マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝:三原 槙仁(千葉) vs. 植田 勝也(愛知)

準々決勝:三原 槙仁(千葉) vs. 植田 勝也(愛知)

by Yohei Tomizawa

 熾烈な予選トーナメントを勝ち上がってきた8名のプレイヤー、その中からここでは三原と植田のジャンドデック同士の対決をお届けしよう。

jpg

 共に強者と知られる二人。植田は春先に行われたGP神戸でのトップ8入賞は記憶に新しいと思うが、Limitsにても入賞経験があり、限定・構築問わず安定した成績で知られるプレイヤーである。

 対するは世界王者三原。だが今年はGP、PTにて成績が振るわず、あわやグレイビートレイン(無条件でプロツアー参加資格が得れる)落ちかと思われたが、そこは剛腕。しっかりと世界選手権にてプロポイントを稼ぎ、来期のグレイビートレインを確定させた。

 安定と爆発、正反対の印象を持つ二人が選んだのは最強デックジャンド。ミラーマッチのポイントは、二人の強さはどこにあるかを探ってみたい。

Game 1

jpg

三原の手札:4土地、《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》《瀝青破/Bituminous Blast》《若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon》

 先手の三原が《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》をキャストし、続唱された《稲妻/Lightning Bolt》と共に6点ダメージを与えるゲームの幕開け。

 植田の行動は、なんとディスカード。後手であり、《不屈の自然/Rampant Growth》2枚があるため、土地が《山/Mountain》1枚の手札をキープし、そのまま緑マナに出会えなかったためだ。

 三原の場に追加のクリーチャーとして《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》がもたらされたころ、植田も待望の緑マナにめぐり合い、すぐさま《不屈の自然/Rampant Growth》でマナベースを拡張する。

 シャッフルのために伸びた手はそのままサイドボードへ移る。

 三原の見せたカードは《若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon》。

三原 1-0 植田

Side

 三原は《精神腐敗/Mind Rot》を、植田はミラーマッチで効果的な《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》をそれぞれイン。

Game 2

三原の手札:4土地、2《不屈の自然/Rampant Growth》、《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》

 後手2ターン目に三原は《不屈の自然/Rampant Growth》をキャストし、先手と後手を入れ替える。

 そのまま《荒廃稲妻/Blightning》を持つが、キャストしたのは2枚目の《不屈の自然/Rampant Growth》。カードの持つ潜在効果を最大限に生かすため、ぐっとこらえる。

 植田が3枚で土地が止まっているのに対し、三原は6枚と、ちょうど倍あるマナを生かして《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》や《若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon》といったフィニッシャーを引き込みたい所だが、そううまくはいかない。

 遂に4枚目の土地を引き、植田はキッカー込で《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》をキャストし、マナベースを攻めながら《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》と共に一気に5点のダメージを与え、三原のライフを14とする。

 三原は待望の《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》にて防御網を構築するが、本体に《終止/Terminate》が打ち込まれる。

 ここで植田は《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》をトップデック。続唱したのは《終止/Terminate》だが、3点のダメージを与えられたことで三原のライフは危険水準の8となる。

 それでも三原はゴブリントークンによりチャンプブロックという選択肢を選ばず、ゴブリントークンで攻撃し、植田のライフは16に。

 願ったりかなったりのダメージレース展開に、植田は《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》の2枚目から2体のクリーチャーで攻撃するが、ここで三原は《瀝青破/Bituminous Blast》をキャストし、続唱の効果でライブラリーを捲りだす。

jpg

 続唱したのは《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》、《荒廃稲妻/Blightning》であり、植田が捨てたカードも《瀝青破/Bituminous Blast》と100点満点。流石に笑みがこぼれる。
 自分のターンで《荒廃稲妻/Blightning》を遂にキャストし、植田の手札を空にし、ライフも6まで減らす。

 ただ一つ三原にとって誤算だったのは自分の引き。植田が《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》にて場を再構築しだすが、一向に動かない。いや、動けない。

 手札は、全て土地なのだった。

三原 1-1 植田

Game 3

jpg

三原の手札:3土地、《荒廃稲妻/Blightning》《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》、2《若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon》

 先手は再び三原へ。三原がキャストした《荒廃稲妻/Blightning》が奪い去ったのはなんと《荒廃稲妻/Blightning》と《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》。

 これには本人も驚愕せざるを得ない。

三原 「え、手札どんだけ強いの?」

 その強い手札はすぐさま明らかになる。《不屈の自然/Rampant Growth》にてジャンプアップを果たしていた植田は、《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》で唯一の赤マナ発生源である《野蛮な地/Savage Lands》を破壊する。

 ターンを返すしかない三原に、植田は2枚目の《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》、さらに《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》と速攻持ちのクリーチャーで攻め立てる。

 4マナまで辿りつき、《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》の続唱能力で除去呪文をキャストし、残り2のライフを守ろうとするが、植田は当然のように《瀝青破/Bituminous Blast》をキャストし、試合終了。

三原 1-2 植田

 試合後植田に勝因を聞くと

植田 「運ですよ、ジャンドは」

 っと返って来た。2本目の三原のマナフラッド、3本目の《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》でのマナスクリューのことだろう。

 「運」という要素はマジックを考える上で切っても切り離せないが、戦略があってこそというのも忘れないでもらいたい。1枚1枚のカードには、明確な意味があるのだ。サイド後は特に《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》があるため、先手後手での差が大きい。だが三原はその《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》を選択していないのだ。その点を聞くと

三原 「《荒廃稲妻/Blightning》などのハンデスと、《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》のランデスって、噛み合ってないでしょ。《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》は引くタイミングで強さにムラがあるから嫌いなんだよね。」

 そう教えてくれた。どのデックにも入っているから、有名なプレイヤーが使っているからと、情報が氾濫している現代では盲目的にカードを選びがちだ。だからこそ考えてもらいたい。選んだカードが、自分の戦略に、デックにあっているかということを。

 植田は準々決勝を勝利した。彼は優勝することできっと証明してくれる、自身のデックと戦略が正しいということを。

前の記事: 準々決勝:藤田 修(東京) vs. 山本 聖明(和歌山) | 次の記事: 準決勝:佐藤 正規(長野) vs. 山本 明聖(和歌山)
イベントカバレージ/Finals09 一覧に戻る

イベントカバレージ