マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝:石川 翔(東京) vs. 中村 肇(神奈川)

準々決勝:石川 翔(東京) vs. 中村 肇(神奈川)

By Daisuke Kawasaki

 グランプリ・新潟も残すところは決勝3ラウンド。

top

 ランダムシートによってマッチングされたのは、kakaoこと中村 肇(神奈川)と、石川 翔(東京)。

 東京在住という事もあって、関東草の根トーナメントでよく顔をあわせ、そして対戦した事も多いというふたり。

石川 「でも、ほとんど勝った事がなかったような...」

 果たして、石川は、この大舞台で一気に戦歴をひっくり返す事はできるのか。

Game 1

ishikawa 後手石川の《思案/Ponder》がファーストアクション。そして、石川は《目潰しの魔道士/Blinding Mage》をつなげる。

 対して、中村は《戦慄の魔術使い/Dread Warlock》をキャスト。さらに石川が追加した《幻影の召使い/Illusionary Servant》へと《衰弱/Weakness》をキャストし、自分の戦場には《角海亀/Horned Turtle》を追加する。

 だが、ここで石川が《幻影の戦士/Phantom Warrior》をキャストした事で、戦況に変化が訪れる。畏怖とアンブロッカブルと互いにブロックできない能力同士ながら、石川の戦場には《目潰しの魔道士/Blinding Mage》がおり、中村はどうしてもクロックで遅れをとらざるを得ない。

 《出征路のグール/Warpath Ghoul》を追加した中村だったのだが、石川は《守護熾天使/Guardian Seraph》をキャスト。ただでさえ不利なクロックがさらに不利となってしまう。

 盤面で不利ならば、枚数だ、とばかりに中村は《精神腐敗/Mind Rot》を石川に。小考の後に《氷の牢獄/Ice Cage》と《信仰の壁/Wall of Faith》をディスカードした石川は、《目潰しの魔道士/Blinding Mage》の2枚目を戦場に追加する。

 1点と5点のダメージレースの結果は火を見るよりも明らかであり、火を見ていた方がましな可能性まである。

 《ガーゴイルの城/Gargoyle Castle》でガーゴイルトークンを生み出し、ブロッカーにしたい中村だが、《目潰しの魔道士/Blinding Mage》がそれを許さない。

石川 1-0 中村

Game 2

 後手の石川がマリガン。

 2ターン目《物知りフクロウ/Sage Owl》、3ターン目《出征路のグール/Warpath Ghoul》と続ける中村だが、石川も《目潰しの魔道士/Blinding Mage》を場に出しているため、《物知りフクロウ/Sage Owl》だけが殴り続ける。

 ここで、《予言/Divination》によって枚数のアドバンテージをとり、それをボードに転換して一気に勝負を決めてしまいたい中村なのだが、《予言/Divination》で引いた2枚に土地はなく、3マナで止まってしまう。石川が戦場に《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》を追加したため、完全に場が膠着してしまう。

 一方の石川も追加の戦力を用意できるわけでは無く、《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》だけが延々と殴り続ける場。

 だが、中村が叩きつけるようにして引いたカードは、念願の4枚目の土地。タッチの《沼/Swamp》を置いてしまっている石川に《沼の悪霊/Bog Wraith》をキャスト、《目潰しの魔道士/Blinding Mage》の的となることで、他のクリーチャーによるダメージを通りやすくする。

 中村はさらに《ゴルゴンのフレイル/Gorgon Flail》を追加。《物知りフクロウ/Sage Owl》に装備させ、《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》ではブロックできないような場を作り出す。

 そして、守りの要であった《目潰しの魔道士/Blinding Mage》が《暗殺/Assassinate》されてしまうと、完全に不利になる。石川は、現状を打開するカードを、とドローを進めるが、《銀毛のライオン/Silvercoat Lion》ぐらいしかカードを引かない。

 中村が《睡眠/Sleep》を唱えると、石川はゲームを投了した。

石川 1-1 中村

Game 3

nakamura 入れ替わって先手の石川は、三度2ターン目に《目潰しの魔道士/Blinding Mage》をキャスト、さらに《幻影の戦士/Phantom Warrior》を追加する。

 この《幻影の戦士/Phantom Warrior》が《弱体化/Enfeeblement》で無力化されるが、石川も《真面目な捧げ物/Solemn Offering》で対抗する。

 石川は、2体の《目潰しの魔道士/Blinding Mage》と《信仰の壁/Wall of Faith》という非常に固い布陣だが、中村は、回避能力持ちのクリーチャーと物量で攻める。

 そして2体の《目潰しの魔道士/Blinding Mage》のうち、1体を《暗殺/Assassinate》で除去されてしまう。

 ここで均衡が崩れてしまい、《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter》によって供給され、続々と増え続けるゾンビ軍団に対処できないのだった。

石川 1-2 中村

石川 「1戦目、ブン回りでしたね...あの動きの時だけ勝てるんですけど...」

前の記事: 決勝ドラフト:連覇への挑戦 | 次の記事: 準々決勝:渡辺 雄也(神奈川) vs. 石川 錬(神奈川)
イベントカバレージ/グランプリ新潟09 一覧に戻る

イベントカバレージ