マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 14:渡辺 雄也(神奈川) vs. 逢坂 有祐(東京)

Round 14:渡辺 雄也(神奈川) vs. 逢坂 有祐(東京)

by Daisuke Kawasaki

 ラウンド13にて、IDを選択した、森 勝洋(大阪)と、逢坂 有祐(東京)。

 森は、浅原 晃(神奈川)とマッチングされ、浅原が早々に投了したことで、トップ8入賞をほぼ確定させた。

 一方の逢坂は、このふたりのIDによって、このマッチの勝利がトップ8条件となった渡辺 雄也(神奈川)と対戦する。

jpg

 逢坂といえば、近年では緑系のデックビルダーとして、話題にあがることの多いプレイヤーなのだが、今回のドラフトでも、《緑織りのドルイド/Greenweaver Druid》を中心としたマナ加速系の赤緑をピックしている。

 だが、逢坂の本質は、豪快なデックを作る姿からは想像できないであろう「曲者さ」にある。逢坂を知る人間で、逢坂を曲者だと思っていない人間は、いないだろう。

 王道を進む渡辺と、曲者逢坂のマッチアップ。この北九州で、トップ8に入賞するのはどちらか。

Game 1
jpg

 先手の渡辺が、マリガン。

 1ターン目に渡辺が《探検者の望遠鏡/Explorer's Scope》、逢坂が《信頼おける山刀/Trusty Machete》とそれぞれが装備品を並べるスタート。

 渡辺は、2ターン目に《カザンドゥの刃の達人/Kazandu Blademaster》から、3ターン目に《無謀な識者/Reckless Scholar》をキャスト。この時点で、渡辺の手札は土地ばかりなだけに、このカードの「ルーター」効果は大きい。

 返して、逢坂が《緑織りのドルイド/Greenweaver Druid》。この《緑織りのドルイド/Greenweaver Druid》を渡辺は《無謀な識者/Reckless Scholar》で引いてきた《猛火の松明/Blazing Torch》で除去。逢坂は《放牧の林鹿/Grazing Gladehart》をキャストしてターンを返す。

 ここで渡辺が《カザンドゥの刃の達人/Kazandu Blademaster》を垂直落下させる。さらに《探検者の望遠鏡/Explorer's Scope》で土地を伸ばしつつ、《無謀な識者/Reckless Scholar》で手札の土地を有効カードへと入れ替えていく。

 しかし、ここで《信頼おける山刀/Trusty Machete》を《放牧の林鹿/Grazing Gladehart》に装備させず、5マナ残した状態でターンを返してきた逢坂の動きが不審すぎる。

 渡辺は小考ののち、《空の遺跡のドレイク/Sky Ruin Drake》をキャストし、《飛翔する海崖/Soaring Seacliff》のセットで、3/3の《カザンドゥの刃の達人/Kazandu Blademaster》に飛行を与えて攻撃。予定調和的に、逢坂はターンエンドに《ベイロスの林壊し/Baloth Woodcrasher》のトークンを生み出し、さらに《ゼンディカーの彼方導き/Zendikar Farguide》まで並べる。

 ここで、渡辺のライブラリートップは《未達への旅/Journey to Nowhere》。これが4/4トークンを永遠に届かない世界へと送り返し、《空の遺跡のドレイク/Sky Ruin Drake》と3/3《カザンドゥの刃の達人/Kazandu Blademaster》がアタック。

 逢坂はキッカーの《オラン=リーフの出家蜘蛛/Oran-Rief Recluse》で《空の遺跡のドレイク/Sky Ruin Drake》を破壊。

 渡辺、2枚目の《未達への旅/Journey to Nowhere》がライブラリートップから逢坂の《放牧の林鹿/Grazing Gladehart》に落下する。またも3/3がアタック。

 逢坂は《ゼンディカーの彼方導き/Zendikar Farguide》に《信頼おける山刀/Trusty Machete》を装備させ、アタックした後に、《オラン=リーフの出家蜘蛛/Oran-Rief Recluse》に付け替え、防御を固める。

 渡辺、山札から《ウマーラの猛禽/Umara Raptor》。《無謀な識者/Reckless Scholar》を使う、ヒマが無い。

 逢坂は4/4《カザンドゥの刃の達人/Kazandu Blademaster》を《オラン=リーフの出家蜘蛛/Oran-Rief Recluse》でブロックし、《巨森の蔦/Vines of Vastwood》で一方的に討ち取る。そして、《信頼おける山刀/Trusty Machete》を持ち替えさせあって、《ゼンディカーの彼方導き/Zendikar Farguide》でアタック、そして《オラン=リーフの出家蜘蛛/Oran-Rief Recluse》で守りを固める流れを続ける。

