マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【板橋F】Round 8:壇 匠哉(東京) vs. 小松 智史(千葉)

【板橋F】Round 8:壇 匠哉(東京) vs. 小松 智史(千葉)

By Yukio Kozakai

 ついに最終戦になった。ここまで、壇が全勝。小松が6勝1敗のタイブレイカー最上位。1位2位の直接対決なのだが、ここで小松が勝利すると順位が入れ替わる可能性がある。勝った方が決勝の切符を掴む......確率の高いマッチということで、本日最後のフィーチャーマッチになった。

jpg

 壇は、7連勝で決勝進出がほぼ確定と思っていたところでの急転直下。一方、小松は結果はともかく、マジックがしたくてたまらなくて、楽しんでマジックしてたら決勝進出を狙える好位置まで駆け上がってきていたのだ。
壇は「もう確定だと思ったのにマジックしたくない......」と言い、小松はデッキチェックの間すら待ちきれず「早くマジックがしたいです」とさわやかに言う。このモチベーションの差が、果たしてゲームにどう影響を与えるのか。

 デッキは、壇がドメインズー。小松が《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》コンボを内蔵したテゼレッター。

 運命の最終戦、明日の決勝に進むのは、壇か。小松か。

Game 1
jpg

 壇の手札が芳しくない。

 マリガン後もクリーチャーが全く来ず、土地を並べてはターンを返す展開。一方、小松は3ターン目に《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》《弱者の剣/Sword of the Meek》のコンボを早々と揃えていた。壇が《罰する火/Punishing Fire》を構えているとは言え、その展開力は圧倒的。

 壇は、ようやく《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》に2枚の《野生のナカティル/Wild Nacatl》と並べ立てるが、《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》が《野生のナカティル/Wild Nacatl》の足を止める。

 こうなっては、もはや壇には自分に向かって来る飛行機械軍団を見届けることしかできなかった。

壇 0-1 小松

Game 2

 壇が対アーティファクトシフトを敷く。《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》をプレイし、その2枚目は《マナ漏出/Mana Leak》でカウンターされるも、ハンドに《古えの遺恨/Ancient Grudge》《虚空の杯/Chalice of the Void》と抱え、小松の出方をうかがう。

 そして小松に動きがないと見るや、壇が《古えの遺恨/Ancient Grudge》を《古えの居住地/Ancient Den》へ。それを《マナ漏出/Mana Leak》されるのを見ると、優先権を放棄してターンを返そうとした。

 そのスキを、小松は見逃さなかった。《根絶/Extirpate》を《古えの遺恨/Ancient Grudge》に打ち込んで対応の機会を与えずに追放すると、自分のターンに《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》をプレイした。

 これは壇も即座に《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》で破壊し、手札に2枚の《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》を抱えているのも構わず、《虚空の杯/Chalice of the Void》をX=2でプレイ。小松のコンボを完全に封じにかかる。

 壇の《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》が攻撃を始め、小松の《悪斬の天使/Baneslayer Angel》は《流刑への道/Path to Exile》。小松が《知識の渇望/Thirst for Knowledge》から《神の怒り/Wrath of God》にアクセスしてクリーチャーは場からいなくなるが、今度は《樹上の村/Treetop Village》が起き上がって小松へ攻撃を始める。

 結局、小松は《樹上の村/Treetop Village》への対抗策を引き当てられず、勝負の行方は第3ゲームへと委ねられることとなった。

壇 1-1 小松

Game 3
jpg

 ここまで全勝で駆け抜けて来たのは伊達じゃない、とばかりに、壇がロケットスタートを決める。

 2枚の《野生のナカティル/Wild Nacatl》と《貴族の教主/Noble Hierarch》。後攻3ターン目には《タルモゴイフ/Tarmogoyf》も追加できる流れ。

 クロックは既に充分だが、マリガンスタートの小松が《神の怒り/Wrath of God》系のカードを持っていなければ、この《タルモゴイフ/Tarmogoyf》が戦列に加わることで、壇の勝利がぐっと近づく。

 壇は考えた。そして《タルモゴイフ/Tarmogoyf》を戦場へ送った。

 しかし、全勝者への挑戦権を掴み取った小松もまた、時の運を持っていた。

 1対4交換となる《審判の日/Day of Judgment》。さらに、壇の《悪斬の天使/Baneslayer Angel》をしっかり《マナ漏出/Mana Leak》し、《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》をプレイ。アーティファクト土地を次々飛行機械へと変身させ、壇の陣営に切り込む。

 序盤の展開のために、フェッチ・ギルドの両ランドにライフをありったけつぎ込んでいた壇に、残された命は少ない。

「後続が引けない......」

 目前まで勝利が迫っていた。なのに、勝利へ一歩、貪欲になりすぎてしまった壇の下から、ひたすらにマジックを楽しんでいた小松へと、マジックの神様が移っていったように見えた。

「早くマジックがしたい」

 明日まで待ちきれない。その思いを胸に、明日の決勝ラウンドも、千葉勢の秘蔵っ子が「楽しむマジック」で旋風を巻き起こす。

jpg

壇 1-2 小松

小松 智史、決勝ラウンド進出!

前の記事: 【代々木C】Round 7:三原 槙仁(千葉) vs. 谷澤 芳理(福島) | 次の記事: 【代々木B】Round 8:三原 槙仁(千葉) vs. 水原 由貴(神奈川)
イベントカバレージ/Finals09 一覧に戻る

イベントカバレージ