マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準決勝:坪山 修太(愛知) vs. 後藤 祐征(愛知)

準決勝:坪山 修太(愛知) vs. 後藤 祐征(愛知)

By Daisuke Kawasaki

 The Finals・The Limitsでともにトップ8入賞経験を持つ、後藤 祐征(愛知)。愛知勢はなぜか冬が近づくと強いというジンクスがあるのか、今年もトップ8に入賞し、そして同じく愛知勢の坪山 修太(愛知)とマッチアップされた。

後藤 「The FinalsとThe Limitsの一没を乗り越えたんだし、ちゃんとフィーチャーで勝ちたい」

Game 1
tubo.jpg

 先手の坪山が2ターン続けて《定業/Preordain》をうち、手札を充実させるが、その隙に赤緑ヴァラクートにとって「出したら勝ち」とまで言われる《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》を通すことに後藤は成功する。

 坪山は《地盤の際/Tectonic Edge》をセットしてターンを終了。後藤は《地盤の際/Tectonic Edge》とさらに残る2マナをみて小考するが、まずは《探検/Explore》をプレイ。この《探検/Explore》はカウンターされず、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》をセットする。この《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》はターン終了時に破壊される。

 だが、この流れで《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》に2個のカウンターを載っけることに成功した後藤。続くセットランドでクエスト条件を満たし、坪山と一気にマナ差をつけることに成功した。坪山のマナが4枚なのに対して、後藤は7マナ。

 この7マナで《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》をプレイ。これは《取り消し/Cancel》され、とりあえず《召喚の罠/Summoning Trap》を打つフリをしたりしなかったりして、続くターンに2枚目の《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》。これもふたたび《マナ漏出/Mana Leak》。

 今度は坪山が動くた番だ。《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》をプレイすると、忠誠度カウンターを+2で5にするとターンを終了。そして、後藤の虎の子の《原始のタイタン/Primeval Titan》を《剥奪/Deprive》する。

 もちろん、《召喚の罠/Summoning Trap》は持っていない後藤。

後藤 「まってろ、今、罠ひくからな!」

 と《探検/Explore》をプレイ。そして、坪山はガッツポーズ。端的には《召喚の罠/Summoning Trap》は無い。

 こうなると《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》無双。さらに忠誠度カウンターを載せ続ける坪山、このまま坪山の勝利!のはずだったのだが後藤は手札にまだ《原始のタイタン/Primeval Titan》を持っていた。

坪山 「相手の方が上手だった!」

 この《原始のタイタン/Primeval Titan》はカウンターされずに、2枚の《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》がプレイされ、そして、《山/Mountain》がセット。これが《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》のカウンターを減らしていく。

 坪山、なんとか《審判の日/Day of Judgment》で《原始のタイタン/Primeval Titan》を流し去る。

後藤 「これで終わると思うなよ」

 終わった。後続の無い、後藤。後続と後藤は字の見た目が似ているななどと思っているうちに《天界の列柱/Celestial Colonnade》が後藤のライフを削り初め、そして、大本命の《エルズペス・ティレル/Elspeth Tirel》が降臨する。

 《エルズペス・ティレル/Elspeth Tirel》は3体のトークンを生み出す。

 さらに3体産みだし、《天界の列柱/Celestial Colonnade》とのクロックが後藤の残り時間を厳しく制限する。

 だが、ここでの後藤のトップデックは《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》。生み出されるトークンは14体で、《森/Forest》がセットされたことで、それぞれが1/2となる。

 後藤のライフは9、一方の坪山のライフは5。ここで坪山は《天界の列柱/Celestial Colonnade》でアタックし、ダメージを与えた後に《糾弾/Condemn》を打ってライフを入れ替えたあと、《未達への旅/Journey to Nowhere》を《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》に、プレイ。

 後藤はすべてのトークンをアタックさせて、マストブロックを強要し、坪山のライフを1とする。続くターンに坪山がなにも引かなければ後藤の勝利であり、そして後藤の勝利だった。

後藤 1-0 坪山

 この時点でもうひとつの準決勝である、仙波と相澤の対戦は終了しており、このマッチの勝者が対戦するのは仙波であることが確定した。さすが、白単アーマーを使用しているだけあって、回ったときのゲームスピードはすごい。

 現在戦っている青白も赤緑ヴァラクートも白単アーマーにとって倒すべき相手として想定されているだけに、勝者は続く対戦でも苦しい戦いを強いられるだろう。

Game 2
goto.jpg

 後手の後藤だったが、1ターン目に《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》をプレイし、2ターン目にレベルアップ、そのレベルアップした《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》のマナで《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》をプレイというマナの量だけでいえばブン周りと言っていい動き。後手と後藤はそんなに字の見た目は似ていない。

 ここまでマナ差がついてしまうと青白は圧倒的に厳しい戦いを強いられてしまうだけに、《審判の日/Day of Judgment》などで流してしまいたい所だが、坪山がプレイしたのは《光輝王の昇天/Luminarch Ascension》。返しの《槌のコス/Koth of the Hammer》は《瞬間凍結/Flashfreeze》でカウンターしたものの、続くターンの《耕作/Cultivate》はカウンターできない。

 後藤は使わなかったマナはすべて《光輝王の昇天/Luminarch Ascension》にカウンターを載せないために、アタックさせ続け、微々たるものながら、ライフを削っていく。《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》は通常は緑単エルドラージなどに入っている事が多いが、青系のサイド後はマナ差を開けるだけ開いてくれる非常に有効なパーツとなる。

 後藤は「6マナ」残した状態で《槌のコス/Koth of the Hammer》をプレイ。坪山の手札の2枚の《マナ漏出/Mana Leak》は完全に腐り、《槌のコス/Koth of the Hammer》は通ってしまう。この《槌のコス/Koth of the Hammer》がアタック。そう、《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》は殴れるのもいいところ、《草茂る胸壁/Overgrown Battlement》と似てるようでにていない。《槌のコス/Koth of the Hammer》を放置するわけにはいかない坪山は、《天界の列柱/Celestial Colonnade》をクリーチャー化して、《槌のコス/Koth of the Hammer》を破壊。

 だが、ここでマナを使い切ってしまった坪山。後藤は《原始のタイタン/Primeval Titan》をプレイし、そして、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》を2枚サーチ。

 3つカウンターの載った《カルニの心臓の探検/Khalni Heart Expedition》が坪山の12点のライフを削りきった。

後藤 2-0 坪山

 試合終了後、後藤は坪山とのマッチでもう終わりでいいじゃん、決勝戦やるの面倒くさい、というようなことを語った。

後藤 「まぁ、楽しく最後に戦えたんだからいいじゃないですか」

 開始前の後藤と、終了後の後藤の言うことは、同じ後藤でもあまり似ていない。

後藤 「今回は色々壁を破ってるから、最後はどうかな......」

 というわけでもないようだ。

前の記事: 準々決勝: 坪山 修太(愛知) vs. 河合 宏樹(神奈川) | 次の記事: 決勝: 仙波 恒太郎(東京) vs. 後藤 祐征(愛知)
イベントカバレージ/Finals10 一覧に戻る

イベントカバレージ