マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 5:岡村 尋(愛知) vs. Martin Juza(チェコ)

Round 5:岡村 尋(愛知) vs. Martin Juza(チェコ)

By Yohei Tomizawa

 ここでフィーチャーするのはラストエンペラー岡本 尋(愛知)と、今期POYレース2位につけているMartin Juza(チェコ)である。

jpg

 試合前に両者のデックを見た所、岡本は赤黒のテンポデック。《忌まわしい最期/Hideous End》を始め除去も豊富で、ゴッドカード《堕ちたる者、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis, the Fallen》もある強力なものに仕上がっている。しかし除去が黒のクリーチャーを対象に取れないものが多く、《巨大蠍/Giant Scorpion》や《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》といったタフネス3のカードはキツイとのこと。相手の体制が整う前に押し切れるだろうか。

 対するJuzaのデックはこれまた除去の豊富な白黒のテンポデック。《未達への旅/Journey to Nowhere》という白を代表する除去、《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》と《コーの空漁師/Kor Skyfisher》のようなシナジーもあり、《吸血鬼の夜鷲/Vampire Nighthawk》、《迷いし者の番人/Shepherd of the Lost》といった強力無比なクリーチャーもある。ただし《噛み針の罠/Needlebite Trap》など一部弱いカードも含まれており、これらを引いた場合にキチンと機能するような場に持っていっていけるかが、勝負の分かれ目となりそうである。

Game 1

 岡本の手札:《忌まわしい最期/Hideous End》、《魂の階段の探検/Soul Stair Expedition》、《アクームの隠れ家/Akoum Refuge》、《山/Mountain》、2《沼/Swamp》

 「グッドラック」

 と互いに掛け合う気持ちのいい挨拶で、ゲームがスタート。

jpg

 Juzaは《グール・ドラズの吸血鬼/Guul Draz Vampire》でコツコツダメージを叩きだし、岡本の最初のクリーチャー《墓所の切り裂き魔/Crypt Ripper》も《見栄え損ない/Disfigure》で除去し、イニシアチブを握らせない。

 4ターン目に白マナを引き当てたJuzaは《光輝王の昇天/Luminarch Ascension》をキャストする。岡本の場にクリーチャーが存在しないため、このままいけば4ターン後には戦乙女が戦場を翔ることとなる。

 互いにクリーチャーをキャストしては除去を打ち合い、クロックの拡大を抑え込もうとする。そうなると序盤に稼いでおいたダメージが生きてくる。

 岡本も《魂の階段の探検/Soul Stair Expedition》でクリーチャーを回収し、場を再構築するが、《光輝王の昇天/Luminarch Ascension》のために、攻撃にいかざるを得ない。ダメージレースで押されている、にも拘らずだ。

 アンタップ状態の土地が《アクームの隠れ家/Akoum Refuge》1枚きりの瞬間に、《雨雲の翼/Nimbus Wings》をエンチャントし、6点のダメージを削る。これで残りは12となる。

 少しずつ追いついていたライフが、《噛み針の罠/Needlebite Trap》にて離れると、逆転の芽を摘まれた岡本は投了。

 5ターン目に2枚キャストされた《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》。その上に2個目のカウンターが乗ることはなかった。これではダブルマリガンしているのと変わらない。

 「土地引けてこいつら(《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》)のトークンが出せれば、勝てたんだけどねぇ。」

 上陸を持つカードは確かにコストパフォーマンスに優れているが、引きどころを間違えると、全く機能しなくなってしまうようだ。

Juza 1-0 岡本

Game 2

 岡本の手札:《猛火の松明/Blazing Torch》、《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》、《タクタクの唸り屋/Tuktuk Grunts》、《ぐらつく峰/Teetering Peaks》、《山/Mountain》、2《沼/Swamp》


 互いに数枚のカード入れ替え始まったGame2。

jpg

 岡本側が《グール・ドラズの吸血鬼/Guul Draz Vampire》、《ゴブリンの近道抜け/Goblin Shortcutter》、《猛火の松明/Blazing Torch》を装備と動き、Juzaは《血の求道者/Blood Seeker》、《コーの空漁師/Kor Skyfisher》、《ステップのオオヤマネコ/Steppe Lynx》と展開する。

 タフネス3の《コーの空漁師/Kor Skyfisher》が睨みを利かせていたが、岡本は《忌まわしい最期/Hideous End》で破壊し、試合を動かそうとする。

 Juzaは白マナを含む3マナをタップすると、1枚のスペルをキャストした。

 このカードが与えた影響は大きく、《ぐらつく峰/Teetering Peaks》から5点のダメージを与えたにもかかわらず、Juzaのライフは18。

 《カザンドゥの刃の達人/Kazandu Blademaster》に《雨雲の翼/Nimbus Wings》をエンチャントし、攻防一体の存在を作り上げると、見る見るうちに岡本のライフが減っていく。

 なんとか《マグマの裂け目/Magma Rift》で除去するも、追加されるクロックは《沼のぼろ布まとい/Bog Tatters》。試合前に岡本が語っていた、除去するのが厄介な黒いクリーチャーである。岡本のライフは14しかなく、《コーの空漁師/Kor Skyfisher》と合わせ、3ターンで削りきられてしまう。

 《タクタクの唸り屋/Tuktuk Grunts》で攻撃を続けようとするも、《見栄え損ない/Disfigure》からの《コーの空漁師/Kor Skyfisher》のブロックにより、退場してしまう。

 結局《沼のぼろ布まとい/Bog Tatters》を除去するカードも、追加のクロックも引けぬままJuzaが押し切る形となった。

Juza 2-0 岡本

 試合前岡本が語ってくれたように黒のクリーチャーに苦しめられ、それが《沼のぼろ布まとい/Bog Tatters》であったため、より直接的に敗因となってしまった。
 Juzaは《光輝王の昇天/Luminarch Ascension》、《噛み針の罠/Needlebite Trap》を抜き、《吸血鬼の一噛み/Vampire's Bite》、《命拾い/Narrow Escape》をサイドインしていた。実際このカードがGame2に与えた影響は大きく、的確なサイドボードであったといえるだろう。

 POY獲得に向け、全勝街道をひた走るMartin Juza。彼を止められる者はいないのだろうか?

前の記事: Round 4:池田 剛(福岡) vs. 大澤 拓也(神奈川) | 次の記事: Round 6:八十岡 翔太(東京) vs. 齋藤 友晴(東京)
イベントカバレージ/グランプリ北九州09 一覧に戻る

イベントカバレージ