マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 4:浅原 晃(神奈川) vs. 石川 錬(神奈川)

Round 4:浅原 晃(神奈川) vs. 石川 錬(神奈川)

By Daisuke Kawasaki

 ついに不戦勝3ラウンドがあけ、日本中の、いや、世界中の強豪の面々がすべて勢揃いすることとなった。

 魅力的なマッチアップ溢れるこのラウンドからは、英語版カバレージチームBill Starkの推薦で「歴史と伝統の男」浅原 晃(神奈川)と2007年日本選手権準優勝の石川 錬(神奈川)によるマッチアップがフィーチャリングエリアに呼び出されることとなった。

photo01

 なお、このふたりと、隣の席でフィーチャリングされている八十岡 翔太は「ラッシュ」こと高橋 純也(神奈川)のとりまきとも言える組織、高橋 純也を大いに盛り上げるの団、略して「ラッシュ四天王」のメンバーとして、日頃から切磋琢磨しているチームメイト同士である。

 勝手に四天王をつくられて高橋としてはいい迷惑だろうが、それはさておき、そろってフィーチャリングされるほどに注目の選手たちであることは間違いない。

 それでは、プロの美技によいしれよう。

Game 1

 ダイスロールに勝利した浅原は後手を選択。

ir  先手石川が3枚の《山/Mountain》を並べる向こうで、浅原は《広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse》で2枚目の《平地/Plains》をサーチしての《古参兵の剣鍛冶/Veteran Swordsmith》。さらに《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》を続けるが、土地が3枚で止まってしまっている。

 一方の石川は、《チビ・ドラゴン/Dragon Whelp》を4ターン目に召喚。そして、続くターンには3点分火を噴き、5点の大ダメージ。

 この《チビ・ドラゴン/Dragon Whelp》には《平和な心/Pacifism》な心で対応する浅原。返しで石川は「すいません、考えます」と長考。そして、長考の末にキャストされたのは我らがヒーロー《ルーン爪の熊/Runeclaw Bear》。ここで《山/Mountain》2枚と《沼/Swamp》と意味深にマナを残してターンを終了する。

 さて、ここでやっと4枚目の土地にアクセスした浅原がキャストしたのが《守護熾天使/Guardian Seraph》。そう、浅原の2枚目の《平地/Plains》サーチはこのための伏線だったといっていいだろう。

 だが、この浅原の秘密兵器を石川は全力の《暴風/Windstorm》で除去、ついでに《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》までながされたことで、戦場は《古参兵の剣鍛冶/Veteran Swordsmith》と《ルーン爪の熊/Runeclaw Bear》のにらみ合いとなる。

 この均衡を崩すべく、浅原は《ゴルゴンのフレイル/Gorgon Flail》を《古参兵の剣鍛冶/Veteran Swordsmith》に装備させて攻撃。石川は《酸のスライム/Acidic Slime》で《ゴルゴンのフレイル/Gorgon Flail》を破壊、逆に主導権を握る。

 《血の峠の狂戦士/Berserkers of Blood Ridge》をキャストし、天秤のバランスをとろうと画策した浅原だったが、ここで石川は満を持しての《蟻の女王/Ant Queen》。

 このままでは《血の峠の狂戦士/Berserkers of Blood Ridge》が《蟻の女王/Ant Queen》につっこみでっかい最悪となる浅原。まずは、《古参兵の鎧鍛冶/Veteran Armorsmith》をキャストする。

浅原 「ゴッド・リンク!」

 ゴッド・リンクしても能力は特に増えないが、《紅蓮地獄/Pyroclasm》に耐えることはできる。そう、浅原は、《蟻の女王/Ant Queen》読み切って、《紅蓮地獄/Pyroclasm》がまだはいる。

石川 「うわ、マジでキツイ」

 《蟻の女王/Ant Queen》では割の合わないブロックとなってしまうため、浅原がアタックし《血の峠の狂戦士/Berserkers of Blood Ridge》と《古参兵の剣鍛冶/Veteran Swordsmith》を石川はブロックできない。

 ライフを一気に5点まで詰められた石川は、まずは《エルフの幻想家/Elvish Visionary》をキャスト、さらに《命取りの出家蜘蛛/Deadly Recluse》をキャストして、《蟻の女王/Ant Queen》でアタック。

 そしてキャストされた《マグマのフェニックス/Magma Phoenix》には対処してもしなくても負けてしまう場を構築されてしまったのだった。

浅原 1-0 石川

Game 2

石川 「僕は愚直なくらい先手なんで」

 後手の浅原がキャストした《命取りの出家蜘蛛/Deadly Recluse》がビートを刻むが、ここで石川は《覚醒のドルイド/Awakener Druid》による強烈な一撃を叩き込む。

