マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 4:池田 剛(福岡) vs. 大澤 拓也(神奈川)

Round 4:池田 剛(福岡) vs. 大澤 拓也(神奈川)

By Daisuke Kawasaki

 3戦のBye期間が明け、いよいよスター選手が勢揃いすることになったRound 4。このラウンドではBye空けプレイヤー同士の対戦をお届けしよう。

 まずは「ファイアボール総帥」池田 剛(福岡)。後ほど、シールドデック構築記事を掲載する予定だが、なんと池田のデッキは驚きの赤単デック。

池田 「いや、正直構築間違えました...」

 Bye期間中の調整によって、やはり黒を入れた方が対応力が高かったとの事だ。

池田 「戦士だけのパーティーと、魔法使いのいるパーティー、どっちがいいか、って話ですよね」

jpg

 対するは「プロツアープラハ王者」大澤 拓也(神奈川)。

 2年連続でリミテッドプロツアーでの決勝進出と、特にリミテッドでの強さに定評のある大澤ではあるが、諸事情からここ数回のプレミアイベントにはまったく参加してきていなかった。

 しかし、先日千葉で行われたGPTにて自力でBye 3を獲得しての、このRound 4。全盛期の強さを取り戻しているのか、その試金石というにはあまりにも大きすぎる相手とここでマッチアップされたこととなる。

 などと、緊張感をもってデュエルをみているのは筆者のみで、旧知の仲であるふたりは非常に和やかな空気でゲームを開始する。

Game 1
jpg
 ダイスロールで先手は池田。初手を見ながら「出たー」と即マリガンを決断する池田。小考の後に、追ってマリガンする大澤。

 ワンマリガン後の手札をお互いキープし、先手池田が2ターン目の《高地の狂戦士/Highland Berserker》でスタートすると、大澤も2ターン目に《高地の狂戦士/Highland Berserker》で返す。

 ここで池田は2体目の《高地の狂戦士/Highland Berserker》をキャストし、同盟者の能力で先制攻撃を与えて、アタック。ここで土地が止まってしまう。

 大澤は、返しに《見栄え損ない/Disfigure》で池田の2体目の《高地の狂戦士/Highland Berserker》を除去してアタック、そして《信頼おける山刀/Trusty Machete》をキャストする。

 なおも土地が引けない池田。《冒険者の装具/Adventuring Gear》を装備しても、上陸はなく、《信頼おける山刀/Trusty Machete》を装備した大澤とのダメージレースの差は広がる一方。

 大澤が《空の遺跡のドレイク/Sky Ruin Drake》をキャストし、完全に動きが止まった上に、なおも3枚目の土地を引かなかった池田は、カードを片付けた。

大澤 1-0 池田

Game 2

 先手池田は、早速1ターン目に《沼/Swamp》をセット。大澤も返して《沼/Swamp》セットから《信頼おける山刀/Trusty Machete》キャスト。

 ここでお互いに3ターンのドローゴーの後に、池田はいきなりの必殺カード《黒曜石の火心/Obsidian Fireheart》を戦場に送り込む。

池田 「ダーバニ(《忌まわしい最期/Hideous End》)ないといいんだけどね」

 これに、失笑とも苦笑ともつかない笑いで土地をセットしてターンを返す大澤。除去するカードがないままターンがかえってきてしまえば、もう、《黒曜石の火心/Obsidian Fireheart》のゲーム。

 池田は戦場に《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》を追加。順調に上陸を重ねつつ、大澤の《空の遺跡のドレイク/Sky Ruin Drake》を《黒曜石の火心/Obsidian Fireheart》ブロック後の《ムラーサの紅蓮術士/Murasa Pyromancer》で対処する。

 この《ムラーサの紅蓮術士/Murasa Pyromancer》こそ、《松明投げ/Torch Slinger》で対処した大澤だったが、この《松明投げ/Torch Slinger》が池田の《松明投げ/Torch Slinger》で対処されて、さらに《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》から7/1トークンが出てきてしまうと、大澤は苦笑い気味に「投了します」と告げることしか出来ないのだった。

大澤 「キープぬるかったな」

大澤 1-1 池田

池田 「またこっちが事故ると思ってキープしたんだろ!」

大澤 「土地あるからいいかなって」

池田 「でも、この環境、マリガンして手がよくなることほとんどないし、土地あるならキープしちゃうね」

 和気藹々と会話を続ける池田と大澤。

Game 3

jpg
 1ターン目《冒険者の装具/Adventuring Gear》、2ターン目《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》とならべるものの、3ターン目に土地がストップしてしまう池田。あわや、Game 1の再来かと思われたが、続けて順調に土地を引き、なんとか《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》をキャスト、《冒険者の装具/Adventuring Gear》を装備させる。

 一方の大澤は、3ターン目に《ウマーラの猛禽/Umara Raptor》、4ターン目に《巨大蠍/Giant Scorpion》と並べた上で、土地こそ止まってしまった者の、環境最強アンコモンとも呼ばれる《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》をキャストする。

池田 「うわ」

 攻めてよし、守ってよしのこのクリーチャーを前に、除去することの出来ない池田。仕方なく《刃牙の猪/Bladetusk Boar》をキャストし、クロックは用意する者の、《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》の絆魂を考えると、まったくダメージレースにならない。

