マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝:藤田 修(東京) vs. 山本 聖明(和歌山)

準々決勝:藤田 修(東京) vs. 山本 聖明(和歌山)

by Naoki Kubouchi

 世代を違えた関西を代表するプレイヤー同士の戦いです。

 まずは、若きプレインズウォーカー・山本 明聖(和歌山)。

 今年最初のプロツアー・京都で見事ベスト4入りを果たし一気にブレイク。

 ルーキー・オブ・ジ・イヤー・レースをわずか1ポイント差で逃したものの、今年最後の締めくくりとなるThe Finalsで改めてその実力を証明することになりました。

 そして、この若きプレインズウォーカーに立ちはだかるのは藤田 修(東京)。

 1999年のアジア・パシフィック選手権で準優勝したのをはじめ、数々のプロツアーやグランプリでの実績多数。

 2007年のThe Finalsでの優勝も記憶に新しく、「関西にこの人あり」と言わしめる古豪中の古豪。

 現在は仕事の関係で京都から東京へと移り住み、マジックに触れる時間も減ってはいるものの、関東のプロプレイヤーなどの強豪が集まる斎藤 友晴の通称「はるる邸」で質の高い環境で調整をしているそうです。

jpg

 山本のデッキは白赤上陸ビート、藤田のデッキは緑白黒《エルドラージの碑/Eldrazi Monument》。

 この勝負を制するのは、一体どちらでしょうか?

Game 1

jpg

 先手を獲得した藤田は少考の後にマリガンを選択し、山本はキープを宣言。

 マリガン後の藤田の手札は《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》《エメリアの天使/Emeria Angel》《流刑への道/Path to Exile》と土地が3枚で、これをキープ。上々の手札と言えます。

 藤田は1ターン目《灰色革の隠れ家/Graypelt Refuge》で1ライフ回復からスタートし、続くターンに《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》を戦場へ。

 対する山本は、ターンエンドに《稲妻/Lightning Bolt》をキャストで《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》の爆発力をキッチリ封じ、後攻2ターン目に《板金鎧の土百足/Plated Geopede》を送り出します。

 藤田3ターン目はドローゴー。

 返す山本の3ターン目には《平地/Plains》プレイで《板金鎧の土百足/Plated Geopede》が上陸>《ゴブリンの先達/Goblin Guide》キャスト>《板金鎧の土百足/Plated Geopede》をお供に藤田へ5点アタック。

 《ゴブリンの先達/Goblin Guide》のデメリット能力で公開された《硬鎧の群れ/Scute Mob》を確認後、藤田は《流刑への道/Path to Exile》で《板金鎧の土百足/Plated Geopede》を追放し、ダメージを5点から2点に減らします。

 ここまでやって来たプレイヤー同士、そう簡単には主導権を渡しません。

 先攻4ターン目、藤田の場に4枚目の土地と先程公開された《硬鎧の群れ/Scute Mob》のみが展開されたのを受けて山本は少考。彼の手札には、この状況で選択肢となり得るカードが眠っているようです。

 山本の4ターン目、《ゴブリンの先達/Goblin Guide》のみでアタックし、藤田のライフを18から16へ。

 そして、第2メインフェイズに《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》キャストで、山札から《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》と《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》を選び出す、上陸デッキの黄金パターン。

 藤田の5ターン目、山本に負けじと取っておいた《エメリアの天使/Emeria Angel》キャスト>5枚目の土地となる《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》プレイ&能力使用で鳥トークン2体を追加>更に《貴族の教主/Noble Hierarch》を手札からキャストし、大きな動きを見せます。

 能力発動条件が満たされた《硬鎧の群れ/Scute Mob》、飛行クリーチャーの《エメリアの天使/Emeria Angel》と鳥トークン2体と、こちらも黄金パターンを山本に突き付けます。

 続く山本のターン、山札から補充した戦力《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》&キッカー込みの《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》を展開し、3体のクリーチャーでフルアタック。

 《ゴブリンの先達/Goblin Guide》の能力で山札の上にある土地が公開され、藤田は《貴族の教主/Noble Hierarch》でのチャンプブロックを検討します。

 そして、次のアップキープを控える《硬鎧の群れ/Scute Mob》以外で、それぞれのクリーチャーをブロック。

 山本は《流刑への道/Path to Exile》を《エメリアの天使/Emeria Angel》にキャストし《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》が生還し、パワー3の《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》で藤田のライフは15から12へ。

