マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 7: 坪山 修太(愛知) vs. 松本 高史(富山)

Round 7: 坪山 修太(愛知) vs. 松本 高史(富山)

By Yukio Kozakai

 ここまでで全勝者は3名。そのうちの1人が坪山 修太(愛知)である。対戦相手である松本 高史(富山)は1分けの為、ここは勝負(ガチンコ)が絶対条件となる。

r7_001.jpg

 松本は、スタンダードで行われた今年のGP仙台で2日目に進出した実績を持つ、構築戦の実力者だ。ここでも力を発揮して、プレイオフを十分に狙える位置で戦っている。

 一方の坪山は、もともと千葉コミュニティのプレイヤーだったが、近年仕事の関係で活動拠点を愛知に移した。そこでも腕を磨き続け、今回の成績につながっている。

 そして、坪山のエクステンデッドのデッキに注目だ。ここまで共に全勝を飾っている後藤 祐征(愛知)のチューンしたデッキを持ち込んでいると言うが、後藤は昨年のFinalsでもTOP8進出を果たしており、また今年のGP横浜では最後までTOP8進出を争った構築の雄。その構築力は本物だ。

 現在の愛知を牽引するコミュニティが生み出した傑作をご覧あれ。

Game 1

 坪山が《貴族の教主/Noble Hierarch》から立ち上がり、《獣相のシャーマン/Fauna Shaman》をトーストの松本が《流刑への道/Path to Exile》する立ち上がり。

 すると坪山は2ターン連続して《復讐蔦/Vengevine》をプレイし、松本は《謎めいた命令/Cryptic Command》で1体のバウンスとカウンターを選択。しかし、坪山はこのターン2体目となるクリーチゃー《獣相のシャーマン/Fauna Shaman》をプレイして即座にカウンターされた《復讐蔦/Vengevine》が復活。殴るのをやめない。

 松本がブロッカーとして《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》をプレイするが、坪山はシャーマンからバウンスされた《復讐蔦/Vengevine》をコストに《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》を仕込む。即プレイから《巣の侵略者/Nest Invader》が呼び出され、《復讐蔦/Vengevine》も帰還。

松本 「きつい......」

坪山 「そう言って頂かないと、ブン回りしたかいが無いですからねぇ」

 確かにブン回っている。しかし、松本もここまで勝ち上がってきた猛者である。《熟考漂い/Mulldrifter》想起から2枚の《流刑への道/Path to Exile》を引き当て、ひとまず戦闘を終わらせて《火山の流弾/Volcanic Fallout》で場を一掃。ライフは2となったが、《流刑への道/Path to Exile》を温存しての盤面キープの意味は大きい。

 坪山に残されたクリーチャーは《復讐蔦/Vengevine》1枚だけとなり、坪山は2枚目の《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》で《皮背のベイロス/Leatherback Baloth》をプレイして墓地から2枚の《復讐蔦/Vengevine》が復活。

 《ルーンの光輪/Runed Halo》で《復讐蔦/Vengevine》へのプロテクションを得ていた松本は、他の脅威は引き当てた《審判の日/Day of Judgment》で流し、《怒り狂う山峡/Raging Ravine》へ虎の子の《流刑への道/Path to Exile》をお見舞いする。

 だが、坪山の展開は続いた。

 すぐに《皮背のベイロス/Leatherback Baloth》《巣の侵略者/Nest Invader》と追加すると《苔汁の橋/Mosswort Bridge》も用意。秘匿条件達成用に、存在価値は薄いものの《復讐蔦/Vengevine》も待機し、支えきれない数の戦力がついに松本を飲み込んだ。

 結局、坪山はタップされたりしたものの、第3ターンからずっと殴り続けていた。

坪山 1-0 松本

Game 2
r7_002.jpg

 紙上にペンを走らせる松本。初手にはフィルタランドしかなく、先手からどれだけの確率で色マナの出る土地を引き込めるかの計算を、綿密に行っている。結果、キープを宣言し、第2ターンにしっかりと土地を引き込んだ。

 松本が内なる戦いに勝利した頃、坪山は《貴族の教主/Noble Hierarch》から2ターン目は《怒り狂う山峡/Raging Ravine》を追加するのみと、ゆっくりとした立ち上がり。その後《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》がプレイされるが、土地が止まってしまう。

 そのスキに、松本は《熟考漂い/Mulldrifter》を想起。土地を引き当てた坪山がプレイした《復讐蔦/Vengevine》には《流刑への道/Path to Exile》を打ち込み、坪山の動きが止まる。

「何も持って無い」

 1本目に「坪山のデッキ内容はほぼクリーチャーだ」と《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》の続唱で確認している松本はそう判断し、タップアウトして《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》をプレイする。

 しかし、隠れていた《獣相のシャーマン/Fauna Shaman》お取り寄せ用クリーチャーである《茨角/Briarhorn》がターン終了ステップに現れ、返しのターンには《圧倒する暴走/Overwhelming Stampede》をキャスト。

 突然目の前に6/6と6/5のトランプルクリーチャーが現れ(《貴族の教主/Noble Hierarch》はマナ生成の為にタップ状態)、生き残る為に不利なブロックを強いられることになった。

 何とかライフ1を残し、《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》で《茨角/Briarhorn》を倒して《残酷な根本原理/Cruel Ultimatum》に望みをかけるが、それにはあまりにも《怒り狂う山峡/Raging Ravine》と、蘇った《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》が強すぎた。

 坪山は、これでプレイオフ進出をほぼ手中に収めた。全勝で駆け抜けたエクステンデッドデッキの正体は、ほぼスタンダードのカードで構築されたステロイドだったのだ。

坪山 2-0 松本

前の記事: Round 6: 仙波 恒太郎(千葉) vs. 中園 弘哉(福岡) | 次の記事: Round 8: 原野 誉太(東京) vs. 山口 聡史(愛知)
イベントカバレージ/Finals10 一覧に戻る

イベントカバレージ