 一方の大澤は、全軍をレッドゾーンに送り込み、さらなる軍勢として《ハグラのクロコダイル/Hagra Crocodile》を追加する。これに対する備えとして、池田はクリーチャーでの攻撃を行わず、《ニマーナの売剣/Nimana Sell-Sword》を追加するのみでターンを終了。

 地上はほぼ膠着した形だが、こうなってしまうと、飛行でのクロックを確保している大澤が確実に優位。《ウマーラの猛禽/Umara Raptor》と《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》の攻撃で池田のライフは6。一方の大澤のライフは21。

 ここで、今までお互い土地4枚で止まっていたゲームが、池田が5枚目の土地を引いたことで動き出す。なにせ、これで《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》のクエスト条件をクリアしたことになるのだ。

 残り2ターンのクロックをかけられている池田。なんとかそれまでに大澤の21点のライフを、今後の絆魂分も含めて削りきる方法は無いか模索する池田。

池田 「大澤だからなぁー」

 プロツアー王者にして、堅実なプレイで知られる大澤だけに、相手のミスを期待したりするようなプレイは通用しない。

 池田は、最終的に《冒険者の装具/Adventuring Gear》による上陸で4/3となっている《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》と、3/2威嚇の《刃牙の猪/Bladetusk Boar》で7点のダメージを大澤に与え、その上で、キッカー《湿地での被災/Marsh Casualties》で大澤の《ウマーラの猛禽/Umara Raptor》を除去し、自身の残りターンを1ターン増やす。

 返しで大澤は、《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》だけでアタックし、池田のライフを4としつつ、自身のライフを16に回復させる。夜鷲(弱し)とは名ばかりで、このクリーチャーは本当に強い。

 土地を引けなかった池田は、《ニマーナの売剣/Nimana Sell-Sword》と《刃牙の猪/Bladetusk Boar》でアタック。《ニマーナの売剣/Nimana Sell-Sword》を《巨大蠍/Giant Scorpion》でブロックし、《刃牙の猪/Bladetusk Boar》を《見栄え損ない/Disfigure》で除去することで、このターンのダメージをゼロに抑える大澤。池田は《沼のぼろ布まとい/Bog Tatters》を盤面に追加する。

 大澤は《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》でアタック。池田のライフは残り2。

 そして、大澤は念願の5枚目の土地を引き、戦場に追加されるのは《光輪狩り/Halo Hunter》。

 池田は、いまだ未使用の《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》を含めて大澤のライフを削りきる方法を模索する。

池田 「18かー!多いなー!」

 長考を重ねた上で、池田は《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》のトークンを生み出し、土地のセットで4/3となっている《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》とあわせてアタックする。

 これを両方通し、大澤のライフは7。池田は《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》へのブロッカーとして、豪勢に《ヘルカイトの突撃者/Hellkite Charger》をキャストする。

 もともと赤マナが足りない大澤。この《ヘルカイトの突撃者/Hellkite Charger》への対応策を一切持たない。くやしそうなリアクションをした後に、長考をする大澤。

池田 「《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》いなきゃ、勝ってるなぁ...半端ない、そいつ」

 次のターンに土地を引けば、《ヘルカイトの突撃者/Hellkite Charger》の能力が発動し、《沼のぼろ布まとい/Bog Tatters》のアタック2回で死んでしまう大澤だけに、ライフ2の池田にアタックして、《ヘルカイトの突撃者/Hellkite Charger》をマストブロックにまわさせたいのはやまやま。長考の末に、《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》を横にし、《ヘルカイトの突撃者/Hellkite Charger》でのブロックを強いる。これには池田も「そやね」と応じる。

 そして、《沼/Swamp》のセットのみでターンを返す大澤。

 これにて、ほぼ攻守が逆転。大澤の攻めと守りの要であった《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》がようやく墓地に行き、一方で、池田は沼渡りという無類の回避能力を持ったクリーチャーで攻められるのだ。

池田 「うわー、これどうだろ、赤マナ引かれるか引かれないかだなぁ」

 意を決した池田は、《冒険者の装具/Adventuring Gear》を《沼のぼろ布まとい/Bog Tatters》へと装備し直し、セットランドからアタックで大澤のライフを3とする。そして《黒曜石の火心/Obsidian Fireheart》をキャスト。

 大澤は、ドローをし、そして、ゆっくりとそのカードを見る。

大澤 「全部赤だー」

 大澤の、5枚の手札は、全部赤。

池田 「3色の弊害だね」

大澤 1-2 池田

池田 「すごい緊張感溢れる試合だったねぇ」

 試合前は、そして試合後は和気藹々とした雰囲気を保っていたふたりも、さすがはトップデュエリスト。いざ、デュエルがはじまれば、緊張感溢れるマッチが展開されるのだ。

前の記事: Round 3:小宮 忠義(神奈川)vs. 吉井 達郎(北海道) | 次の記事: Round 5:岡村 尋(愛知) vs. Martin Juza(チェコ)
イベントカバレージ/グランプリ北九州09 一覧に戻る

イベントカバレージ