マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

【代々木D】Round 8:澤出 誠(北海道) vs. 背 敦雄(富山)

【代々木D】Round 8:澤出 誠(北海道) vs. 背 敦雄(富山)

by Tomohiro Kaji

 次のフィーチャーマッチはブロックDの最終ラウンド。

 現在、このブロックは全勝者がおらず、1敗同士の両名がマッチアップされた。

 ここでの勝利者のみが、明日の決勝トーナメントに参加する資格を与えられる。

 対戦種目はエクステンデットで、これからのGPやPTQに採用されているフォーマットで、澤出は《集団意識/Hive Mind》+《タイタンの契約/Pact of the Titan》コンボ。対して、背は《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》+《風景の変容/Scapeshift》というお互い、瞬殺コンボ同士の対戦となった。

Game 1
jpg

 6枚でのキープとなったの背は、《繁殖池/Breeding Pool》から《思案/Ponder》でゲームをスタートする。

 《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》、《明日への探索/Search for Tomorrow》を待機2へと順調につなぎ、ダブルマリガンの澤出は、土地を淡々と並べてターンを返すのみ。

 背は《ウッド・エルフ/Wood Elves》でさらにマナを伸ばし、1点ではあるがダメージクロックでリードを築く。

 初手がとても悪かった両プレイヤーは、カード不足で攻めるに攻められず、お互いドローゴーの状態が続いてしまう。しかし、地味ながらも背のエルフの1点が重なり、土地へのライフの支払いも相まって、澤出にプレッシャーがかかる。

 文字道りに、このままではいつかは負けてしまう澤出は、ターン終了時に《撤廃/Repeal》を《ウッド・エルフ/Wood Elves》にキャストするが、こちらもカードを引きたいのだと、背も《差し戻し/Remand》で対応する。

 そして、その場はいったん収まったが、再度《撤廃/Repeal》をターン終了時にキャストすると、背は《残響する真実/Echoing Truth》をエルフに使い、今度は対象不適正で澤出の目的である「カードを引く」ことが果たさせない。

 《タイタンの契約/Pact of the Titan》や、《否定の契約/Pact of Negation》、《煮えたぎる歌/Seething Song》などはあるが、肝心の《集団意識/Hive Mind》か、契約を生かすための5枚目の土地が引けない澤出に対し、赤青緑の土地は十分にあるが、手札は受け身の《差し戻し/Remand》、《残響する真実/Echoing Truth》を複数枚、と勝ちに行けない背。

 ここで、やっと《集団意識/Hive Mind》を引き込んだ澤出は、コンボを決めに行くために《煮えたぎる歌/Seething Song》経由でこれをキャストしに行く。

 しかし、またしても《差し戻し/Remand》をされ、カードを引かれるに留まる。

 まだ勝負の時ではないと《否定の契約/Pact of Negation》は使わずに受け入れた。

 しかし、次のターン、《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》を追放しての《炎の儀式/Rite of Flame》から、再度キャストされる《集団意識/Hive Mind》は、背の三度目の《差し戻し/Remand》の妨害を受けるが、《否定の契約/Pact of Negation》を使い戦場に追加することができた。

 ここで、一気に勝負をつけようと、《タイタンの契約/Pact of the Titan》に手をかけた瞬間。

澤出 「勘違いした!」

 背は、強制契約不履行どころか、しっかりマナを払う余裕がある。

背 1-0 澤出

 もう残り時間は20分を切っており、大急ぎで次のゲームの準備を進める。

Game 2
jpg

 今度は背のマリガンでスタートし、これでマリガン回数はお互いに2回ずつ。

 Game1とは違い、序盤をリードするのは澤出。

 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》から《血清の幻視/Serum Visions》、《思案/Ponder》、《血清の幻視/Serum Visions》と、ライブラリーをひたすら掘る、掘る、掘る。

 背は、《深遠の覗き見/Peer Through Depths》で、《明日への探索/Search for Tomorrow》を手に入れるが、3枚目の土地を置くのみで待機もキャストもしないでエンド。怪しい。

 澤出は、まず《思案/Ponder》して、カードを確認しつつ勝負にでた。

 《炎の儀式/Rite of Flame》2枚からの、ストーム3での《巣穴からの総出/Empty the Warrens》で8体のゴブリントークンを生成する。

 この時点でのライフは、お互い土地に支払っただけではあるが、澤出14vs背19。

 いきなり残り3ターンを宣告された背は、《明日への探索/Search for Tomorrow》を待機しつつ、《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》のドローを自分を対象に使う。

 このお陰で、《残響する真実/Echoing Truth》にたどり着き、一命は取り留めたかに思われたのもつかの間。

背 :アップキープに《残響する真実/Echoing Truth》をトークンに
澤出 :《差し戻し/Remand》
背 :再度《残響する真実/Echoing Truth》、解決。

 澤出のトークンは処理されてしまったが、《炎の儀式/Rite of Flame》、《煮えたぎる歌/Seething Song》から《巣穴からの総出/Empty the Warrens》と、今度は12体のクリーチャーを用意した。

 ライフはお互いに11と、背はトップデックに期待するしかなかったが、あいにくのドローは《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》。

 12体のうち、2つを3/1飛行、1/1でブロックした背は、ライフ1ながらも土地を伸ばし、再度トップデックに期待を込めるがそれは叶わなかった。

背 1-1 澤出

Game 3

 ここで残り時間は約4分。

 このマッチが引き分けてしまえば、明日への切符は誰の手に渡るのか、すべては運任せになってしまう。しかし、それはありえない無いと、二人は無言で超高速のゲーム開始した。

 お互いに、時間のショートカットとしてフェッチランド中にフェッチランドでカードを探すも、ショックランドでライフを17にしたところでタイムオーバー。

 背はアタッカーとして、自分のターンに《ヴェンディリオン三人衆/Vendilion Clique》を呼び込むと、今度は澤出を対象に能力を利用する。

 すると、公開されたカードは、《否定の契約/Pact of Negation》《タイタンの契約/Pact of the Titan》に、《煮えたぎる歌/Seething Song》《炎の儀式/Rite of Flame》と、契約とマナばかり。

 この中から背は、《否定の契約/Pact of Negation》を抜き取ると、澤出は追加のドローを得た。

 そして、澤出のターン。

 おもむろにキャストされるのは、《炎の儀式/Rite of Flame》。

 まさか。

 そのまさかが起こってしまい、さらに澤出は《炎の儀式/Rite of Flame》から、《煮えたぎる歌/Seething Song》、《集団意識/Hive Mind》へと繋ぐ。

 ここで背は、澤出の残りのカードをすべて知っているために、延長ターンを終えることなくカードを片づけた。

背 1-2 澤出

前の記事: 【代々木A】Round 8:斎藤 友晴 vs. 平田 稔 & 和田 寛也 vs. 植田 勝也 | 次の記事: 【代々木】スタンダードブレイクダウン
イベントカバレージ/Finals09 一覧に戻る

イベントカバレージ