マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 7:齋藤 友晴(東京) vs. 浅原 晃(神奈川)

Round 7:齋藤 友晴(東京) vs. 浅原 晃(神奈川)

By Daisuke Kawasaki

齋藤 「ちょっと、今回あたり厳しいんですけど...」

 と語るのは齋藤 友晴(東京)。

 本日ここまでの対戦相手が、PoYレース暫定2位のMartin Juza(チェコ)であったり、現実・電脳のPlayer of The Year2冠である八十岡 翔太(東京)であったりと、連戦強豪続きで、ここに来て、今度は「歴史と伝統の男」浅原 晃(神奈川)なのだから、齋藤が愚痴りたくなる気持ちもわからないではない。

jpg

 とはいえ、そんな強豪たちを相手にここまで全勝を保ってきているのはさすがに齋藤であるし、ポジティブシンキングの貴公子である齋藤が本気で愚痴っているハズがない。

 一方の浅原は、相も変わらずなにを考えているかはわからないが、Bye期間に少し話を聞いた感じでは「今日はまぁ、全勝いけるんじゃないですかね」とのコメント。考えてみれば、浅原もむやみにポジティブシンキングな所がある。

 ポジティブシンキングとポジティブシンキングがぶつかり合えば、後は命のやりとりしか残っていない。

 この対戦を制して、最終戦で全勝対決を戦うことになるのはどちらか。

Game 1
jpg

 先手の浅原が2ターン目に《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》というブン回りを予想させる展開。対する齋藤は、2ターン目に《アイオーの廃墟の探検/Ior Ruin Expedition》をキャストする。

 浅原は、3ターン目に《風乗りの長魚/Windrider Eel》を呼び出しつつ、《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》でクロックを刻む。齋藤は《石造りのピューマ/Stonework Puma》をキャストしてターンエンド。

 浅原は《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》の上陸で生み出した緑マナを使って《リバー・ボア/River Boa》をキャストし、さらに4/4飛行でアタック。そして、残っている3マナで《ウマーラの猛禽/Umara Raptor》をキャストする。この動きには齋藤も失笑。

 齋藤は2マナ残して《天空のアジサシ/Welkin Tern》をキャスト。かまわず浅原は上陸からマナを使い切っての《巨森を喰らうもの/Vastwood Gorger》をキャスト。そして、全軍レッドゾーン。

 これに対して、齋藤は小考した上で、《ウマーラの猛禽/Umara Raptor》を《天空のアジサシ/Welkin Tern》で、《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》を《石造りのピューマ/Stonework Puma》で相打ち、その上で、《乱動への突入/Into the Roil》で《巨森を喰らうもの/Vastwood Gorger》をバウンスする。

 返すターンに齋藤は、3回目の上陸で《アイオーの廃墟の探検/Ior Ruin Expedition》のクエスト条件を満たして、2枚ドロー、そして、5マナでキッカー無しでの《失われた真実のスフィンクス/Sphinx of Lost Truths》をキャストする。

 これで、とりあえずは《風乗りの長魚/Windrider Eel》を止める事には成功しているものの、《リバー・ボア/River Boa》が止まらないため、ライフが8の齋藤は残り4ターンでなんとかしなければならない。捨てる3枚を熟考する。

 《島/Island》2枚と《風乗りの長魚/Windrider Eel》をディスカードした齋藤にしたいして、浅原は、《巨森を喰らうもの/Vastwood Gorger》を再びキャスト。

 齋藤の《リバー・ボア/River Boa》への解答とは、すなわち、クロック分のライフを《放牧の林鹿/Grazing Gladehart》で得ることだった。1体目の《放牧の林鹿/Grazing Gladehart》をキャスト後に上陸でさらに3マナを確保し、2点のライフを得つつ、2体の《放牧の林鹿/Grazing Gladehart》をキャストする齋藤。

 浅原はタップアウトの齋藤に対して、2/1島渡りと、5/6でアタックし、対応を求める。

 ここで5/6をブロックで討ち取り、さらに《生きている津波/Living Tsunami》を並べて、なんとか盤面を構築しようとする齋藤だったが、浅原の手札の《鞭打ちの罠/Whiplash Trap》がすべてのもくろみを崩したのだった。

浅原 1-0 齋藤

Game 2
jpg

 先手齋藤が2ターン目に《オラン=リーフの生き残り/Oran-Rief Survivalist》をキャスト。対して、浅原は...《山/Mountain》セットからの《板金鎧の土百足/Plated Geopede》?

