マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝:佐藤 正規(長野) vs. 後藤 祐征(愛知)

準々決勝:佐藤 正規(長野) vs. 後藤 祐征(愛知)

By Yusuke Yoshikawa

 佐藤 正規は長野のプレイヤーだが、名古屋に住んでいたこともあるという。現住している後藤 祐征とともに、ふたりとも愛知県にルーツをもつことになる。

jpg

 試合開始前の二人の会話では、そんな話題からマジックを始めた頃のことに話が及んだ。

 「はじめは『フォーマット』とか『キーワード能力』が何かすら知らなかったですね」と佐藤。

 そんな時期を過ごして、いま晴れ舞台に立っている。

 白赤上陸ビートダウンの佐藤と、赤単の後藤。

 わずかな隙が勝敗を分ける、刃の上のような戦い。

Game 1

jpg

 ダイスロールで先攻を得た後藤が少し考えたのちにキープ、佐藤がマリガンとする開幕。6枚を見ても、渋い顔でふーっと息を吐き、2回目のマリガンを宣言。

佐藤 「もうだめだー」

 おどけた調子で言う。それを見て、しみじみとした言葉が漏れる。

後藤 「日付が変わって、流れも変わっていますからね......」

 激戦を勝ち抜いた昨日は、まごうことなき「今日の人」であった二人だ。

 しかし、このタイミングに関しては、くっきりと明暗が分かれてしまっている。

 結局4枚にまで追い込まれてしまった佐藤を、《ゴブリンの先達/Goblin Guide》で攻め立てる後藤。

 1回目の攻撃で《山/Mountain》がもたらされ、《ぐらつく峰/Teetering Peaks》を加えた2回目の攻撃は、佐藤が《噴出の稲妻/Burst Lightning》でいなす。

 《板金鎧の土百足/Plated Geopede》の鏡打ちから、一転攻勢に出たのは佐藤。プレイ《湿地の干潟/Marsh Flats》→《コーの鉤の達人/Kor Hookmaster》で後藤の《板金鎧の土百足/Plated Geopede》をタップして、枚数をものともしない攻撃を見せる。

 後藤が3枚目の土地を持ってくる。デッキの構成上、ともにフェッチランドが多いため、シャッフルをする間のちょっとした会話が増える。

後藤 「ムカデ強いですよねー」

佐藤 「防御に回ると、ちょっと残念ですけどね」

 赤マナ3つを生み出して、後藤の手札から《ボール・ライトニング/Ball Lightning》が飛び出す。通して佐藤のライフは10。

 佐藤も《ぐらつく峰/Teetering Peaks》をプレイして2体で攻撃、後藤のライフも半減して6に落ち込む。さらに追加の《板金鎧の土百足/Plated Geopede》を戦場へ。

 不利をものともせず佐藤が押し切れるか、リソースで勝る後藤がさばけるか、という剣が峰。

 後藤は5枚の手札をじっくり見て考え、まず《稲妻/Lightning Bolt》を今出てきた《板金鎧の土百足/Plated Geopede》へ。

 《地獄火花の精霊/Hellspark Elemental》をプレイして攻撃に向かわせる。土地の追加はなく、《板金鎧の土百足/Plated Geopede》はブロッカーに残した。佐藤のライフは7に。

 フルタップの後藤に対し、佐藤は《乾燥台地/Arid Mesa》を戦場に出す。そして意を決してフルアタック。

 《板金鎧の土百足/Plated Geopede》(現在3/3)《コーの鉤の達人/Kor Hookmaster》に直面したライフ6の後藤はブロックしなければ生き残れない。ここでは後者をブロックして、ライフは3に。

 後藤は自分のターン、ドローを見てわずかに考えるが......静かに投了した。

 望外の星を拾った、という様子で、佐藤は天を仰いで笑顔をこぼした。

 そこには、開始時とはまったく逆の明暗。

 後藤は土地が止まったのが痛かった。

佐藤 1-0 後藤

Game 2

jpg

 先ほどとは逆に、佐藤の《ゴブリンの先達/Goblin Guide》が開幕を告げる展開。

 《ぐらつく峰/Teetering Peaks》《沸騰する小湖/Scalding Tarn》と並べて動きのない後藤に対し、佐藤は《ゴブリンの先達/Goblin Guide》の2体目を送り出す。

 ひとつめの能力解決で見えたのが《ゴブリンの先達/Goblin Guide》であったため、後藤は冷静に《沸騰する小湖/Scalding Tarn》を起動し、ライブラリをリフレッシュ。それが実り、ふたつめの能力を解決すると土地が。カードカウントを得てから攻撃を《噴出の稲妻/Burst Lightning》《稲妻/Lightning Bolt》で2体の先達を捌ききる。

 そこから後藤が反転攻勢。《板金鎧の土百足/Plated Geopede》から《地獄の雷/Hell's Thunder》、さらに2枚目、フェッチランドも利用してのラッシュをかける。今度は佐藤が《天界の粛清/Celestial Purge》から《流刑への道/Path to Exile》、こちらも2枚目とさばく番。この結果、後藤の土地が多く並ぶ。

 後藤の追加は《板金鎧の土百足/Plated Geopede》、佐藤は《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》。

 だが《板金鎧の土百足/Plated Geopede》が5/5になろうとするところで《稲妻/Lightning Bolt》が飛び、逆に《コーの空漁師/Kor Skyfisher》で《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》を戻し再プレイしたところで、《コーの空漁師/Kor Skyfisher》に《噴出の稲妻/Burst Lightning》キッカーが放たれて、天秤は揺れながらも平衡を保ち続けていた。

 そんな消耗戦のさなかに戦場に降り立ったのは、佐藤の《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》!

 カード1枚の戦力が重要な局面で、《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》が手札へと飛び込んでいく。

 まさに仕方なく、という様子で後藤は《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》を対象に《マグマの裂け目/Magma Rift》を唱え、《ゴブリンの先達/Goblin Guide》をブロッカーに用意する。

 対する佐藤は《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》、土地、《コーの鉤の達人/Kor Hookmaster》、《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》キッカーと連打!

 仕方なく《コーの鉤の達人/Kor Hookmaster》に《稲妻/Lightning Bolt》を使ってしのぐが、後藤のライフは3。互いに手札はない。

 後藤は自分のターン、クリーチャー群を見て、ぽつりと言う。

後藤 「土地を引かれなければ生きてるけど......それって呪文ってことですよね」

 引いた《消しえる火/Quenchable Fire》をプレイ。しかし佐藤をおびやかすには至らない。

 佐藤はドローを見て、ゆっくりと攻撃宣言をする。

 そして、噛み締めるように《噴出の稲妻/Burst Lightning》をテーブルに置いた。

佐藤 2-0 後藤

後藤 「《地震/Earthquake》も《焦熱の落下/Fiery Fall》も引けないときついですね......」

 終了後、佐藤がすまなそうに頭を下げる。後藤はさわやかに笑う。

 お互い、トップから引かないといけないデッキですから、と。

 佐藤、準決勝進出!

前の記事: 【板橋】板橋会場・使用デッキ分析(エクステンデッド編) | 次の記事: 準々決勝:小松 智史(千葉) vs. 澤出 誠(北海道)
イベントカバレージ/Finals09 一覧に戻る

イベントカバレージ