 この戦闘によって、藤田の戦場には《硬鎧の群れ/Scute Mob》1体で、山本の戦場には《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》《ゴブリンの先達/Goblin Guide》《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》という状況になります。

 7ターン目、藤田は3枚の手札を確認し、この後のプランをじっくりとイメージします。

 そして、《森/Forest》をプレイするのみでターンエンド。

 何かを感じさせる間でしたが、果たして・・・・・・。

 ターンが渡り、動きのない藤田に対して山本は3枚目となる《流刑への道/Path to Exile》をキャストし、最後の防衛線《硬鎧の群れ/Scute Mob》を排除。

 上陸している《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》《ゴブリンの先達/Goblin Guide》《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》で7点のダメージを与え、藤田のライフは危険信号が灯る残り5。

 さらに、第2メインフェイズでダメ押しとなる《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》が姿を現したところで、藤田が投了を宣言。

藤田 0-1 山本

 山本の4ターン目時点での手札には、2枚の《流刑への道/Path to Exile》と2枚目の《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》の計3枚が握られていました。

 このまま山本の勢いが勝るのか?

 はたまた、熟達のプレインズウォーカー・藤田がかわしきるのか?

Game 2

jpg

 先手は再び藤田で初手7枚をキープ。

 Game 1とは逆に山本は「少し考えます」と、初手の可能性についてイメージを巡らせます。

 そして、この7枚のカードで勝つビジョンを見出した山本はキープを宣言し、第2ゲームがスタート。

 藤田は《極楽鳥/Birds of Paradise》、山本は《乾燥台地/Arid Mesa》から《平地/Plains》を選び出し《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》を戦場へ出します。

 先攻2ターン目、《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》から《沼/Swamp》を調達し《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》を《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》を対象にキャスト。

 山本の2ターン目、おかわりの《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》がキャストされます。

藤田 「はは、まぁ、ええわ」

 しかし、山本は土地をプレイすることなくターンエンドし、さらに山本は3ターン目のドローでも土地を引くことができません。

 藤田はそんな山本を尻目に《極楽鳥/Birds of Paradise》と《貴族の教主/Noble Hierarch》のマナ加速から《悪斬の天使/Baneslayer Angel》を最速となる3ターンで戦場へと降臨させます。

 この流れはもしや......と思ったのも束の間、山本は即座に《流刑への道/Path to Exile》で天使を追放。

 さらに、続く4ターン目に登場した《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》も《流刑への道/Path to Exile》の2枚目で対処し粘りを見せる山本だが、5枚目のドローでも未だ引き当てることができません。

山本 「どんだけ、引かへんねやろ」

 その言葉にようやくデッキが呼応し、6ターン目に待望の土地《沸騰する小湖/Scalding Tarn》をドロー!!

 《山/Mountain》をサーチしてきた山本は、手札から《板金鎧の土百足/Plated Geopede》を放ち、戦場で攻撃命令を待っていた《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》が上陸を開始し藤田へ4点アタック。

 先攻7ターン目、藤田は新たに《野生の狩りの達人/Master of the Wild Hunt》をキャストするも、《稲妻/Lightning Bolt》で《野生の狩りの達人/Master of the Wild Hunt》が対処され、6ターン目に続きドローしたのが3枚目の土地となる《山/Mountain》。

 ようやくエンジンのかかった山本とは対照的に、全く攻め手を確保することのできない藤田は徐々に追い込まれていきます。

 《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》&《板金鎧の土百足/Plated Geopede》上陸能力込みで5点のダメージを受けた藤田のライフを15から10へと減らし、《板金鎧の土百足/Plated Geopede》2号機を追加。

 藤田の戦場には《極楽鳥/Birds of Paradise》と《貴族の教主/Noble Hierarch》、《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》が追加されたのみで一気に厳しい状況になってしまった藤田は、手札2枚の状態から祈るようにドローするも、何もキャストすることができずターンエンドを宣言。

 対照的に山本は序盤の鬱憤を晴らすかのごとく、立て続けに土地を引き当てることに成功し、最後は《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》によって強化されたクリーチャー軍団が藤田に押し寄せるのでした。

山本 2-0 藤田

前の記事: The Finals 2009 トップ8プロフィール | 次の記事: 準々決勝:三原 槙仁(千葉) vs. 植田 勝也(愛知)
イベントカバレージ/Finals09 一覧に戻る

イベントカバレージ