マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準決勝:佐藤 正規(長野) vs. 山本 明聖(和歌山)

準決勝:佐藤 正規(長野) vs. 山本 明聖(和歌山)

By Yusuke Yoshikawa

jpg

 ゼンディカーで登場した能力『上陸』を軸とする、白赤の攻撃的なデッキを駆る両者が準決勝で激突する。

 きわめて前がかりのデッキだが、試合前の準備に向かう二人は対照的に静かである。
一戦を勝ち上がり、いい集中力・緊張感を持続しているように感じられる。

Game 1
jpg

 ダイスロールで山本が先攻となった。

 山本の《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》に佐藤が《噴出の稲妻/Burst Lightning》で、《板金鎧の土百足/Plated Geopede》には《稲妻/Lightning Bolt》で応える立ち上がり。

 佐藤の《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》が場に残ることになり、第3ターンの山本は《広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse》を置くのみでターンを返す。

 ここでドローを見て、「あー」を細く息をつく佐藤。上陸のかなめである土地がないのだ。《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》をプレイするだけで攻撃できない。
一方の山本に《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》をプレイしてトークンを生成、一歩先んじようとする。

 しかし、無事《沸騰する小湖/Scalding Tarn》を引き当てた佐藤はこれを置いて起動、さらに《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》をプレイ。5/5となった《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》を向かわせることで、《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》を除去できた。《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》はトークンと相打ちとなる。

 これを幸便とみるか、《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》のために10点分のダメージソースを損したとみるか。

 ともかくも主導権を奪い取った佐藤は《地獄の雷/Hell's Thunder》で辻斬り、続いて《コーの空漁師/Kor Skyfisher》で土地を戻し上陸を達成することで攻撃、としていく。

 守勢に立たされた山本は《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》をプレイ、《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》を持ってきてプレイ、2枚のフェッチランドをスタンバイさせてターンの終了を宣言する。山本のライフは10である。

 佐藤はこの《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》に《流刑への道/Path to Exile》、そして自らのターンでフェッチランドを引き当てる!

 まず《コーの鉤の達人/Kor Hookmaster》が《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》を眠らせ、フェッチランドによって4/5となった《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》2体と《コーの空漁師/Kor Skyfisher》が攻撃。そのダメージソースはちょうど10点。
 対処策を持たなかった山本は、静かに「負けました」と告げた。

佐藤 1-0 山本

Game 2
jpg

 引き続いて山本が先攻。一瞬、視線を空に漂わせ、ゲームプランを思い浮かべてからキープを宣言する山本に対し、佐藤はマリガン、結果6枚でのスタートとなる。

 《乾燥台地/Arid Mesa》から《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》の山本に対し、佐藤は《平地/Plains》のみ。《ぐらつく峰/Teetering Peaks》を絡めた攻撃に対応はなく、佐藤のライフがまず4点削れる。

 続くターンも《平地/Plains》のみの佐藤に、山本は《沸騰する小湖/Scalding Tarn》を戦場へ、これを起動から《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》をキッカーでプレイ。

 佐藤は《危害のあり方/Harm's Way》でダメージを《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》に移し変えて除去するが、この損害は山本の許容範囲内か。

 《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》は《コーの鉤の達人/Kor Hookmaster》で一旦停止するが、山本は《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》で《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》と持ってくる。

 佐藤も《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》を送り込み、兵士トークンを生成して対抗する。

 これに対し、山本は《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》2枚目、《コーの空漁師/Kor Skyfisher》(《ぐらつく峰/Teetering Peaks》を戻す)と並べて、《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》で一斉アタック! 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》には目もくれず、プレイヤーに殺到する。

 できる限りライフを守るブロックを行う佐藤だが、ドローを見て次の攻撃を《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》だけでは受け止められないと知り、投了を宣言した。

佐藤 1-1 山本

Game 3

 三本目、運命の一戦。先攻となった佐藤がまたもマリガンの展開。

 次の6枚を視界に入れると、苦笑いとともにその目をギュッと瞑って、もう一度マリガンを告げた。

 二枚差となる立ち上がりは佐藤の《乾燥台地/Arid Mesa》からの《ゴブリンの先達/Goblin Guide》。《コーの空漁師/Kor Skyfisher》がめくれる。山本は《沸騰する小湖/Scalding Tarn》のみで第1ターンを終える。

 二回目の攻撃、またしても《コーの空漁師/Kor Skyfisher》が公開されたところで山本は軽く苦笑いをしながら《沸騰する小湖/Scalding Tarn》を起動。しかし火力はプレイされない。

 五枚スタートでリソースに分がない佐藤は一気に決めてしまうしかない、悲壮感さえ漂わせる突撃。

 三たびの能力解決で《地震/Earthquake》が見える。山本は《稲妻/Lightning Bolt》でダメージを拒否し、佐藤の追加《板金鎧の土百足/Plated Geopede》には《地震/Earthquake》をX=1で即使用して対処。

 一旦《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》キッカーを通すが、山本は《コーの空漁師/Kor Skyfisher》を対抗戦力として配備。佐藤は《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》の攻撃と《噴出の稲妻/Burst Lightning》をあわせて除去するしかない。山本は落ち着いて《コーの空漁師/Kor Skyfisher》2枚目、《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》と追加した。

 百足とフェッチランドという、このトーナメントで何度も輝いたコンビをスタンバイさせる佐藤だが、山本は《平地/Plains》プレイと《乾燥台地/Arid Mesa》起動でこれを乗り越えていく。

 十全となった山本の陣営に、さらに降り立つ《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》。ギャラリーからほう、という息が漏れる。山本は《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》を手札に加えた。

 一枚、《山/Mountain》をプレイするのみでターン終了を宣言する佐藤は、少し細い声。

 零封を目指す山本は《地獄の雷/Hell's Thunder》をプレイし、《コーの空漁師/Kor Skyfisher》とともに攻撃する。

 負けるわけにもいかない佐藤も、ようやくプレイできた自らの《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》を戦場に送る。《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》というお決まりのセットを持って来て、隙あらば逆転する構えを見せた。

 しかし山本はその隙を与えないよう、丁寧に最後の計算を進めていく。

 最後の守りを打ち崩す《流刑への道/Path to Exile》を見て、佐藤は少し表情を緩め、そして頭を下げた。

佐藤 1-2 山本

山本 明聖、決勝進出!

前の記事: 準々決勝:三原 槙仁(千葉) vs. 植田 勝也(愛知) | 次の記事: 準決勝:植田 勝也(愛知) vs. 小松 智史(千葉)
イベントカバレージ/Finals09 一覧に戻る

イベントカバレージ