マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

グランプリ新潟 開催案内

グランプリ新潟 開催案内

開催日:2009年8月29〜30日
フォーマット:マジック基本セット2010シールドデッキ+ブースタードラフト

会場

朱鷺メッセ
新潟県新潟市中央区万代島6-1
www.tokimesse.com

受付時間:

8月28日(金):16:00-20:00, ¥3000 8月29日(土):08:00-09:00, ¥3500 本戦の参加者に限定イラスト違い箔押し仕様の《金属モックス/Chrome Mox》が贈られます。(数に限りがあるので、無くなり次第配布は終了となります。)

 古くから港町として知られる新潟は、日本海に面していることと、市内に流れる川から、「水の都」という別名も持っています。また、川や市内にあった水路に柳が並べていたため、昔から「柳の都」と呼ばれることもあります。海の幸と地酒で有名な新潟は、近代日本文化を代表する漫画家の作り手として日本はもちろん海外でも声望を集めている高橋 留美子(うる星ヤツら、らんま1/2、犬夜叉)と小畑 健(デスノート、ヒカルの碁)の故郷でもあります。

 今回のグランプリは、新潟での2回目の開催となります。最初のグランプリ新潟は2005年に神河ブロック構築フォーマットで開催され、同年の世界選手権をも制した森 勝洋のが《山賊の頭、伍堂/Godo Bandit Warlord》入りの《けちな贈り物/Gifts Ungiven》コントロールデッキで鮮やかな勝利をおさめています。新潟県からは、棚橋 雅康(プロツアー京都ベスト8、グランプリ神戸2008トップ8)や高橋 優太(2007日本選手権ベスト8、グランプリ静岡2008優勝、2008日本選手権ベスト8、グランプリ神戸2008優勝、グランプリ・シンガポールベスト8)をはじめとするマジックの強豪たちを輩出しています。

 マジック:ザ・ギャザリングのグランプリ大会は、まさにマジックのお祭りです。グランプリは、世界各国で開催されており、マジックプレイヤーなら誰でも簡単に参加できる、大規模の競技大会です。グランプリの魅力は上位入賞者に贈られる総額3万ドルの賞金やプロツアーの参加権利といったプライズだけではなく、参加者全員にプレゼントされる限定の参加賞プロモカード、豪華賞品とともにお送りする併催イベント、マジックのカードイラストを手掛けているアーティストのサイン会など、本戦以外のアトラクションも盛りだくさんです。グランプリの情報や開催日程については、グランプリの ホームページをご参照ください。

(単位は米ドル) 最終順位 賞金 プロポイント
1$3,500 10
2$2,300 8
3-4$1,500 6
5-8$1,000 5
9-12$600 4
13-16$500 3
17-32$400 2
33-64$200 1
上位16名のプレイヤーには、プロツアー・オースティンの参加権利が与えられます。

受付と進行

8月28日(金):16:00-20:00本戦受付 8月29日(土):8:00-9:00本戦受付 8月29日(土):9:30本戦開始 8月30日(日):9:00本戦2日目開始

グランプリ新潟本戦は、マジックのプレイヤーであれば誰でも参加できます。

トーナメントフォーマット

1日目:マジック基本セット2010を使用したシールドデッキ戦。各プレイヤーはデッキ構築のためブースターパック6個をもらいます。 2日目(上位8人の決勝戦を含む):マジック基本セット2010を使用したブースタードラフト戦。ドラフト1回ごとに、各プレイヤーにはブースターパック3個が与えられます。 デッキ登録が必要です。 シールドデッキの構築前、デッキ登録および使用カードの交換が行われます。

トーナメント進行

グランプリ新潟は2日間に渡って、スイス回戦式で行われます。各回戦の試合制限時間は50分で、回戦数は参加人数に基づいて決定されます。スイス回戦式では、参加者はランダムに選ばれた同じ点数(勝敗歴)のプレイヤーと組み合わせられて対戦をします。点数は2日間で累計されます。 1日目終了時点で点数がX勝2敗以上のプレイヤーはすべて2日目に進出します。参加人総数が799人以下の場合、X勝2敗のプレイヤーが64人未満なら上位64人のプレイヤーが2日目に進みます。参加人数が800人以上の場合、X勝2敗のプレイヤーが128人未満なら上位128人のプレイヤーが2日目に進みます。 2日目、ドラフトは2回行われます。各ドラフトの後、スイス回戦が3回行われます。 2日目終了時点の上位8名のプレイヤーはシングルエリミネーション(勝ち抜き戦)の決勝戦に進出されます。 上位8名の決勝戦はゲーム2本先取で決まり、時間無制限で行われます。(決勝戦の試合には時間制限はありませんが、本戦と同様にプレイヤーはタイムリーに試合を行う義務はあります。) 必要に応じ、最終順位を決めるのにスイスラウンド終了時点の順位が用いられる場合があります。


