マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 10:大塚 高太郎(神奈川) vs. 植田 勝也(愛知)

Round 10:大塚 高太郎(神奈川) vs. 植田 勝也(愛知)

By Daisuke Kawasaki

 プレイヤーたちの運命を決定づける、といっても過言では無い第1ドラフトが終了し、ついに二日目のスイスラウンドが開始する。

 普段であれば、全勝者による対決をお送りするところなのだが、ここは趣向を変えて、2敗対決のマッチアップをフィーチャリングしよう。

 さて、昨年末のThe Finalsやグランプリ・神戸を例に挙げるまでもなく、東海地区、特に愛知が今シーズンもっとも勢いがある地域である事に異論はないだろう。

 そんな東海地区のプレイヤーの中でも、いまや1・2を争う実力派と目されているのが植田 勝也(愛知)である。筆者は、個人的には2007年のThe Limitsで取材させていただいたのだが、平島と並び、抜きんでた実力を持っていたのが印象深い。

photo10

 だが、対戦相手は、関東現役プレイヤー最強との噂もある大塚 高太郎(神奈川)である。

 なお、今でこそ神奈川は古淵のプレイヤーとしてよく知られる大塚であるが、ブレイクのきっかけとなった日本選手権優勝時は、植田と同じく愛知のプレイヤーであった。

 まさしく同郷対決となったこの対戦。

 ここでの1敗が大きく響く対戦だけに、緊張感のあるデュエルが期待できるだろう。

Game 1

 後手大塚の《目潰しの魔道士/Blinding Mage》がファーストアクション。この《目潰しの魔道士/Blinding Mage》が返しで植田のキャストした《風のドレイク/Wind Drake》を押さえるのだが、植田はさらに追加で《噛みつきドレイク/Snapping Drake》をキャストする。

 しかし、大塚は《ゴルゴンのフレイル/Gorgon Flail》をキャストするターンを挟んでの《大蜘蛛/Giant Spider》。さらに《ゴルゴンのフレイル/Gorgon Flail》とのコンボが期待できる《尊き一角獣/Prized Unicorn》を戦場に追加する。

 飛行は完全に止まった上に、将来的には盤面の優位を持っていかれそうな植田は、《ゴルゴンのフレイル/Gorgon Flail》をキャストした上で、《予言/Divination》をキャストし、解決策を模索する。

 一方の大塚は、2枚目の《目潰しの魔道士/Blinding Mage》を追加し、さらに盤面を盤石なものとする。

 ゲームが長引けば長引くほど不利になる展開が見える植田。

 しかし、できる事は《角海亀/Horned Turtle》をキャストし、《ゴルゴンのフレイル/Gorgon Flail》を装備させることくらい。ここで大塚は《ゴルゴンのフレイル/Gorgon Flail》を装備した《尊き一角獣/Prized Unicorn》でアタックし、接死によって《角海亀/Horned Turtle》と《噛みつきドレイク/Snapping Drake》を破壊する。

 そして、《棘茨の忍び寄るもの/Bramble Creeper》を戦場に追加する。

 植田は、《風のドレイク/Wind Drake》の2体目をキャスト。大塚が《大蜘蛛/Giant Spider》に《ゴルゴンのフレイル/Gorgon Flail》を装備させ、攻撃してきた返しに《睡眠/Sleep》をキャストし、必死に時間を稼ぐ。

 しかし、大塚のクリーチャーが目を覚ますのを待つまでもなく、植田はカードを片付けたのだった。

大塚 1-0 植田

Game 2

 先手植田の《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter》に対して、大塚は《不屈の自然/Rampant Growth》でマナを伸ばす。

 対して、植田は、《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter》を起動しているにもかかわらず、土地を引けない。

 その間に大塚は《カミソリ足のグリフィン/Razorfoot Griffin》をキャストする。2倍のスピードでライブラリーを掘り進めている植田は、3枚目の土地を引き、植田のアタックをブロックした《カミソリ足のグリフィン/Razorfoot Griffin》を《安全な道/Safe Passage》で討ち取る。

 だが、大塚の後続が止まらない。

 大塚はさらに《棘茨の忍び寄るもの/Bramble Creeper》をキャストすると、5ターン目には6マナで強力エンチャント《隠れ潜む捕食者/Lurking Predators》をキャストする。

 変わらず3マナながら《風のドレイク/Wind Drake》2枚のおかげでダメージレースに持ち込めそうな植田だけに、この呪文のキャストがアドバンテージにつながる可能性があるエンチャントはかなり厳しい。

 植田のキャストによって公開された大塚のライブラリー一番上は《踏み荒らし/Overrun》。

 4枚目の土地をなんとか引き当てていた植田は、起死回生の《睡眠/Sleep》で大塚のクリーチャーをタップし、時間を稼ごうとした。

 だが、時間を稼ぐ事に成功したとしても、その後の展望が無いのならば、ゲームに勝利する事は難しいのだった。

大塚 2-0 植田

前の記事: クイックインタビュー:Q3:あなたが過去に訪問して素晴らしかった国はどこですか? | 次の記事: Round 11:石川 錬(神奈川) vs. 井上 徹(福岡)
イベントカバレージ/グランプリ新潟09 一覧に戻る

イベントカバレージ