マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 8:清水 直樹(神奈川) vs. 彌永 淳也(東京)

Round 8:清水 直樹(神奈川) vs. 彌永 淳也(東京)

By Daisuke Kawasaki

 先日行われたプロツアー・オースティンでトップ4という成績を収め、見事国際的な評価を確立した「シミックの王子」こと清水 直樹(神奈川)。

 今大会でも、ここまで全勝と快進撃を続けている。

 対するは、前グランプリ・北九州チャンピオン、彌永 淳也(東京)。

jpg

 「最近勝ってなかったから」と語ることの多い彌永だが、自身の初タイトル獲得の地となったこの北九州では、やはりというか、好成績でRound 8を迎えている。

 いや、むしろ、これが当然なのだが。

Game 1
jpg

 ダイスロールに勝利した彌永は、この環境では珍しく後手を選択する。

 1ターン目は彌永が《魂の階段の探検/Soul Stair Expedition》をキャストという立ち上がりだったものの、清水が《血の求道者/Blood Seeker》《高地の狂戦士/Highland Berserker》と続けてキャスト。これを牽制するべく《巨大蠍/Giant Scorpion》をキャストする彌永だったが、かまわずアタックする清水。

 彌永は本当に少し考えた後に、《高地の狂戦士/Highland Berserker》をブロック。ここは当然のコンバットトリックとして《殺戮の叫び/Slaughter Cry》が飛んでくる。

 土地は止まったものの、ロケットスタートの清水に対して、彌永は《魂の階段の探検/Soul Stair Expedition》で《巨大蠍/Giant Scorpion》を回収し、キャスト。今度こそガン止まりしてしまう清水。

 そして、彌永は《光輪狩り/Halo Hunter》をキャストする。ここでやっと4枚目の土地を引いた清水は、威嚇返しとばかりに《刃牙の猪/Bladetusk Boar》をキャストするのだが、パワーがちょうど倍違う。

 彌永は、《精神ヘドロ/Mind Sludge》を《沼/Swamp》の枚数4枚でキャストし、清水の手札を丸裸にした上で、《光輪狩り/Halo Hunter》でのダメージを重ね、さらに続くターンに《山/Mountain》をセットして2点の《断ち割る尖塔/Rupture Spire》を《刃牙の猪/Bladetusk Boar》に。

 清水は、《血の求道者/Blood Seeker》とあわせてパワー3ぶんの黒クリーチャーとして《吸血鬼の裂断者/Vampire Lacerator》をキャストするのだが、《血の求道者/Blood Seeker》を《ムラーサの紅蓮術士/Murasa Pyromancer》で打ち落とされ、チャンプブロックを強いられる。

 続くドローが《ニマーナの売剣/Nimana Sell-Sword》で、なんとか《光輪狩り/Halo Hunter》は部六kう出来る目処が立つのだが、アタック前に彌永がキャストしたのが《墓所王の探索/Quest for the Gravelord》。

 攻撃で、どうがんばっても4体のクリーチャーの相打ちを発生させざるを得ない清水。

清水 「これ、詰んでるんじゃない?」

彌永 1-0 清水

Game 2
jpg

 先手2ターン目に《光輝王の昇天/Luminarch Ascension》キャストというカウンターひとつ確定の動きからスタートの清水。

 対する彌永は、2ターン目に《高地の狂戦士/Highland Berserker》をキャストする。これへのブロッカーとして清水は《オンドゥの僧侶/Ondu Cleric》をキャストするのだが、彌永は2体目の《高地の狂戦士/Highland Berserker》キャストで同盟者効果による先制攻撃を与え、攻撃。さすがに清水はこれをブロックできない。

 続くターンに、ただターンを返した清水に対して、《カビーラの交差路/Kabira Crossroads》を割ながらの《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》が登場し、清水のテンポを奪いつつ、ダメージを重ねる。

 《高地の狂戦士/Highland Berserker》と《オンドゥの僧侶/Ondu Cleric》が相打ち、彌永は戦場に《巨大蠍/Giant Scorpion》を追加。この《巨大蠍/Giant Scorpion》を《断ち割る尖塔/Rupture Spire》で除去というキツイ清水。

 《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》《蜘蛛糸の網/Spidersilk Net》とさらに展開を続ける彌永に対して、清水はすべての手札が土地であることを開示するのであった。


彌永 2-0

清水 「後手とったから、遅いデッキだと思って、土地6枚と《光輝王の昇天/Luminarch Ascension》の手札をキープしたんだけど失敗だった...」

彌永 「デッキが重いところがあるから、後手取ってるんだよね」

 テンポ環境といわれる、この環境だけに、手拍子で先手が有利と判断されがちであるし、また多くの場合、それは正解である。

 しかし、多くの場合で正解であることと、常に正解であることは、決して同じではない。

前の記事: Round 7:北山 雅也(神奈川) vs. 清水 直樹(東京) | 次の記事: シールドデッキ構築:渡辺 雄也(神奈川)
イベントカバレージ/グランプリ北九州09 一覧に戻る

イベントカバレージ