ジャッジ


グランプリ新潟のヘッドジャッジは、ダヴィ・ヴォジョン(レベル4・仏)です。グランプリ新潟のスタッフとして応募したい場合、7月31日までにウィザーズ社日本組織化プレイマネージャーのロン・フォスター(ron.foster@wizards.com)にご連絡ください。

備考

この案内に特記がなければ、グランプリ新潟においてすべてのDCI汎用トーナメントルールおよびマジック:ザ・ギャザリングのフロアルールは適用されます。ルール書類は、DCIルールドキュメントセンターにて参照できます。 グランプリ新潟のK値は40です。ルール適用度は1日目では競技、2日目ではプロフェショナルとなります。 参加者には、筆記用具、スリーブ、ゲームの進行において必要なカウンターなどは各自で用意する責務があります。 グランプリでプロツアーの参加権利を獲得したプレイヤーは該当するプロツアーの参加権を既に所有していても、権利の繰り下がりはありません。

直前グランプリトライアル

8月28日(金)
参加費:¥2500
受付時間:GP本戦会場にて10:00-15:00
32人シングルエリミネーション大会
各トライアル大会の優勝者は、グランプリ新潟の3ラウンドバイを獲得します。2位〜8位のプレイヤーには、賞品としてマジック基本セット2010のブースターパックが配布されます。

グランプリ本戦が開催されるまで、全国各地でトライアル大会が随時行われます。各トライアル大会の優勝者は、グランプリ新潟の3ラウンドバイを獲得します。

バイ(不戦勝)のあるプレイヤーはそのラウンドで試合を行わなず、そのラウンドに勝ったと見なされます。通常、バイは参加人数が奇数になった場合に発生しますが、プロプレイヤーとしての成績により、またグランプリトライアルのプライズとして与えられることもあります。グランプリ新潟のバイは、下記の条件に基づいて与えられます。(ひとつのトーナメントで与えられたバイを他のトーナメントに適用することはできません。バイの数は累計されません。あるプレイヤーが複数のバイをもらった場合、最大数が適用されます。)

3ラウンドバイ

プロクラブ のレベルが4以上のプレイヤー。 DCI総合(Total)レーティングが2050以上のプレイヤー。レーティングによるバイの計算は、グランプリの直前の水曜日(2009年8月26日)のDCIレーティングに基づきます。. DCI限定(Limited)レーティングが2000以上のプレイヤー。バイは繰り下がりしません。レーティングによるバイの計算は、グランプリの直前の水曜日(2009年8月26日)のDCIレーティングに基づきます。. グランプリ新潟トライアル大会の優勝者。


2ラウンドバイ


プロクラブ のレベルが2か3のプレイヤー。
DCI総合レーティングが1950以上のプレイヤー。レーティングによるバイの計算は、グランプリの直前の水曜日(2009年8月26日)のDCIレーティングに基づきます。
DCI限定レーティングが1900以上のプレイヤー。バイは繰り下がりしません。レーティングによるバイの計算は、グランプリの直前の水曜日(2009年8月26日)のDCIレーティングに基づきます。

1ラウンドバイ

プロクラブ のレベルが1のプレイヤー。 DCI総合レーティングが1850以上のプレイヤー。レーティングによるバイの計算は、グランプリの直前の水曜日(2009年8月26日)のDCIレーティングに基づきます。 DCI限定レーティングが1800以上のプレイヤー。バイは繰り下がりしません。レーティングによるバイの計算は、グランプリの直前の水曜日(2009年8月26日)のDCIレーティングに基づきます。

併催イベント

グランプリ新潟本戦に参加するすべてのプレイヤーは、グランプリ開催中に開催される8人大会に使える¥200の割引券をもらいます。(割引券は1人に1枚、1回の参加に対して有効です。)

グランプリ新潟の開催中、8人大会の受付は随時行います。同じフォーマットに参加を希望されるプレイヤーが8人揃えば、大会は即時開催されます。すべての8人大会はDCI認定大会となります。参加費はブースタードラフトで¥1200、構築戦では¥500となります。(ブースタードラフトのフォーマットは、アラーラの断片・コンフラックス・アラーラ再誕かマジック基本セット2010x3個となります。)

グランプリ新潟の開催中、カジュアルプレイのテーブルにて何と未発売のマジック製品のデモが随時行われる予定です!会場内のアナウンスに注意して、この機会をお見逃しなく!