 大胆に色かえをしてきた浅原。

 齋藤は3ターン目に《石造りのピューマ/Stonework Puma》を追加して、《オラン=リーフの生き残り/Oran-Rief Survivalist》を3/3にしてダメージを重ねるものの、早くも浅原の戦場には《リバー・ボア/River Boa》が。

 齋藤は、《オラン=リーフの生き残り/Oran-Rief Survivalist》と《石造りのピューマ/Stonework Puma》で5点のダメージを与えると、《風乗りの長魚/Windrider Eel》を追加。対して、浅原は《放牧の林鹿/Grazing Gladehart》キャストから、上陸でライフを獲得し、自身のライフを14にしつつ、《板金鎧の土百足/Plated Geopede》で齋藤のライフを14とする。

 齋藤は、上陸で4/4となった《風乗りの長魚/Windrider Eel》のみでアタックすると、《空の遺跡のドレイク/Sky Ruin Drake》を戦場に追加し、守りを固める。

 一方の浅原も、《放牧の林鹿/Grazing Gladehart》の上陸でライフを獲得しつつ、《リバー・ボア/River Boa》と3/3となった《板金鎧の土百足/Plated Geopede》で攻撃。この不審な《板金鎧の土百足/Plated Geopede》の攻撃を齋藤は少々考えた後に、《空の遺跡のドレイク/Sky Ruin Drake》でブロックする。

 浅原は、これに対して《松明投げ/Torch Slinger》をキッカーでキャストするが、対象は今ブロックした《空の遺跡のドレイク/Sky Ruin Drake》ではなく、《風乗りの長魚/Windrider Eel》。

 これで大きくクロックを失った齋藤。《空の遺跡のドレイク/Sky Ruin Drake》と《石造りのピューマ/Stonework Puma》でアタック、浅原はこれを《松明投げ/Torch Slinger》で受けて《石造りのピューマ/Stonework Puma》と相打ちさせ、残りライフが10。齋藤は《領地のベイロス/Territorial Baloth》を追加する。

 浅原は《リバー・ボア/River Boa》でアタックして齋藤のライフを同じく10とするが、このターンに上陸でライフを獲得できない。《ゴブリンの近道抜け/Goblin Shortcutter》をキャストし、さらに《輝刃の探索/Quest for the Gemblades》をキャスト。クロック増加の可能性を残しつつ、さらに《猛火の松明/Blazing Torch》も追加する。

 齋藤は、ここで、《面晶体のカニ/Hedron Crab》をキャスト。上陸で浅原のライブラリーを削る。そして、《野蛮な影法師/Savage Silhouette》を《空の遺跡のドレイク/Sky Ruin Drake》にエンチャントして、ダメージを追加する。これで浅原のライフは5。

 浅原は、上陸なきまま《ゴブリンの近道抜け/Goblin Shortcutter》《リバー・ボア/River Boa》《板金鎧の土百足/Plated Geopede》でアタック。齋藤は10点のライフを削られる可能性のぜひをはかりかねた様子のまま、結局すべてのダメージを通して、自身のライフを5とする。浅原は《カビのシャンブラー/Mold Shambler》をキッカー無しで追加しつつ、《猛火の松明/Blazing Torch》を《放牧の林鹿/Grazing Gladehart》に装備させる。
 齋藤の手札はドローすると、《野蛮な影法師/Savage Silhouette》をエンチャントされた《空の遺跡のドレイク/Sky Ruin Drake》で攻撃し、浅原のライフを1とする。

 対して、浅原は《猛火の松明/Blazing Torch》を齋藤本体に投げつけ、齋藤のライフを3に。《リバー・ボア/River Boa》のダメージは通りそうなので、実質齋藤のライフは1か。

 齋藤は、最後の手札を握り占めたまま、浅原のフルアタックを牽制するが、かまわずフルアタックする浅原。頭数が足りない齋藤は、最後の1点のライフを守りきることが出来なかった。

浅原 2-0 齋藤

前の記事: Round 6:八十岡 翔太(東京) vs. 齋藤 友晴(東京) | 次の記事: Round 7:北山 雅也(神奈川) vs. 清水 直樹(東京)
イベントカバレージ/グランプリ北九州09 一覧に戻る

イベントカバレージ