 続いて浅原は《尊き一角獣/Prized Unicorn》をキャスト。さらにお互いが《暴走するサイ/Stampeding Rhino》をキャストする。このままうっかり膠着すると《尊き一角獣/Prized Unicorn》で大変な事になる石川。《暴走するサイ/Stampeding Rhino》と《覚醒のドルイド/Awakener Druid》でクリーチャー化している《森/Forest》でアタック。

 ここで《命取りの出家蜘蛛/Deadly Recluse》と《暴走するサイ/Stampeding Rhino》で《暴走するサイ/Stampeding Rhino》をブロックした浅原。石川はダメージを《命取りの出家蜘蛛/Deadly Recluse》に割り振る。

 そして《蟻の女王/Ant Queen》をキャストする。

 浅原が、《蟻の女王/Ant Queen》読み切って《尊き一角獣/Prized Unicorn》のアタックで《蟻の女王/Ant Queen》ブロックで、《稲妻/Lightning Bolt》がまだはいる。

石川 「うわー、マジできちぃ...」

 と石川は《樫変化/Oakenform》を《覚醒のドルイド/Awakener Druid》にエンチャントし、最後の手段、浅原のライフを2ターンクロックで削りにかかる。

 そして、そのプランは正解なのであった。

石川 「手札ランドだけでした?」

浅原 「それはおしえられねぇな」

浅原 1-1 石川

Game 3

aa 先手の石川はマリガンスタートながら、2ターン目《ルーン爪の熊/Runeclaw Bear》3ターン目《放蕩紅蓮術士/Prodigal Pyromancer》という立ち上がりで一気にプレッシャーをかけに行く。

 対して浅原は《紅蓮地獄/Pyroclasm》で一気に盤面をリセットする。

 ここで石川は《大貂皮鹿/Great Sable Stag》をキャストし、さらに浅原のキャストした《尊き一角獣/Prized Unicorn》を《稲妻/Lightning Bolt》で除去と一気にプレッシャーを与えていく。

 そして、だめ押しの《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》!

 だが、浅原は慌てず《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》を《稲妻/Lightning Bolt》で対処。そして石川がゴブリントークンに《樫変化/Oakenform》をエンチャントしてアタックしてきたのを《巨大化/Giant Growth》で対処する。

 さらに《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》に《ゴルゴンのフレイル/Gorgon Flail》が装備されてしまうと、石川の戦場に並ぶクリーチャーたち、すなわち2体のゴブリントークンと《大貂皮鹿/Great Sable Stag》はアタックできなくなってしまう。

 とはいえ、飛行・警戒と素敵な組み合わせの能力をもった《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》に殴られ続けるわけにも行かない石川は、2枚目の《樫変化/Oakenform》をトークンにエンチャントしてさらにアタック。

 この攻撃は通ったのだが、浅原はさらなる装備品として《魔道士封じの鎧/Magebane Armor》をキャストし装備させる。

 さらに石川の残り1枚の手札に対して不測の事態がないようにと、ゴブリントークンへ《平和な心/Pacifism》。

 しかし、この《魔道士封じの鎧/Magebane Armor》が石川を逆に助けることとなる。

 飛行を失うことで、ゴブリントークンがチャンプブロックを繰り返し、稼いだ時間が石川に《マグマのフェニックス/Magma Phoenix》を与える。そして、さらなるチャンプブロッカー製造器として《蟻の女王/Ant Queen》が登場。飛行でクロックを刻まれつつ、浅原の攻勢を無効化する。

 とはいえ、浅原は2枚目のクリーチャーを引けば良いだけの話。《暴走するサイ/Stampeding Rhino》をキャストし、《魔道士封じの鎧/Magebane Armor》をこちらの装備し直させる。

 ここで石川は、圧倒的なほどに長く時間をかけて考え、そして、ゆっくりと《マグマのフェニックス/Magma Phoenix》をタップする。

 これを浅原は《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》でブロック、さらに《巨大化/Giant Growth》を使用することで、《マグマのフェニックス/Magma Phoenix》の能力もからめて相打ちに持ち込むと、自身のライフを2にしながらも石川のライフを3まで追い詰める。

 ここで盤面は、《蟻の女王/Ant Queen》と《魔道士封じの鎧/Magebane Armor》を装備した《暴走するサイ/Stampeding Rhino》のみとなる。《暴走するサイ/Stampeding Rhino》に《ゴルゴンのフレイル/Gorgon Flail》を装備させアタック。

 トークンを出し、《蟻の女王/Ant Queen》だけでブロックすれば返しで勝てるものの、浅原が何かを持っているだけで敗北するという非常に微妙な場。

 ここで石川は長考の後に、《蟻の女王/Ant Queen》だけでブロックする事を選択する。
浅原 1-2 石川

前の記事: Round 3:鍛冶 友浩(埼玉) vs. Chao Peter(台湾) | 次の記事: Round 4:三原 槙仁(千葉) vs. 八十岡 翔太(東京)
イベントカバレージ/グランプリ新潟09 一覧に戻る

イベントカバレージ