 渡辺、4連続のトップデック。《マーフォークの海忍び/Merfolk Seastalkers》。逢坂の守りの要である《オラン=リーフの出家蜘蛛/Oran-Rief Recluse》をタップし、逢坂のライフを3とする。一方の渡辺のライフは12。

 逢坂は、《信頼おける山刀/Trusty Machete》を持った《オラン=リーフの出家蜘蛛/Oran-Rief Recluse》と、《ゼンディカーの彼方導き/Zendikar Farguide》でアタック。

 これをチャンプブロックされたところで、《溶岩の玉の罠/Lavaball Trap》で盤面をリセットする。

 渡辺は、ドローして、ターンを返す。

 逢坂が《ヘルカイトの突撃者/Hellkite Charger》をキャストし、《信頼おける山刀/Trusty Machete》を装備させ、渡辺のライフを5にする。渡辺が前のターンに保持していた手札は《未達への旅/Journey to Nowhere》で、《ヘルカイトの突撃者/Hellkite Charger》を除去。

 続いて逢坂は《大木口の幼生/Timbermaw Larva》をキャスト。

 渡辺のターンに、ライブラリートップからはなにもふってこなかった。

逢坂 1-0 渡辺

Game 2

 先手の渡辺。1ターン目《探検者の望遠鏡/Explorer's Scope》から、《カザンドゥの刃の達人/Kazandu Blademaster》《ウマーラの猛禽/Umara Raptor》と、流れるようにビートダウン。

 一方の逢坂は、2ターン目に《ニッサに選ばれし者/Nissa's Chosen》をキャスト。そして、3ターン目に立っている3/3の《カザンドゥの刃の達人/Kazandu Blademaster》に向かって、緑マナをふたつ残してアタック。

 この逢坂の曲者感あふれるアタックを渡辺はスルー。逢坂が続いてキャストした《緑織りのドルイド/Greenweaver Druid》は渡辺の《未達への旅/Journey to Nowhere》で除去されてしまう。が、逢坂続くターンに2枚目の《緑織りのドルイド/Greenweaver Druid》をキャストする。

 逢坂の土地が3枚で止まったので、この《緑織りのドルイド/Greenweaver Druid》もなんとか除去したい渡辺だったが、手札に除去が無い。渡辺は《マーフォークの海忍び/Merfolk Seastalkers》をキャストし、ターンを返す。

 土地を引き、さらに《放牧の林鹿/Grazing Gladehart》のキャストでライフも獲得した逢坂だったが、赤マナが《山/Mountain》1枚しかでないため、《松明投げ/Torch Slinger》をキャストできず、ターンエンド。渡辺は《飛翔する海崖/Soaring Seacliff》で《カザンドゥの刃の達人/Kazandu Blademaster》を飛ばすと、逢坂のライフを4とする。

 そして、渡辺は逢坂のアップキープに《マーフォークの海忍び/Merfolk Seastalkers》の能力で《緑織りのドルイド/Greenweaver Druid》をタップ。逢坂は追加のブロッカーを並べはするものの、結局、《マーフォークの海忍び/Merfolk Seastalkers》の能力の前に4点ではライフが少なすぎたのだった。

逢坂 1-1 渡辺

Game 3
jpg

 トップ8のかかった最後のゲーム。

 互いにマリガン無くスタート。珍しく先攻の逢坂の《ニッサに選ばれし者/Nissa's Chosen》がファーストアクションとなり、これがクロックを刻みはじめる。追加で《緑織りのドルイド/Greenweaver Druid》を戦場に送り込む逢坂。

 一方の渡辺は、3ターン目のドロー後に、手札を見つめ、長考。結果、タップインの《カビーラの交差路/Kabira Crossroads》をセットし、《未達への旅/Journey to Nowhere》で《緑織りのドルイド/Greenweaver Druid》を除去するプランを選択する。

 逢坂は、4枚目の土地をセットしてターンエンド。一方の渡辺は《マーフォークの海忍び/Merfolk Seastalkers》をキャスト。当然、ここにもアタックしてくる《ニッサに選ばれし者/Nissa's Chosen》。これを渡辺はスルー。

 逢坂の5ターン目。《大木口の幼生/Timbermaw Larva》を戦場に追加。一方の渡辺は、《マーフォークの海忍び/Merfolk Seastalkers》をレッドゾーンに力強く送り出し、その上で、《空の遺跡のドレイク/Sky Ruin Drake》をキャストする。

