マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準決勝:植田 勝也(愛知) vs. 小松 智史(千葉)

準決勝:植田 勝也(愛知) vs. 小松 智史(千葉)

by Naoki Kubouchi

jpg

 互いにジャンド同系対決を制して勝ち上がってきた植田 勝也(愛知)と小松 智史(千葉)。

 今回のThe Finals2009では前評判通りのジャンドが一番人気で、前日の板橋会場では全体の3割、代々木会場では全体の4割を超えるプレイヤーがジャンドを選択していました。

 彼らはそんなジャンドの海を掻き分けて来た最後の生き残り。

 果たして、どちらのジャンド使いが決勝のテーブルへと駒を進めるのでしょうか?

Game 1
jpg

 先手は小松。土地が5枚と多目のハンドを眺め少考。

 キープを宣言し、植田も落ち着いた雰囲気でキープを宣言します。

 お互いに2枚の特殊地形を並べあう、ジャンドらしい立ち上がりで、動きがあったのは先攻3ターン目。

 2ターン目のドローで《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》を引き当てていた小松は、これを戦場へと送り出します。

 植田はこの《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》に《稲妻/Lightning Bolt》を浴びせ掛け、返す植田の3ターン目で苗木トークンを《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》で一掃。

 まずは1枚差のカードアドバンテージを得た小松は、更に4枚の土地からマナを生み出し《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》をキャストします。

 運命を左右する続唱能力では2体目の《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》がキャストされ、まずは《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》の攻撃による3点ダメージ。

 植田の4ターン目、小松と同じく《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》をキャストし山札の上から公開されたのは《稲妻/Lightning Bolt》だったため小松の《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》を除去。

 小松の《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》による攻撃を、植田は《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》でブロックし、相打ちを希望。これで再び3体の1/1苗木トークンが生まれます。

 そして、初手の土地5枚を並べ終えた小松の5ターン目は、何もアクションせずターンエンド。

 ここでのターンエンドは次ターンでの《若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon》キャストの可能性を大きく示唆しており、事実6枚目の土地がプレイされ《若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon》とお供のドラゴントークンが降臨。

 植田はこれを《終止/Terminate》で1体除去するものの、土地が4枚で詰まってしまったこともあり、追加された《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》に対する解答も用意することができず投了となりました。

植田 0-1 小松

Game 2
jpg

 先手植田は初手をキープ。

 対する小松はマリガンを宣言し、6枚のハンドをキープします。

 Game1と同じく、1ターン目と2ターン目はお互いに土地を並べ、ファーストアクションとなったのは植田の3ターン目の《荒廃稲妻/Blightning》。

 3点のダメージを受けた小松は、手札から《瀝青破/Bituminous Blast》2枚を墓地へ送ります。

 返す小松のターンでは、同じように《精神腐敗/Mind Rot》をキャスト。植田は《稲妻/Lightning Bolt》2枚をディスカードします。

 そして、運命の先攻4ターン目。

 植田の手札より、星を1つ戻すためにはとても重要な意味を持つことになるであろう《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》がキャストされ、続唱能力で山札の上からめくられたのは・・・・・・、《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》。

 速攻能力を持つこの2体での攻撃で、小松のライフは15へ。

 その後、小松は植田の手札の枚数を確認し、2枚目となる《精神腐敗/Mind Rot》を唱え手札を徹底的に攻めていきます。(ここでの植田のディスカードは土地カードと《若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon》)

 ブロッカー不在のままの小松に対し、《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》&《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》がアタックし再び5点のダメージで残りライフは10。

 小松の後攻5ターン目。

 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》をプレイし、1点のライフを失って能力を起動。

 植田の戦場にいる《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》を対象に《瀝青破/Bituminous Blast》を唱えます。

 続唱能力でめくれたのは......《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》!!

 これにより、追加の続唱能力でめくれた《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》と共に、植田に2体でアタック。

 《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》と《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》が相打ちとなり、《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》の2点で植田のライフは18。

 お互いに手札破壊呪文を打ち合い、手札が無い状態で山札のトップ勝負となる、ジャンド対決を象徴する展開を見せます。

 そして、先に抜け出したのは《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》を引き当てた小松。

 2連続で土地をドローすることになった植田に対し、《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》と《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》&ゴブリントークン3体の攻撃で植田のライフは15から8へと黄色信号が灯ります。

 さらに、このターンドローしてきた《荒廃稲妻/Blightning》で追加の3点ダメージで植田の残りライフ5。

 植田はこの状況を打開できるカードを求め、The Finalsで幾度となく導き出してきたであろうドローに願いをかけるも、そこから答えが見つかることはなかったのでした。

植田 0-2 小松

 ジャンドの女神が微笑んだのは小松 智史!!

前の記事: 準決勝:佐藤 正規(長野) vs. 山本 明聖(和歌山) | 次の記事: 決勝:山本 明聖(和歌山) vs. 小松 智史(千葉)
イベントカバレージ/Finals09 一覧に戻る

イベントカバレージ