マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 11:池田 剛(福岡) vs. 山本 明聖(和歌山)

Round 11:池田 剛(福岡) vs. 山本 明聖(和歌山)

By Daisuke Kawasaki

池田 「こっからあと全勝なら、まだ目があるよ」

 ファーストドラフト最終戦での3敗マッチ。ここで勝利したプレイヤーが、続くセカンドドラフトでの全勝からのトップ8入賞を目指す事になる。

jpg

 対戦するのは、「ファイアーボール総帥」池田 剛(福岡)と、現在1点差でRookie of the Yearを狙う山本 明聖(和歌山)。

 池田のデックは、ドラフト界でも思考の逸品と評判のある戦略だというが、それも含めてこのマッチアップの行方をお届けしよう。

Game 1
jpg

 先手の池田はダブルマリガン、後手の山本もマリガンというスタート。

 池田は2ターン目にキャストした《開拓地の先達/Frontier Guide》を4ターン目に起動、対して、山本も《無謀な識者/Reckless Scholar》でドローを進めつつ、《砕土/Harrow》で土地を伸ばす。

 この淡々とした展開の、最初のインパクトは山本の《ベイロスの林壊し/Baloth Woodcrasher》。対して池田は、さらに《開拓地の先達/Frontier Guide》で土地を伸ばし続ける。

 そして、自身のターンを迎えた池田がキャストしたのが《面晶体のカニ/Hedron Crab》!《面晶体のカニ/Hedron Crab》のキャストの後に、《砕土/Harrow》をキャストし、山本のライブラリーをまずは6枚削る。

 池田のデックの戦略が判明した山本。だが、回答策を模索するためには《無謀な識者/Reckless Scholar》を起動しなければならない。自身のターンのドローも併せて、山本のライブラリーは18枚。山本は《ベイロスの林壊し/Baloth Woodcrasher》で攻撃しつつ、さらに《無謀な識者/Reckless Scholar》を起動。ターンエンドの池田の《開拓地の先達/Frontier Guide》で山本のライブラリーは、14枚。

 池田が自分のターンにセットランドで11枚。《砕土/Harrow》キャストで5枚。《開拓地の先達/Frontier Guide》の能力分のマナも残っているため、あと1ターン生き残れば、池田の勝利である。池田は《カビのシャンブラー/Mold Shambler》をキッカー無しでキャストする。

 山本の戦場のクロックは、《無謀な識者/Reckless Scholar》《ベイロスの林壊し/Baloth Woodcrasher》に《マーフォークの海忍び/Merfolk Seastalkers》。池田のライフは16。山本は、《ベイロスの林壊し/Baloth Woodcrasher》と《マーフォークの海忍び/Merfolk Seastalkers》でアタックし、池田は《カビのシャンブラー/Mold Shambler》で《ベイロスの林壊し/Baloth Woodcrasher》をブロック。これで池田のライフは14。

 池田はターンエンドに《開拓地の先達/Frontier Guide》の能力を起動するのだが、山本はこれに重ねて、《鞭打ちの罠/Whiplash Trap》で《開拓地の先達/Frontier Guide》と《面晶体のカニ/Hedron Crab》を手札に戻し、自分のターンを増やす。

 池田は、《ゴーマゾア/Gomazoa》に《開拓地の先達/Frontier Guide》《オラン=リーフの生き残り/Oran-Rief Survivalist》、そして、もちろん《面晶体のカニ/Hedron Crab》と展開し、手札をゼロにして、ターンエンド。ここで山本の墓地に落ちためぼしいカードをメモする。

 山本はドローして、ライブラリーが3枚。フルアタックすると、《無謀な識者/Reckless Scholar》が《オラン=リーフの生き残り/Oran-Rief Survivalist》と相打ち、《ゴーマゾア/Gomazoa》が《ベイロスの林壊し/Baloth Woodcrasher》をチャンプブロック。

 山本は《ニッサに選ばれし者/Nissa's Chosen》をキャストしてターンを返す。

 池田の次のドローは、土地。

池田 1-0 山本

Game 2
jpg

 後手の池田が、1ターン目《面晶体のカニ/Hedron Crab》。

 山本は3ターン目に《無謀な識者/Reckless Scholar》を引くのだが、池田は2ターン続けてセットランドの末に、《砕土/Harrow》までつなげ、山本のライブラリーを12枚削る。

 なにより、ここでバウンスがかなりの枚数落されてしまった山本は、《無謀な識者/Reckless Scholar》で山札を削って行くのだが、手札のほとんどが土地の山本はターンを返す。

 池田の続くターンのアクションは、《面晶体のカニ/Hedron Crab》2体目キャスト。

 セットランドでまずは6枚。

 そして、《砕土/Harrow》。

 まさかの4ターンキル。

池田 2-0 山本

前の記事: Round 10:大礒 正嗣(広島) vs. 石井 泰介(神奈川) | 次の記事: 1st Draft:大礒 正嗣(広島)
イベントカバレージ/グランプリ北九州09 一覧に戻る

イベントカバレージ