 逢坂は、《大木口の幼生/Timbermaw Larva》と《ニッサに選ばれし者/Nissa's Chosen》でアタック。さすがに《ニッサに選ばれし者/Nissa's Chosen》はブロックした渡辺、逢坂からのリアクションはなく、渡辺のライフは9。一方で逢坂のライフは18。ここで6マナあるにも関わらず、逢坂は、なにもキャストすることなく、ターンを終えた。

 手札に多くの選択肢を持ちつつも、逢坂の挙動が気になって、思うように動けない渡辺。結局、《ウマーラの猛禽/Umara Raptor》キャストから、《オンドゥの僧侶/Ondu Cleric》キャストで3/3飛行を確保し、なおかつ、盤面のクリーチャーのパワーが8になるようにして、ターンを返す。

 逢坂、《森/Forest》のセットから、8/8となった《大木口の幼生/Timbermaw Larva》でアタック。これを《空の遺跡のドレイク/Sky Ruin Drake》でチャンプブロックする渡辺。返しのターンで《マキンディの盾の仲間/Makindi Shieldmate》をキャストし、《ウマーラの猛禽/Umara Raptor》を5/5にしつつ、ライフを3点獲得する。

 逢坂は、7枚目となる《森/Forest》をセット。さらに《信頼おける山刀/Trusty Machete》をキャストすると、これを《ニッサに選ばれし者/Nissa's Chosen》に装備させ、2体でのアタック。《大木口の幼生/Timbermaw Larva》が9/9、《ニッサに選ばれし者/Nissa's Chosen》が4/4というこのアタックに、渡辺はブロックを熟考する。

 結果、《大木口の幼生/Timbermaw Larva》は《マキンディの盾の仲間/Makindi Shieldmate》でチャンプブロックし、4点のダメージは通して、ライフは10。逢坂は、やはりなにもキャストしない。手札は2枚ある。

 トリックなのか、フェイクなのか。

 渡辺は、《ウマーラの猛禽/Umara Raptor》でアタックして、逢坂のライフも10。一方の渡辺は《セジーリの隠れ家/Sejiri Refuge》をセットしてライフを11に。

 渡辺は、結果、マナを残してターン終了、逢坂のアップキープに《マーフォークの海忍び/Merfolk Seastalkers》の能力で《大木口の幼生/Timbermaw Larva》をタップする。残り2マナの渡辺に、逢坂の《ニッサに選ばれし者/Nissa's Chosen》がアタックし、これは《オンドゥの僧侶/Ondu Cleric》がチャンプブロック。

 逢坂は、2体目の《大木口の幼生/Timbermaw Larva》をキャストすると、これに《信頼おける山刀/Trusty Machete》を持ち替えさせる。なおも、2枚の手札を保持する逢坂。

 一方で、7マナに到達した渡辺は、まずは3マナで《マキンディの盾の仲間/Makindi Shieldmate》をキャストして、《ウマーラの猛禽/Umara Raptor》を6/6にして、アタック。これで逢坂のライフは4。逢坂、返しで、再び、《ニッサに選ばれし者/Nissa's Chosen》に《信頼おける山刀/Trusty Machete》を装備させ、アタック宣言。

 《大木口の幼生/Timbermaw Larva》のうちの一体が《マーフォークの海忍び/Merfolk Seastalkers》でタップされ、2体のクリーチャーがレッドゾーンに送り込まれる。渡辺はこの2体を、《マキンディの盾の仲間/Makindi Shieldmate》と《マーフォークの海忍び/Merfolk Seastalkers》でチャンプブロックする。

 渡辺は6/6の《ウマーラの猛禽/Umara Raptor》を、ライフ4の逢坂へとアタックさせる。

 ここまで逢坂が保持していた2枚の手札は、全部土地。

逢坂 1-2 渡辺

 グランプリ・タンパでは、惜しくもトップ8入賞を逃したものの、ここ8回のプレミアイベントで、7回という驚異的なトップ8入賞率を見せる渡辺。この渡辺の快進撃は、真に賞賛されるべきものである。

 だが、筆者は個人的に、Game 3において、たった5枚の呪文だけで、その渡辺を追い詰めた逢坂のプレイを賞賛されるに値するものだと思う。

前の記事: Round 13:渡辺 雄也(神奈川) vs. 高木 隆之(千葉) | 次の記事: トップ8プロフィール
イベントカバレージ/グランプリ北九州09 一覧に戻る

イベントカバレージ