マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 9:藤田 剛史(大阪) vs. 八十岡 翔太(東京)

Round 9:藤田 剛史(大阪) vs. 八十岡 翔太(東京)

By Daisuke Kawasaki

 グランプリ・北九州も、最初のドラフトが終了し、ラウンド9が開始する。

 この、二日目最初のラウンドではこのマッチアップをフィーチャーしよう。

jpg

 「殿堂プレイヤー」藤田 剛史(大阪)の対戦だ。残念ながら会場にもうひとりいた殿堂プレイヤーであるOlivier Ruel(フランス)が初日敗退してしまっているだけに、ここではぜひとも殿堂の技を見せていただきたい。

 対するは電脳の覇者八十岡 翔太(神奈川)。

 ともに、ピック中のミスや、デッキの弱さ自慢などをしながらシャッフルをし、いざ、対戦開始。

Game 1
jpg

 後手の藤田が《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》をキャストする立ち上がりだが、八十岡は3ターン目に《マキンディの盾の仲間/Makindi Shieldmate》のキャストに続いて、4ターン目にはキッカーの《コーの奉納者/Kor Sanctifiers》で藤田の《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》を破壊する。

 返しのターンに《髑髏砕きの巨人/Shatterskull Giant》をキャストした藤田。ここで、何かしらのアクションを行いたい八十岡なのだが、《組み合い鉤/Grappling Hook》《探検者の望遠鏡/Explorer's Scope》と装備品を連続でキャスト。すでにキャスト済の《信頼おける山刀/Trusty Machete》とあわせて、八十岡の戦場には3枚の装備品がならぶ。

 藤田は《髑髏砕きの巨人/Shatterskull Giant》でアタックし、さらに2枚目の《髑髏砕きの巨人/Shatterskull Giant》をキャスト。八十岡が《マキンディの盾の仲間/Makindi Shieldmate》に《信頼おける山刀/Trusty Machete》を装備させたが《組み合い鉤/Grappling Hook》を装備させるマナが残らず、《探検者の望遠鏡/Explorer's Scope》を装備させつつ、あまったマナで《アイオーの廃墟の探検/Ior Ruin Expedition》をキャスト。返しに《ゴブリンの近道抜け/Goblin Shortcutter》でブロック不可として、ダメージを稼ぐ。

 攻めの藤田に守りの八十岡。このゲームは藤田が火力を握っていたことで、まずは藤田に軍配があがる。

藤田 1-0 八十岡

Game 2

 先手八十岡は、《アイオーの廃墟の探検/Ior Ruin Expedition》からのスタートだが、返しで藤田は《板金鎧の土百足/Plated Geopede》をキャスト。

八十岡 「デッキつよいやん!」

藤田 「こいつはね」

 ある程度ライフを守るためにも、八十岡は《コーの奉納者/Kor Sanctifiers》をキッカー無しでキャストする。返しで藤田は《破滅的なミノタウルス/Ruinous Minotaur》。八十岡が《風乗りの長魚/Windrider Eel》をキャストした返しで、この《破滅的なミノタウルス/Ruinous Minotaur》が《コーの奉納者/Kor Sanctifiers》と相打ちし、藤田は戦場に《髑髏砕きの巨人/Shatterskull Giant》を追加。

 だが、八十岡も、フェッチセットからの《風乗りの長魚/Windrider Eel》という攻めの姿勢が見える展開。藤田が《不気味な発見/Grim Discovery》で《破滅的なミノタウルス/Ruinous Minotaur》を拾ってキャストすると、八十岡は自身のターンに力を込めてドロー。

八十岡 「引かなかった!」

 ここで土地が引けない=上陸出来ない八十岡。それ以上に八十岡の手札には《組み合い鉤/Grappling Hook》があるのだが、マナが5マナしかないのだ。

 八十岡は手札を見ながら長考する。藤田のライフは16。

 まず、《命拾い/Narrow Escape》で土地を手札に戻して、セットして上陸しつつ、自身のライフを回復。さらにフェッチで2回目の上陸を行って、6/6飛行を2体用意する。そして、《探検者の望遠鏡/Explorer's Scope》をキャストすると、《コーの装具役/Kor Outfitter》をキャストして、ブロッカーを用意しつつ、瞬殺も狙えるプラン。

 だが、アタックトリガーでみた八十岡のライブラリートップは土地では無い。

 藤田のライフは、4。しかし、ここで八十岡のライフを削りきれず、2体の《風乗りの長魚/Windrider Eel》への解答もなかった藤田は、3ゲーム目へと望みを託す。

藤田 1-1 八十岡

Game 3
jpg

 後手八十岡が、《コーの決闘者/Kor Duelist》から《探検者の望遠鏡/Explorer's Scope》装備でアタックという早い立ち上がり。一方の藤田は、2ターン目に《ゼクター祭殿の探検/Zektar Shrine Expedition》から《破滅的なミノタウルス/Ruinous Minotaur》と、これもまた早めの立ち上がり。しかし、現状後手をひかされている。

 八十岡の《コーの決闘者/Kor Duelist》と《破滅的なミノタウルス/Ruinous Minotaur》を相打ちさせると、しかし、ここで八十岡の続投が《マキンディの盾の仲間/Makindi Shieldmate》と後ろ向きなもので、攻守が入れ替わる。藤田は《髑髏砕きの巨人/Shatterskull Giant》を追加。

 だが、守りモードに入ってしまった八十岡は、ガチガチに固い。2枚目の《マキンディの盾の仲間/Makindi Shieldmate》が同盟者能力をトリガーさせ、結果、八十岡の戦場には2/5と1/4の防衛が並ぶ。

 藤田は、《破滅的なミノタウルス/Ruinous Minotaur》2体目を追加。これは、2/5で相打つ八十岡。藤田が《血の求道者/Blood Seeker》をキャストするが、八十岡も《信頼おける山刀/Trusty Machete》を《マキンディの盾の仲間/Makindi Shieldmate》(1/4)に装備させる。

 しかし、ここで藤田のドローが《巨大蠍/Giant Scorpion》で、1点ずつながら八十岡にはブロックしにくい存在。これがチマチマとライフを削って行く一方で、土地が止まっていた八十岡も《カルニの宝石/Khalni Gem》をキャストして、やっとマナを伸ばしはじめる。

 クリーチャーを並べ、勝負を決めにかかる藤田。

 しかし、そこを狙い澄ましたかのような、八十岡の《審判の日/Day of Judgment》。

 そして、さらに狙い澄ましたかのように、ここでの藤田のトップデックが《墓所王の探索/Quest for the Gravelord》。

藤田 「おっしいなぁ」

 八十岡は《迷いし者の番人/Shepherd of the Lost》をキャストして、これに《信頼おける山刀/Trusty Machete》を装備。さらに《コーの奉納者/Kor Sanctifiers》で《墓所王の探索/Quest for the Gravelord》を破壊する。

 藤田は《刃牙の猪/Bladetusk Boar》をキャストし、八十岡がブロッカーとしてキャストした《面晶体集め/Hedron Scrabbler》を《松明投げ/Torch Slinger》で除去するのだが...ここで八十岡のキャストした《鞭打ちの罠/Whiplash Trap》が、藤田のブロッカーをすべてどかしたのだった。

藤田 1-2 八十岡

前の記事: 1st Draft:渡辺 雄也(神奈川) | 次の記事: Round 10:大礒 正嗣(広島) vs. 石井 泰介(神奈川)
イベントカバレージ/グランプリ北九州09 一覧に戻る

イベントカバレージ