マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 13:渡辺 雄也(神奈川) vs. 高木 隆之(千葉)

Round 13:渡辺 雄也(神奈川) vs. 高木 隆之(千葉)

By Daisuke Kawasaki

 グランプリ・北九州も残すところ2マッチ。

 先ほどに続いて、このラウンドも第2ポッドからのマッチアップをお届けしよう。

jpg

 渡辺 雄也(三次元)と、高木 隆之(千葉)のマッチアップだ。

 隣のテーブルでフィーチャリングされている、第2ポッドの森 勝洋(大阪)と逢坂 有祐(東京)同様、このマッチで勝利した同士が合意の上での引き分けを選択することで、トップ8をほぼ確定とすることが出来る。

 ということで、まさにトップ8のかかったこのマッチ。

 千葉のアニキと、PWCのパパ、勝利するのはどちらか。

Game 1
jpg

 先手の渡辺が《探検者の望遠鏡/Explorer's Scope》キャストから、《ウマーラの猛禽/Umara Raptor》2連打というまわりなのに対して、高木は《平地/Plains》が2枚で土地が止まってしまう。

 渡辺は追加の同盟者として、《マキンディの盾の仲間/Makindi Shieldmate》をキャスト。

 この4/4と3/3飛行のビートダウンに、高木は早々に次のゲームに進むことを選択した。

渡辺 1-0 高木

Game 2
jpg

 後手渡辺の2ターン目《カザンドゥの刃の達人/Kazandu Blademaster》に対して、青白そろった3マナを持つ高木は小考の後、ターンを帰す。

 ここで、渡辺は《ウマーラの猛禽/Umara Raptor》をキャストし、まずは3点。返しで高木は《コーの鉤の達人/Kor Hookmaster》のキャストで、《カザンドゥの刃の達人/Kazandu Blademaster》を封じ、続くターンに《麻痺の掌握/Paralyzing Grasp》で完全に封じ込める。

 だが、その間にも渡辺は《マーフォークの海忍び/Merfolk Seastalkers》《空の遺跡のドレイク/Sky Ruin Drake》と高木のブロックできないクロックを積み重ねる。

 《海門の伝承師/Sea Gate Loremaster》をキャストして、対策を探しに行こうとする高木だが、《オンドゥの僧侶/Ondu Cleric》でクロックを増強した上で、《組み合い鉤/Grappling Hook》が《海門の伝承師/Sea Gate Loremaster》を封じ込めた。

渡辺 2-0 高木

 こうして、またもプレミアイベントでのトップ8を確定させた渡辺。

 ......かに思われたが...

jpg

 なんと、隣でフィーチャリングされていた森・逢坂戦が合意の上での引き分け、つまりIDを選択したことで、渡辺は次のマッチでも勝利しなければならなくなった。

前の記事: 2nd Draft:森 勝洋(大阪) | 次の記事: Round 14:渡辺 雄也(神奈川) vs. 逢坂 有祐(東京)
イベントカバレージ/グランプリ北九州09 一覧に戻る

イベントカバレージ