マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【代々木B】Round 5:八十岡 翔太(神奈川) vs. 藤田 修(東京)

【代々木B】Round 5:八十岡 翔太(神奈川) vs. 藤田 修(東京)

by Yohei Tomizawa

 Round 4を終えてトーナメントBの全勝者は八十岡と藤田の二人に絞られた。

 八十岡が使用するのはオースティン、世界選手権と使い続けている、由緒正しきヤソコンである。除去スペルにてクリーチャーを裁き、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》や《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》といったコストパフォーマンスの優れたクリーチャーで攻防を支える。

 《けちな贈り物/Gifts Ungiven》に《永遠の証人/Eternal Witness》を絡めアドバンテージを稼ぐ。《空の遺跡、エメリア/Emeria, the Sky Ruin》にて繰り返し場に出るクリーチャー達は悪夢でしかないだろう。

 対する藤田のデックはバント。

 世界選手権ではナヤズーを選択していたが、《バントの魔除け/Bant Charm》、《否認/Negate》、《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》の強さからバントにスイッチしたという。1マナ域を埋めるため4枚の《野生のナカティル/Wild Nacatl》と、1枚の《蒸気孔/Steam Vents》が採用されている。

 互いに仮想的ともいえるデック同士、エクステンデット初戦を白星で飾るのはどちらだろうか?

Game 1
jpg

藤田の手札:3土地、《貴族の教主/Noble Hierarch》、2《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》、《流刑への道/Path to Exile》

 フェッチランドからギルドランドをサーチというお決まり流れを経てキャストされた《貴族の教主/Noble Hierarch》。さらに《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》2枚を続け、八十岡を攻める。

 八十岡は土地をセットするのみ。一度攻撃を受け、ライフは15。

 4ターン目、《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》で《樹上の村/Treetop Village》をサーチしながらキャストしたのは最強装備品《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》。

 装備からの攻撃こそ《流刑への道/Path to Exile》で防ぐも、八十岡は4枚目の土地が置けない。手札の《けちな贈り物/Gifts Ungiven》、逆転の《審判の日/Day of Judgment》はキャスト出来ない。

 6/6となった《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》が一度攻撃すると、土地が引けない八十岡は投了。

藤田 1-0 八十岡

Side

 藤田は相手のデックが除去スペルを中心としたコントロールデックであるため、《流刑への道/Path to Exile》、《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》をアウトし、クリーチャーが尽きないように《ロウクスの戦修道士/Rhox War Monk》をインした。

Game 2
jpg

藤田の手札:2土地、《貴族の教主/Noble Hierarch》、《野生のナカティル/Wild Nacatl》、《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》

 後手ダブルマリガンと厳しい表情の藤田だが、最後に配られた手札は最上のもの。八十岡の除去次第ではあるが。

 《霧深い雨林/Misty Rainforest》からフェッチし、いつも通りに17点スタート。《貴族の教主/Noble Hierarch》からの展開力ではなく、《野生のナカティル/Wild Nacatl》にて4点クロックを準備する。

 前述のプラン通り《貴族の教主/Noble Hierarch》をキャストし4点のダメージが入り、八十岡のライフは16。

 第4ターン目のドロー後に、藤田は《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》をキャストし、八十岡を対象に取る。

 小考後、サンドバック状態の八十岡が明かした手札は

2《けちな贈り物/Gifts Ungiven》《壌土からの生命/Life from the Loam》《流刑への道/Path to Exile》《原野の脈動/Pulse of the Fields》《平地/Plains》《嘆きの井戸、未練/Miren, the Moaning Well》

 というもの。場に出ている土地が白マナしか供給できないため、何一つスペルをキャスト出来ていなかったのだ。ここから厄介な《原野の脈動/Pulse of the Fields》を抜き去る。

 だがこのドローで《神聖なる泉/Hallowed Fountain》を手にいっれたため、残りライフを10とする代わりに《けちな贈り物/Gifts Ungiven》をキャスト可能なる。

 2体のクリーチャーが攻撃し6点が入り、残りは4。ここで2マナ残し《否認/Negate》のブラフをかけながらキャストしたのは《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》。

 予定調和に《けちな贈り物/Gifts Ungiven》がキャストされ、《神の怒り/Wrath of God》、《審判の日/Day of Judgment》が墓地へ、《流刑への道/Path to Exile》、《糾弾/Condemn》が手札へと贈られるこことなる。

 都合3枚の除去スペルにて一命を取り留めるも、クリーチャーは途切れず《ロウクスの戦修道士/Rhox War Monk》がキャストされる。

 土地塗れの手札から《けちな贈り物/Gifts Ungiven》をキャストし、藤田に提示した選択肢は

 後者2枚がが手札に来るが、アンタップ状態の土地が2枚のため、今度はどちらをキャストするかで悩む。

 選択したのは《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》、藤田のドローは《バントの魔除け/Bant Charm》。

藤田 2-0 八十岡

 好きなカードで好きなデックが組める、それがひとつのエクステンデットの魅力である。《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》《空の遺跡、エメリア/Emeria, the Sky Ruin》の共演や、《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》と《暗黒の深部/Dark Depths(CSP)》といったエクステンデットならではのデックも多数存在する。

 カードの組み合わせは無限大で、だからこそ相手のデックの動きを予測しプレイする難しさ、楽しさがある。これもエクステンデットの魅力である。

 そういえば手札のフェッチランドを眺め、サーチする土地を考えながら藤田は一言呟いた。

藤田 「エクテンはマジックしてる感じがある。」

 スタンダード落ちした好きなカードがある方や、考えるマジックが好きな方には是非遊んでみて欲しいフォーマットである。

前の記事: 【板橋H】Round 5:荒井 大佑(東京) vs. 及川 真史(千葉) | 次の記事: 【代々木D】Round 6:諫山 夕介(東京) vs. 中野 圭貴(大阪)
イベントカバレージ/Finals09 一覧に戻る

イベントカバレージ