マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 15:植田 勝也(愛知) vs. 中村 修平(東京)

Round 15:植田 勝也(愛知) vs. 中村 修平(東京)

By Kazumasa Koji

uedanac

 両者ともTop8に入る為には、このマッチに勝った上で更に上位陣の動向にも左右されるという、かなり厳しい状況となっている。しかし、1点でも多くのプロポイントを獲得したいと語っていた中村は勿論、植田も負けていい理由は全く無い。

 とはいえ比較的和やかな雰囲気の中で、ゲームがスタートした。

 植田は緑白、中村は青白だ。

Game 1

 お互いにマリガンなし。

 植田は2ターン目に《ルーン爪の熊/Runeclaw Bear》、4ターン目にフルタップで《棍棒のトロール/Cudgel Troll》を召喚、そして《嵐前線のペガサス/Stormfront Pegasus》で攻め立てる。

 対する中村は《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter》でドローを進めながら、《古参兵の剣鍛冶/Veteran Swordsmith》と《幻影の戦士/Phantom Warrior》、そして《包囲マストドン/Siege Mastodon》を送り出した。

 《幻影の戦士/Phantom Warrior》は《ルーン爪の熊/Runeclaw Bear》と相打ち、《包囲マストドン/Siege Mastodon》は《棍棒のトロール/Cudgel Troll》+《栄光の突撃/Glorious Charge》で墓地へと送られてしまう。

 更なる《棍棒のトロール/Cudgel Troll》《嵐前線のペガサス/Stormfront Pegasus》での攻撃に対して、《嵐前線のペガサス/Stormfront Pegasus》を先程召喚した《噛みつきドレイク/Snapping Drake》でブロックすると、中村は《危害のあり方/Harm's Way》を唱えた。

 対象を《嵐前線のペガサス/Stormfront Pegasus》とするが、植田は《巨大化/Giant Growth》で《嵐前線のペガサス/Stormfront Pegasus》を守りつつ《噛みつきドレイク/Snapping Drake》を倒す事に成功する。

 このままでは厳しい中村は《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren》に助力を求め、2番目の能力で自分だけカードを1枚引いてから《風のドレイク/Wind Drake》を戦場に出してターン終了を宣言。

 植田は中村の土地がフルタップなのを確認してから、《踏み荒らし/Overrun》でゲームを決めた。

植田 1-0 中村

Game 2

 植田は《魂の管理人/Soul Warden》《ルーン爪の熊/Runeclaw Bear》《命取りの出家蜘蛛/Deadly Recluse》を並べるが、4-5ターン目には何もせずにエンド宣言。

 中村の《幻影の召使い/Illusionary Servant》《包囲マストドン/Siege Mastodon》の攻撃を、ブロック宣言前に《安全な道/Safe Passage》かどうか確認してから、《命取りの出家蜘蛛/Deadly Recluse》で《幻影の召使い/Illusionary Servant》をブロックして接死能力で邪魔な飛行クリーチャーを打ち落とした。。
 
 ここまであまり手札を使えなかった植田は7マナまで到達すると、今までの鬱憤を晴らすかのように《夜の群れの雄叫び/Howl of the Night Pack》で4体の2/2を生み出し、《カロニアのビヒモス/Kalonian Behemoth》をも参戦させる。

 そしてまたもや放たれた《踏み荒らし/Overrun》。

植田 2-0 中村

前の記事: Round 14:渡辺 雄也(神奈川) vs. 中村 肇(東京) | 次の記事: Video:「ショート・インタビュー シールドで使いたいコモンTop3-後編」
イベントカバレージ/グランプリ新潟09 一覧に戻る

イベントカバレージ