新潟オープンスタンダード大会 株式会社 ミント賞賛トーナメント

8月29日(土)
受付:12:30-13:00, ¥2000
フォーマット:スタンダード構築、上位8名によるシングルエリミネーション決勝戦のあるスイス回戦式
新潟オープンスタンダード大会の優勝者には、マジック2010収録の《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》、《氷河の城砦/Glacial Fortress》、《根縛りの岩山/Rootbound Crag》、《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》、《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》カード4枚ずつが贈られます。準優勝者には上記のカード2枚ずつ、3・4位のプレイヤーそれぞれには上記のカード1枚ずつが贈られます。さらに、優勝者にはコシヒカリ10kg、2位〜8位の入賞者それぞれにはコシヒカリ5kgが贈られます。8位以下の上位プレイヤーに、副賞としてマジック2010のブースターパックが与えられます。
注意:参加人数により、決勝戦が日曜日に行われる可能性があります。

原画争奪大会

8月30日(日) 受付:09:30-10:00, ¥1500 フォーマット:スタンダード構築、上位8名によるシングルエリミネーション決勝戦のあるスイス回戦式 原画争奪大会の優勝者には、マジック基本セット2010収録の《稲妻/Lightning Bolt》の原画が作者のクリストファー・モーラーより表彰されます。その他の上位入賞者には賞品としてマジック基本セット2010ブースターパックが配布されます。

プロツアー・オースティン予選

8月30日(日) 受付:29日(土)17:00〜GP本戦終了、¥2000 フォーマット:スタンダード構築、上位8名によるシングルエリミネーションのあるスイス回戦式 優勝者は、プロツアー・オースティンの参加権利および開催地までの往復航空券を贈られます。その他の上位入賞者には賞品としてマジック基本セット2010ブースターパックが与えられます。


www.gamingetc.com 賞賛プレーンズウォーカーカップトーナメント


8月30日(日)
受付:09:00-09:30, ¥2500
フォーマット:マジック2010シールドデッキ戦、上位8名によるブースタードラフトのシングルエリミネーション決勝戦のあるスイス回戦式
トーナメントの優勝者には、 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》、《求道者テゼレット/Tezzeret the Seeker》、《プレインズウォーカー、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, Planeswalker》、《サルカン・ヴォル/Sarkhan Vol》、《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》、《黄金のたてがみのアジャニ/Ajani Goldmane》、《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren》、《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess》、《チャンドラ・ナラー/Chandra Nalaar》、《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》箔押し仕様(フォイル)カード4枚ずつが贈られます。順優勝者には、上記のフォイルでないカード4枚ずつが贈られます。3位の入賞者には、アラーラブロック収録のプレーンズウォーカーカード4枚ずつ、4位の入賞者には、ローウインブロック収録のプレーンズウォーカーカード4枚ずつがおくられます。他の上位入賞者には、副賞としてマジック2010のブースターパックが与えられます。

アーティストサイン会

来日アーティスト:クリストファー・モーラー(Christopher Moeller)

グラフィックノベルのライターかつペインターとして 1991 年よりペンシルバニア州ピッツバーグに構えるアトリエにて活動。最新作は DC コミックのグラフィックノベル「JLA: A League of One」と「JLA: Cold Steel」。自作のグラフィックノベルである 「The Iron Empires」 は2007 年秋にロールプレイングゲーム Burning Empire として発売されている。現在は「The Iron Empires」3作目を執筆中。ウォーゲームの大ファンであり、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社、OSG、White Wolf、FASA、 Wiz Kids、Columbia Games など様々なゲーム制作会社にイラストを提供している。
クリストファー・モーラーによるマジック:ザ・ギャザリングカードイラスト
クリストファー・モーラーのウェブサイト

連絡先

イベントに関するお問い合わせは、ウィザーズ社日本組織化プレイマネージャーのロン・フォスター(ron.foster@wizards.com)まで。

| 次の記事: Round 2:藤田 憲一(東京) vs. 古田 祐介(長野)
イベントカバレージ/グランプリ新潟09 一覧に戻る

イベントカバレージ