マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 12:栗原 伸豪(東京) vs. 石川 錬(神奈川)

Round 12:栗原 伸豪(東京) vs. 石川 錬(神奈川)

By Kazumasa Koji

kurir


栗原 「何色?」

石川 「俺? みどり、緑」

栗原 「《踏み荒らし/Overrun》カットしたんだけど......」

石川 「ああ、俺《踏み荒らし/Overrun》流したよ」

栗原 「マジで!? それ流して何取ったのか全然解んねぇ......」

Game 1

 ダイスロールで勝った栗原が7枚の手札で先攻。《銀毛のライオン/Silvercoat Lion》《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》《角海亀/Horned Turtle》《守護熾天使/Guardian Seraph》とテンポ良く並べる事が出来て、デッキの勝ちパターンに噛み合った展開だ。

 石川は1ターン目に《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》、4ターン目に《暴走するサイ/Stampeding Rhino》という重めの動きで、ここまでの間にかなりのライフを失ってしまった。

 残りライフ2になった石川は、なんとか《絡め取る蔦/Entangling Vines》で《守護熾天使/Guardian Seraph》を止め、《命取りの出家蜘蛛/Deadly Recluse》もプレイして、栗原のクロックを押し留める事に成功する。

 1体目の《暴走するサイ/Stampeding Rhino》は《氷の牢獄/Ice Cage》で無力化されたものの、2体目の《暴走するサイ/Stampeding Rhino》と《超大なベイロス/Enormous Baloth》が戦線に加わって反撃開始だ。

 栗原は《大気の精霊/Air Elemental》を召喚するが、石川の《命取りの出家蜘蛛/Deadly Recluse》が邪魔で攻撃できず、返しの7/7と4/4トランプルの攻撃を受ける。

 その上2枚目の《命取りの出家蜘蛛/Deadly Recluse》まで戦場に出てしまうと、あと2点の石川のライフが遠い。

 押せ押せの石川は《夜の群れの雄叫び/Howl of the Night Pack》で2/2を3体追加してから、次のターンに6体のクリーチャーで栗原を攻撃。相手のクリーチャーをなるべく減らすようにブロックを割り当てた後に《安全な道/Safe Passage》を唱えて、自軍のみ守ろうと試みた。これを見た石川は瞬時に《取り消し/Cancel》をプレイマットに叩きつける。

 しかし、栗原も呼応するかのように《取り消し/Cancel》を唱えて、《安全な道/Safe Passage》が解決され、石川のクリーチャーのみが倒されてしまう。《命取りの出家蜘蛛/Deadly Recluse》が健在な為、今すぐに死んでしまう事は無いのだが、なるべく早く決着をつけないと、数で押されてしまい残りたった2のライフが守れなくなる恐れがあるのだ。

 ここで石川が唱えた呪文は《空中浮遊/Levitation》だった。7/7や4/4トランプルが空を飛んで数回攻撃に参加すると、さすがの栗原もどうしようもない。
 
 石川、鮮やかな逆転劇。

栗原 0-1 石川

Game 2

 石川は重過ぎると考えたのか、《夜の群れの雄叫び/Howl of the Night Pack》を抜いて《氷の牢獄/Ice Cage》対策に《魅惑するセイレーン/Alluring Siren》をサイドインした。が、これは勘違いで、《魅惑するセイレーン/Alluring Siren》の能力は対戦相手のクリーチャーしか対象に取れない。(石川「セイレーン引かなくて良かった!」)

 石川はまたも《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》スタート。そして2ターン目にも《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》でマナを確保した。

 栗原は4ターン目まで何も出さず、《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》2枚に殴られ続ける展開だ。《命取りの出家蜘蛛/Deadly Recluse》を《本質の散乱/Essence Scatter》してから、5ターン目にやっと《風のドレイク/Wind Drake》を召喚することが出来た。次のターンにもう一枚の《風のドレイク/Wind Drake》と、更に次のターンにはやっと《守護熾天使/Guardian Seraph》の加護を得て、敵の攻勢に待ったをかける。

 だが石川は先ほどのゲームを決めた《空中浮遊/Levitation》を貼ってから、

 《超大なベイロス/Enormous Baloth》は、栗原に《取り消し/Cancel》された。
 《超大なベイロス/Enormous Baloth》は無事に戦場に出て、
 《超大なベイロス/Enormous Baloth》まで追加された!

 そう、石川のデッキにはなんと3枚の《超大なベイロス/Enormous Baloth》が。《空中浮遊/Levitation》が出ているので、2体の7/7飛行が栗原を襲う。

 《魂の管理人/Soul Warden》と、《守護熾天使/Guardian Seraph》の効果もパワー7の前では焼け石に水となってしまった。

栗原 0-2 石川

栗原 「《踏み荒らし/Overrun》流して何取ったの?」

石川 「《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》」

栗原 「すげぇな......」 

photo01

石川のデッキ

前の記事: ヘッドジャッジインタビュー:David Vogin | 次の記事: クイックインタビュー:Q4:マジックで勝つために必要な事を一言に凝縮すると?
イベントカバレージ/グランプリ新潟09 一覧に戻る

イベントカバレージ