マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【板橋H】Round 5:荒井 大佑(東京) vs. 及川 真史(千葉)

【板橋H】Round 5:荒井 大佑(東京) vs. 及川 真史(千葉)

By Yukio Kozakai

 このラウンドから、競技はエクステンデッドに変わる。

 例年だと、初日にスタンダードラウンドを戦い、日をまたいでエクステンデッドへと進むため、初日の成績を元にしてエクステンデッドのデッキを選択する......といった戦術が可能だったが、今年は違う。

 デッキリストは朝の時点でスタンダード・エクステンデッド共に同時提出であり、短い時間で戦術を練らなければならなくなり、より高度なテクニックと熟練度が必要となった。

 具体的には、エクステンデッドラウンドで4-0が必要なのか。3-1でいいのかでは、デッキ選択そのものが変わる可能性が大いにある。

 そしてスタンダードラウンドでの結果が読めない以上、全てのプレイヤーは4-0を目指すデッキを選択する必要性は高い。それを踏まえた上で、後ほど更新予定のBreakdownなどを参照していただきたい。

jpg

 このラウンドは、浅原 晃・中村 修平・清水 直樹と強豪ひしめくをブロックを、スタンダード全勝で駆け抜けた精鋭の対決をお届けしよう。荒井 大佑(東京)は赤単バーン、及川 真史(千葉)は白(+黒)キスキン。共に真っ向勝負のライフレースだ。

Game 1

jpg

 先攻は及川。《風立ての高地/Windbrisk Heights》に《流刑への道/Path to Exile》を秘匿し、《ゴールドメドウの重鎮/Goldmeadow Stalwart》をプレイ。荒井は《ゴブリンの先達/Goblin Guide》で戦闘を仕掛け、両者相打ちでゲームがスタートする。

 荒井は攻め手を休めない。《火花の精霊/Spark Elemental》《ケルドの匪賊/Keldon Marauders》と連打し、及川の《メドウグレインの騎士/Knight of Meadowgrain》を除去しつつ、さらに《怒鳴りつけ/Browbeat》で一気に及川のライフを削りにかかる。

 及川はたまらず、対コンボ用のメインボードである《エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist》で、一応火力の連打を食い止めては見るものの、まさに焼け石に水。最後は《稲妻/Lightning Bolt》《欠片の飛来/Shard Volley》で、荒井がキッチリ及川のライフを0へと追いやった。

荒井 1-0 及川

Game 2

jpg

 《ゴールドメドウの重鎮/Goldmeadow Stalwart》《ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender》とプレイする及川だったが、土地が《平地/Plains》《沼/Swamp》の2枚でストップ。

 その間に、荒井は《裂け目の稲妻/Rift Bolt》《ケルドの匪賊/Keldon Marauders》《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》と及川の本体を狙い撃ち、《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》が空襲する。

 手札の《幽体の行列/Spectral Procession》を恨めしく見つめる及川。さらに荒井の火力攻勢を浴びつつも願いを込めてドローするが、あと1枚の土地が遠い。ようやく《黄金のたてがみのアジャニ/Ajani Goldmane》が及川になけなしのライフをもたらした頃には、既に荒井の《爆片破/Shrapnel Blast》圏内だった。

荒井 2-0 及川

荒井 大佑が全勝対決に勝利!

前の記事: 【代々木E】Round 4:黒田 正城(大阪) vs. 笹本 木綿子(東京) | 次の記事: 【代々木B】Round 5:八十岡 翔太(神奈川) vs. 藤田 修(東京)
イベントカバレージ/Finals09 一覧に戻る

イベントカバレージ