マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 6:栗原 伸豪(東京) vs. 千葉 晶生(北海道)

Round 6:栗原 伸豪(東京) vs. 千葉 晶生(北海道)

By Kazumasa Koji

 栗原といえば、先日バンコクにて行われたGPで見事優勝を果たしたのが記憶に新しい。GPバンコクのレギュレーションもM10リミテッドで、この環境の理解度と腕前は間違いなくワールドクラスだ。今日もバンコクでの勢いそのままに、強烈な青赤デッキで無傷の連勝を続けている。

photo01

 そんな地球人最強プレイヤーの向かい側に座るのは、違うベクトルで一部マニアの間でのみ有名な千葉。直前トライアルでは、レアが『土地3枚、《変身/Polymorph》、《ダークスティールの巨像/Darksteel Colossus》、他の青が弱い《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren》』でアンコモンも微妙という強くないパックを引き、その上デッキ構築をミスしながらも、要所で相手が土地事故を起こして5-0で突破したというエピソードがある。こちらも昨日の勢いのままに連勝中だ。

 お互いが波に乗っているプレイヤーだが、6-0に進むのは真に実力があり運も味方につけた栗原か、それとも「俺最強の武器はデスカット」と言ってのける千葉か。

Game 1

fujita ダイスロールで勝った栗原が後手を選ぶ。先攻の千葉はテイクマリガン後の手札を長考してからキープ。しかし、かなりブラフを多用するプレイヤーだけに手札が悪いとは限らない。

 栗原は3枚の《島/Island》をタップして《風のドレイク/Wind Drake》、次のターンは土地を置かずに《霜の壁/Wall of Frost》を召喚してターン終了。栗原の土地が止まっていると見た千葉は《霜の壁/Wall of Frost》に《破門/Excommunicate》を唱えて、栗原を更に1ターン遅らせる。

 そんな栗原を尻目に、千葉はナヤカラーの3色をノンストップで揃え、5ターン目には《セラの天使/Serra Angel》を召喚する。栗原は《島/Island》が3つ立っていたが、《本質の散乱/Essence Scatter》も《取り消し/Cancel》も無かったらしく、天使が戦場に舞い降りる。

 1度《セラの天使/Serra Angel》の攻撃を通した後、《風のドレイク/Wind Drake》でのブロックとようやく引いた山からの赤マナで《稲妻/Lightning Bolt》を唱え、《セラの天使/Serra Angel》は墓地へ送られた。加えて《紅蓮地獄/Pyroclasm》で千葉の地上戦力を一掃する。

 これには千葉も苦い顔。《霜の壁/Wall of Frost》がうっとおしい千葉は、召喚した《棘茨の忍び寄るもの/Bramble Creeper》の攻撃と、こちらも《稲妻/Lightning Bolt》で《霜の壁/Wall of Frost》を壊そうとするが、栗原の《否認/Negate》がそうはさせない。

 序盤土地が伸びず苦しかった栗原も徐々に土地が並び、5枚になった所で《大気の精霊/Air Elemental》が登場した。後続も対空の手段も無かった千葉は、そのまま4/4飛行に打ち倒された。

栗原 1-0 千葉

Game 2

 《アンデッドを屠る者/Undead Slayer》をサイドアウトして、更なるファッティである《棘茨の忍び寄るもの/Bramble Creeper》を1枚追加した千葉は先攻を取ったが、またもマリガンに見舞われてしまう。だが今回は6枚のハンドをあまり悩まずにキープ。栗原はマリガン無しでのスタートとなった。

 3ターン目に《国境地帯のレインジャー/Borderland Ranger》を召喚して、土地はまた3色揃ったものの、4ターン目のアクションが《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》ではお世辞にもいい展開とは言えない。

 栗原の初動も遅く4ターン目の《稲妻の精霊/Lightning Elemental》。これが《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》と相打った後、千葉は《暴走するサイ/Stampeding Rhino》を召喚する。すかさず栗原は《精神の制御/Mind Control》で奪ったが、《破門/Excommunicate》が《暴走するサイ/Stampeding Rhino》を正気に戻して事無きを得た千葉。

 が、ここからは栗原が確実に千葉の攻撃を全て捌いていく。《大気の精霊/Air Elemental》2体は千葉のクリーチャーと相打ちにし、《夜の群れの雄叫び/Howl of the Night Pack》で2/2を3体だすと《紅蓮地獄/Pyroclasm》で全て吹き飛ばす。

chiba そしてまっさらになった戦場に《風のドレイク/Wind Drake》と《焦熱のヘルハウンド/Fiery Hellhound》を加えての猛攻に出る栗原。その上《思考の泉/Mind Spring》で7枚のドロー、《チャンドラ・ナラー/Chandra Nalaar》に《噛みつきドレイク/Snapping Drake》とプレイされてしまっては。

千葉 「次元が違う......」

 と、完敗を認め放心するしかない千葉であった。

 実は《チャンドラ・ナラー/Chandra Nalaar》が2枚入っていて、会場内でトップ3に入るだろうと言われるデッキを巧みに操る栗原 伸豪が、まずは2日目へあと1勝と迫る。

栗原 2-0 千葉

前の記事: Day 1 Photo Blog | 次の記事: Round 7:齋藤 友晴(東京) vs. Olivier Ruel(フランス)
イベントカバレージ/グランプリ新潟09 一覧に戻る

イベントカバレージ