しながらゲームの開始となった。

Game 1
jpg

 横溝の先行ワンマリガンでゲームがスタート。

 お互いに《根縛りの岩山/Rootbound Crag》、《野蛮な地/Savage Lands》とタップインでスタートと、この環境にありがちなジャンドのミラーマッチか?

 しかしここで、横溝は《ゴブリンの先達/Goblin Guide》に《ぐらつく峰/Teetering Peaks》を使いながらの4点アタックすると、

三田村 「Jundではないな」。

 さらに横溝はアタッカーとして二段攻撃の《巣穴の煽動者/Warren Instigator》を追加する。

 手札が若干重く、後手の三田村はマナベースをできる限り素早くそろえたいのだが、場には2枚の《野蛮な地/Savage Lands》と、手札には《森/Forest》、《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》と、次の2ターンでタップインを強制されそうな悪い予感。

 ここで除去が無いため、既にライフが14の三田村は、割り切って《森/Forest》から《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》をキャストすることしかできない。

 4ターン目、横溝は2枚目の《巣穴の煽動者》に加え、《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》をキッカーでキャストしてのフルアタック!

 《ゴブリンの先達/Goblin Guide》で土地がめくれようが、《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》がトークンを産もうが、横溝はそんなことお構いなしとライフを攻めにかかり、土地があるのに4マナが出せなかった三田村は、《稲妻/Lightning Bolt》、《噴出の稲妻/Burst Lightning》と火力の連打で止めを刺された。

三田村 0-1 横溝

jpg

 このEブロックには38人のプレイヤーが参加しており、明日へと進めるのはたった一人。

 つまり、2敗した時点でもう決勝へのチャンスが摘まれてしまう。

Game 2

 三田村が先行を選んでゲームが開始。

 2ターン目、《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》と《不屈の自然/Rampant Growth》で一気に3色のマナをそろえる三田村は、返す横溝の《ゴブリンの近道抜け/Goblin Shortcutter》に即《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》をキャストし2枚目の《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》と、前ゲームとは違った展開が期待される。

 しかし、横溝のキャストした《ゴブリンの酋長/Goblin Chieftain》を除去することができず、さらに5枚目の土地も置けなかった三田村。速攻アタックを喰らい残り17、《ゴブリンの先達/Goblin Guide》と《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》のキッカーと《酋長》の+1/+1修正から一気に10点のダメージと、一気にライフかっさらわれてしまい、残り7。

 マナ加速したのに5ターン目になってしまった《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》で4体のクリーチャーを戦場に加えるが、横溝はターンエンドに《稲妻/Lightning Bolt》を三田村に、アンタップして《ドラゴンの餌/Dragon Fodder》で2/2クリーチャーを2体追加し、速攻で攻撃。

 ブロックサインをする前に《噴出の稲妻/Burst Lightning》を叩き込み、三田村はベストなブロックをしたとしても、ライフは一気にマイナスまで落ち込んでしまった。

三田村 0-2 横溝

前の記事: 【代々木A】Round 1:斎藤 友晴(東京) vs. 牛久保 健一(大阪) | 次の記事: 【代々木B】Round3:八十岡 翔太(東京) vs. 平見 友徳(大阪)
イベントカバレージ/Finals09 一覧に戻る

イベントカバレージ