マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝: 坪山 修太(愛知) vs. 河合 宏樹(神奈川)

準々決勝: 坪山 修太(愛知) vs. 河合 宏樹(神奈川)

by Shiro Wakayama

 世界選手権の興奮冷めやらぬ中、日本国内構築最強決定戦が始まる。

 青白コントロールを操る坪山は愛知県からの、遠征組。対する河合は関東周辺で草の根の大会にも頻繁に参加しているプレイヤーだ。

 Game1は、序盤の《ゴブリンの先達/Goblin Guide》から、じわじわと坪山のライフを削るものの、後続を展開出来ない河合。

 火力呪文をタイミングよく打ち込む事で、相手のライフを6まで落とし込むが、《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》、《エルズペス・ティレル/Elspeth Tirel》と展開され、ハンドの枚数には大きな差が開き、ライフも安全圏まで引き上げられてしまい、河合は合えなくここで投了。

坪山1-0河合

Game2

 先手は河合。一矢報いたい河合だが、ハンドは山、フェッチランド×3、《ゴブリンの先達/Goblin Guide》、《槌のコス/Koth of the Hammer》、《稲妻/Lightning Bolt》という、中々のハンドをキープ。坪山も小考した後にキープを宣言する。

 《ゴブリンの先達/Goblin Guide》が、坪山のライフを削っていくが、坪山へ安定した土地供給を行ってしまう。

 後続の《板金鎧の土百足/Plated Geopede》とあわせて、《糾弾/Condemn》でライブラリのボトムへと送られてしまう。

 その後も散発的に後続を展開していく99だが、如何せん引きがぬるく、後続を展開できず坪山の望むゲーム展開へとどんどんなってしまう。

 火力を使って、プレインズウォーカーに対処し、何とか絶望的な状況にはならないよう、必死に天秤の傾きを止めようとする999だが、《ジュワー島のスフィンクス/Sphinx of Jwar Isle》、《悪斬の天使/Baneslayer Angel》と連続で展開されてしまい、ダメージレースがひっくり返ってしまったところで、無念の投了。

坪山2-0河合

前の記事: 準々決勝: 八朔 人平(京都) vs. 仙波 恒太郎(千葉) | 次の記事: 準決勝:坪山 修太(愛知) vs. 後藤 祐征(愛知)
イベントカバレージ/Finals10 一覧に戻る

イベントカバレージ