マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 14:渡辺 雄也(神奈川) vs. 中村 肇(東京)

Round 14:渡辺 雄也(神奈川) vs. 中村 肇(東京)

By Kenji Suzuki

 現在のところ3敗と、お互いここで勝つとかなりベスト8の確率が高くなるだけに、なんとか勝っておきたいところ。

 ちなみに、同じ関東からのプレイヤーであるこの両者は普段から関東の草の根トーナメントなどで交流のある間柄であり、デッキをシャッフルしている間も楽しげな会話が続く。「握手の写真を」と言われて、「握手じゃないとだめですか!?」などという答えが両者から返ってくるのも、「ケンカをするほど仲がいい」とも言うし、仲のいい証拠といったところか?

pwc

Game 1

kakao 中村がダイスロールで勝ち、先手を選ぶ。マリガンはなし。渡辺が2ターン目にまず《血の署名/Sign in Blood》で動く。実は渡辺のデッキ、クリーチャーの数が極端に少なく、カードドローや除去などの呪文が満載の黒単色デッキである。

 一方の中村は《古参兵の剣鍛冶/Veteran Swordsmith》。対象的に場にクリーチャーが出てこない渡辺、今度は《精神腐敗/Mind Rot》で、中村の手札から《炎の壁/Wall of Fire》と土地が落ちる。中村は攻撃の後《チビ・ドラゴン/Dragon Whelp》を追加。ここで渡辺が場に出せるのは《グレイブディガー/Gravedigger》と、カードアドバンテージは得ているものの、場的には厳しい展開。

 その《グレイブディガー/Gravedigger》は《古参兵の剣鍛冶/Veteran Swordsmith》と相打ちを取るものの、場には2体目の《チビ・ドラゴン/Dragon Whelp》が。渡辺のデッキはクリーチャーがかなり少ないので、こういう場面で《魂の消耗/Consume Spirit》などの除去を引いてこないと厳しい。なんとか何か引いてこようと、再び《血の署名/Sign in Blood》を使用するが、ライフはどんどん減っていく。《強迫/Duress》を使用するが、相手の手札には《シヴ山のドラゴン/Shivan Dragon》と《地鳴りの一撃/Seismic Strike》と、かえって絶望的な未来が映し出される結果になってしまう。

 渡辺は黒騎士を出してターンを返すが、中村のクリーチャー攻勢は続く。追加で《カミソリ足のグリフィン/Razorfoot Griffin》まで出てきてしまい、渡辺は相手の飛行部隊を止める手段は結局手に入れられず、1ゲーム目は中村が押し切った。

中村 1-0 渡辺

Game 2

nabe 先手を選択した渡辺、1ゲーム目は黒単色のスペル中心でありながら、除去らしい除去を引いてこれなかったが、ここで挽回なるか。まずは渡辺が《強迫/Duress》で先制。中村の手札から《平和な心/Pacifism》が落ちる。しかしそのほかのカードといえば、《シヴ山のドラゴン/Shivan Dragon》だの、《チビ・ドラゴン/Dragon Whelp》だの、《カミソリ足のグリフィン/Razorfoot Griffin》だの、よりどりみどり。

 3ターン目に渡辺は《立ちはだかる影/Looming Shade》。黒単の威力が発揮されるクリーチャーだ。3ターン目に何も出せない中村の場を、5/5の影が走り抜ける。返しで《チビ・ドラゴン/Dragon Whelp》が出てくるも、影の巨大化はとまらない。

 再び今度は6/6でダメージを与える。返しで中村の《チビ・ドラゴン/Dragon Whelp》が殴り、1/4が出てくる。1/4が《立ちはだかる影/Looming Shade》をチャンプブロックし、《チビ・ドラゴン/Dragon Whelp》は《暗殺/Assassinate》される。まだまだ渡辺の《立ちはだかる影/Looming Shade》が威力を発揮している。

 しかしながらここで沼を全部タップしてしまっていた渡辺に対して、中村は《火花魔道士の弟子/Sparkmage Apprentice》をプレイ。虎の子の《立ちはだかる影/Looming Shade》が戦場から退場し、一気にここから情勢は中村へと傾いていく。再び2体目の《立ちはだかる影/Looming Shade》を渡辺はプレイするも、すかさず《稲妻/Lightning Bolt》で対処されてしまう。

 ここから中村のクリーチャー攻勢が再び始まる。《古参兵の剣鍛冶/Veteran Swordsmith》《峡谷のミノタウルス/Canyon Minotaur》《古参兵の剣鍛冶/Veteran Swordsmith》と、気づくと再び戦場には中村のクリーチャー軍団が。一方の渡辺は唯一のクリーチャーである《蠢く骸骨/Drudge Skeletons》で何とかしのぐのが精一杯。

 何とか粘ろうとした渡辺であったが、最後は《溶岩の斧/Lava Axe》で押し切られてしまった。黒単の利点を利用して相手のクリーチャーに対処するべく奮闘した渡辺だったが、結局中村の手札から次々と繰り出される有能なクリーチャー軍団に押し切られることとなった。

渡辺 「土地引きすぎた・・・」

中村 1-1 渡辺

前の記事: Round 14:黒田 正城(大阪) vs. 栗原 伸豪(東京) | 次の記事: Round 15:植田 勝也(愛知) vs. 中村 修平(東京)
イベントカバレージ/グランプリ新潟09 一覧に戻る

イベントカバレージ