マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【板橋F】Round 6:壇 匠哉(東京) vs. 川上 紘司(静岡)

【板橋F】Round 6:壇 匠哉(東京) vs. 川上 紘司(静岡)

By Yukio Kozakai

 通常のトーナメントなら、そろそろプレイオフ進出のボーダーがどの辺りになるのか、プレイヤーが皮算用を始める頃だ。

 しかし、今年のFinalsは事情が異なる。勝者は各ブロック1人ずつ。このラウンドに勝利して6連勝を決めたプレイヤーでも、明日の決勝は約束されたわけではない。

 ID(インテンショナル・ドロー(合意の上の引き分け))すらも存在しない、過酷な鉄人レース。その長い道のりの先に待っているのが、決勝の椅子、そして高額賞金と構築日本一という栄誉だ。

 過去最大の規模で開催されている今年のFinals。競技レベルのトーナメントを戦い抜いた先には、それだけの見返りがある。

jpg

 その栄誉に向かい、藤田 剛史(大阪)、長島 誠(山梨)、中島 主税(神奈川)、高橋 優太(東京)など、実力者が居並ぶブロックを勝ち上がって、ここまで全勝の2人が激突する。壇 匠哉(東京)がドメインズー、川上 紘司(静岡)が青緑赤の中速コントロール型《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》。

Game 1

jpg

 先攻の壇がマリガン。《野生のナカティル/Wild Nacatl》から《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》という展開でスタートする。

 対する川上は《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》をX=1でプレイし、《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》を《差し戻し/Remand》して時間を稼ぎ、続くアタックには《撤廃/Repeal》。さらに《ウッド・エルフ/Wood Elves》をプレイしてマナを伸ばす。

 壇は、川上がフェッチランドを起動しマナがなくなるタイミングで《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》で《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》を破壊。さらに邪魔な《ウッド・エルフ/Wood Elves》には《流刑への道/Path to Exile》。

 ダメージをできるだけ通して、フェッチランド、ギルドランドの円滑な運用をさせるライフの余裕を与えない。

 《撤廃/Repeal》で《野生のナカティル/Wild Nacatl》を戻し、ライブラリーを掘り続けて一縷の望みに賭ける川上。それでも壇は川上のライフを残り1まで追い込むが......

 「火力が無い......」
川上 「ワンチャンス?!」

 半ば諦めかけていたターンが返ってきた川上は、そのまま《風景の変容/Scapeshift》から《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》へのコンボを決め、鮮やかに逆転勝ちを収めた。

壇 1-0 川上

Game 2

jpg

 《貴族の教主/Noble Hierarch》《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》と、今度も軽快な壇。川上はマリガンスタートながらも順調に土地を引き当てて、《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》《明日への探索/Search for Tomorrow》でマナを伸ばし、何とかしようと動く。

 しかし、壇の後続が《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》《悪斬の天使/Baneslayer Angel》と非常に強い。川上は《深遠の覗き見/Peer Through Depths》を唱えて未来の5枚に希望を見出そうとするが......。

 全体除去呪文が無い以上、この大攻勢はどうにもならないのであった。

壇 1-1 川上

Game 3

 川上が、1ターン目《思案/Ponder》スタートの順調な立ち上がり。

 本来なら、このままゲームが続くはずなのだが、「シャッフルが不十分であり、無作為化が適切に行われていない」とジャッジからこの試合3度目の注意を受け、川上にゲームロスの裁定が下された。

 これにより、マッチは思いもしない形での決着をみることになった。

 このラウンドの冒頭の文章において、このFinalsを「競技レベルのトーナメント」と紹介をさせていただいた。

 「シャッフルが不十分であること」だけで1ゲームを失うとは、厳しいように思われるかもしれないが、競技レベルのトーナメントには、ルールに則った厳正なプレイとマナーが求められることを示している。

 ルールやマナーを知り、守ることは対戦相手への敬意でもあり、自らを守る武器でもある。

 また、競技イベント以外でも、シャッフルひとつでも丁寧に行うことを意識していただきたいと思う。丁寧なシャッフルは、より健全で、白熱した勝負をもたらしてくれるはずだ。

壇 2-1 川上

壇 勝利!

前の記事: 【代々木D】Round 6:諫山 夕介(東京) vs. 中野 圭貴(大阪) | 次の記事: 【板橋H】Round 7:松本 郁哉(石川) vs. 岩崎 裕輔(兵庫)
イベントカバレージ/Finals09 一覧に戻る

イベントカバレージ