マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【代々木B】Round 8:三原 槙仁(千葉) vs. 水原 由貴(神奈川)

【代々木B】Round 8:三原 槙仁(千葉) vs. 水原 由貴(神奈川)

by Yohei Tomizawa

 普段から遊んでいる長津田GCC、PWCにて権利を獲得した水原。フェアリーを相棒にここまで勝ち上がってきた。

 対戦相手はRound7に引き続きフィーチャーエリアに現れた三原。

jpg

 相性ではカウンターやインスタントタイミングでキャスト出来るカードがあるフェアリー有利と見られているが、どうさろう?

Game 1

 水原が2ターン目にキャストした《苦花/Bitterblossom》を《マナ漏出/Mana Leak》で打ち消し、自分のターンで《知識の渇望/Thirst for Knowledge》にてデックを掘り進める。

 《変わり谷/Mutavault》と《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》を同時に揃えプレッシャーをかけるが、三原の場にある白マナが《流刑への道/Path to Exile》を連想させ、思ったように攻められない。

 谷澤が躊躇しているうちに三原は4マナ揃え、相手のターンのエンドに《けちな贈り物/Gifts Ungiven》をキャストする。するとこれが通り、

 の4枚が提示される。三原のマナベースは《神聖なる泉/Hallowed Fountain》と《島/Island》、そして無色マナしか出ない土地が2枚と苦しいため、コンボパーツと土地2種類を選択したのだ。

水原 「難しいっすね。」

 そう呟くと土地2枚を手札に送り、三原のアップキープに《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》をキャストし、動きを縛ろうとする。

 スタックして覇権用にアクティベードした《変わり谷/Mutavault》が《流刑への道/Path to Exile》されると、土地をセットするしか出来ない水原に対し、《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》にて《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》をトップに置き、魔のエンジンを完成させる。

水原 「次、いきましょう。」

三原 1-0 水原

Side

 《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage》《悪斬の天使/Baneslayer Angel》とクリーチャーを入れた三原に対し、谷澤は《破滅の刃/Doom Blade》といったクリーチャー除去スペルを抜き《虚空の力線/Leyline of the Void》、墓地対策をイン。

Game 2
jpg

 水原の初動は素晴らしく《祖先の幻視/Ancestral Vision》の待機、手札には《マナ漏出/Mana Leak》と《謎めいた命令/Cryptic Command》が控える。

 三原はカウンターを消費させる意味も込め、《苦花/Bitterblossom》、《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》を牽制する《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》をX=2でキャストする。

 互いにドローセットランドゴーという青いデック同士らしい流れから遂に《祖先の幻視/Ancestral Vision》の待機が解除される5ターン目を迎える。ここで三原は解決にスタックして《知識の渇望/Thirst for Knowledge》でドローを試みるが、《マナ漏出/Mana Leak》で撃退。メインフェイズで《苦花/Bitterblossom》をキャストし、1マナ立ててエンド。

 カウンターが手札にないためか、無防備状態の水原。ここを攻めない手はないと三原はサイドインした《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage》をキャストする。想定していたカードと違ったのだろう、

水原 「そんなカードいたなぁ。」

 と思わず叫び

三原 「いいカードでしょ。」

 とニッコリほほ笑む。

 フルタップの隙に《虚空の力線/Leyline of the Void》を通し、《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》コンボを無力化する。

 水原のエンドに三原は《けちな贈り物/Gifts Ungiven》をキャストし、これを水原は《謎めいた命令/Cryptic Command》でカウンターしながら《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage》をバウンスするモードでキャストする。

 追い打ちをかけるように《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》がアップキープにキャストされ、土地は2枚アンタップ状態で選択を迫る。

 打つしかない三原は《謎めいた命令/Cryptic Command》をキャストするも、これには《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》が。

 《変わり谷/Mutavault》2体がアクティベートされ、フェアリートークン2体、《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》、《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》全てのクリーチャーで攻撃され、1/1のフェアリーをブロックし、10点のダメージが入る。ライフは一気に8に。

 三原は状況を打開すべく《ヴィダルケンの枷/Vedalken Shackles》をキャストし、通るが場に《島/Island》は2枚。活路を見いだせるのだろうか?

 再びフルパンを宣言した水原に対し、トークン1体を奪い、《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》とトークンをブロック。5点が入り、残りは3。

 トップデックした《粗石の魔道士/Trinket Mage》は《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》をサーチし、すぐさまX=0でキャスト。

 水原は再びフルパン、三原は《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage》で《変わり谷/Mutavault》とフェアリートークンのどちらをブロックするか悩み、結果トークンをブロックする。これでライフは1。

 祈るようにキャストしたのは《求道者テゼレット/Tezzeret the Seeker》。

水原 「どうぞ」

 と通ったことを告げると、《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》をサーチする。ライフとブロッカーを得れる状況が作り出せたが、これが逆転への布石となるのだろうか?

 水原のドローは芳しくなく、徐々に捲くられつつある。逆に三原はここで剛腕を発揮し、《悪斬の天使/Baneslayer Angel》をドロー。

 気がつけば三原のライフは射程圏内から外れており、《苦花/Bitterblossom》のため水原のライフは7となってしまっている。

 最後の大仕掛けとして《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》でトークンを生成をスタックに積みつつ、スタックで2枚目の《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》(X=0)を起動し、トークン全てを薙ぎ払い、相手の場を《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》のみとする。当然《悪斬の天使/Baneslayer Angel》のブロックに回り、ここでライフは三原9-3水原となる。

 ここで時間が終了し、エクストラターンとなる。

エクストラ1

 三原の攻撃を《謎めいた命令/Cryptic Command》にて延命する。

 命令と自分のターンの2枚のドローを見ると水原は静かに右手を差し出した。

三原 2-0 水原

 ゲームが終了すると水原の友人が早速声をかけ、対戦相手である三原と3人で感想戦が始まった。

 三原の適切なプレイで耐えきったが、どこかで1点のライフをつめることは出来なかったのかと?

 水原の友人と三原は同時に口を開いた。

「《謎めいた命令/Cryptic Command》カウンターしなければ勝ってたよ。」

 と。確かに《けちな贈り物/Gifts Ungiven》は嫌なスペルではあるが、《虚空の力線/Leyline of the Void》が貼ってある状況では効果は半減してしまう。三原も土地4枚を選択しただろうとのこと。ここをぐっとこらえれば、勝利していたのではないかと語ってくれた。

 見事予選を勝ち抜いた三原。ベスト8でも巧みな技術と、光る右腕に期待したい。

前の記事: 【板橋F】Round 8:壇 匠哉(東京) vs. 小松 智史(千葉) | 次の記事: 【代々木A】Round 8:斎藤 友晴 vs. 平田 稔 & 和田 寛也 vs. 植田 勝也
イベントカバレージ/Finals09 一覧に戻る

イベントカバレージ