マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

2nd Draft:三原 槙仁

2nd Draft:三原 槙仁

by Yusuke Yoshikawa

 世界王者の三原も、ここまで9勝3敗。トップ8を目指すためには、もう負けられない戦いが続く。

 3-0を目指して、どのようなドラフティングを見せるのか?

 今回は「黒をドラフトする」ことに焦点を当てて、ダイジェストで追ってみたい。

2nd_draft.jpg

ドラフトパック1

mihara1-1.jpg

1-1

《国境地帯のレインジャー/Borderland Ranger》 《白騎士/White Knight》《瞬間凍結/Flashfreeze》

 目ぼしいカードがない中で、自身がトップコモンのひとつにも挙げていた《国境地帯のレインジャー/Borderland Ranger》を選択。

 これはこれで不満のないスタートだが、ひとつ上に座る浅原 晃が《踏み荒らし/Overrun》を選択していたことは、知るよしもない。

1-2

《堕落の触手/Tendrils of Corruption》 《稲妻/Lightning Bolt》《吠えたけるバンシー/Howling Banshee》

 ここが分かれ道になったピック。《稲妻/Lightning Bolt》を流して《堕落の触手/Tendrils of Corruption》を選択している。

 単純なカードパワーの比較は別にして、「赤より黒の方が『色として』強い」と三原。
 また、黒いデッキを意識してドラフトしていくためには、「早め早めに主張していくことが大事」だという。黒はデッキに含まれる《沼/Swamp》が多いほど効果を発揮するカード、《堕落の触手/Tendrils of Corruption》や《立ちはだかる影/Looming Shade》が主軸となるためだ。比較的人気のある色でもあるため、後になってからは手を出しづらい。

三原 「序盤では《稲妻/Lightning Bolt》より《立ちはだかる影/Looming Shade》を取るかも」

 ここから三原は、《戦慄の魔術使い/Dread Warlock》《大蜘蛛/Giant Spider》《吸血鬼の貴族/Vampire Aristocrat》《立ちはだかる影/Looming Shade》と黒緑を意識してカードを集めていった。特に《大蜘蛛/Giant Spider》は、これだけで相手を完封できることもあるという、三原が強く推すカード。

 2色目は赤も意識して、《稲妻の精霊/Lightning Elemental》《血の峠の狂戦士/Berserkers of Blood Ridge》などを取っておき、渡る余地を残している。

ドラフトパック2

2-1

《堕落の触手/Tendrils of Corruption》 《守護熾天使/Guardian Seraph》《セラの天使/Serra Angel》《紅蓮地獄/Pyroclasm》《稲妻/Lightning Bolt》

 取っていない色の強力カードがひしめくが、三原の方針に揺れはなかった。

2-2

《変幻のハイドラ/Protean Hydra》 《吸血鬼の貴族/Vampire Aristocrat》《墓場からの復活/Rise from the Grave》

2-3

《ザスリッドの悪魔/Xathrid Demon》 《堕落の触手/Tendrils of Corruption》《立ちはだかる影/Looming Shade》

 ここで強力な神話レアを2枚入手した三原。流れも向いてきた。

 「カードパワーは重要。1枚のカードで負けることも多いので」と三原。もちろん運もあるが、「カードパワー」と「デッキパワー」の両立を図ることが重要なので、本当に必要かどうかを見極める目は常に持ちたい。

2-4

《出征路のグール/Warpath Ghoul》 《帰化/Naturalize》

2-5

《惑乱の死霊/Hypnotic Specter》 《魂の消耗/Consume Spirit》《エルフの幻想家/Elvish Visionary》《ゾンビの大巨人/Zombie Goliath》

2-6

《蠢く骸骨/Drudge Skeletons》 《絡め取る蔦/Entangling Vines》《大喰らいのワーム/Craw Wurm》

 《蠢く骸骨/Drudge Skeletons》は、「黒には必須。本当は2枚ほしい」と三原が指摘する守りの要。もっと評価されるべき、とのこと。

 この後、《隠れ潜む捕食者/Lurking Predators》を手にしてメイン黒+緑の強力カード、という布陣が固まった。また、緑マナの安定供給と《沼/Swamp》増やしの両方にアクセスできる《広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse》が2枚取れているのも好材料。

 浅原は緑白のデッキになっていた。

ドラフトパック3

3-1

《破滅の刃/Doom Blade》 《黒騎士/Black Knight》《ケンタウルスの狩猟者/Centaur Courser》《吸血鬼の貴族/Vampire Aristocrat》

3-2

《沼の悪霊/Bog Wraith》 《夜の群れの雄叫び/Howl of the Night Pack》《巨大化/Giant Growth》

3-3

《魂の消耗/Consume Spirit》 《暴走するサイ/Stampeding Rhino》《ゾンビの大巨人/Zombie Goliath》《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter》

 《破滅の刃/Doom Blade》を手にして、ベストコモンに挙げていたカードが揃った形に。

 黒が濃いの色構成になっているので、《魂の消耗/Consume Spirit》も破壊力が見込める。

3-4

《衰弱/Weakness》 《精神腐敗/Mind Rot》《帰化/Naturalize》《血なまぐさい結合/Sanguine Bond》

 三原が「あまり評価は高くないけど、必要なカード」と言うのが、この《衰弱/Weakness》。また、《強迫/Duress》も意味合いとしては近い。カードパワーはないが、大振りなカードの隙間を埋め、小回りの効く良カードだ。

 最終的には、除去あり強力レアありの、とてもパワフルなデッキが完成。

三原 槙仁 グランプリ・新潟09 第2ドラフト
10 《沼/Swamp》
5 《森/Forest》
2 《広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse》

-土地(17)-
2 《沼の悪霊/Bog Wraith》
1 《戦慄の魔術使い/Dread Warlock》
1 《蠢く骸骨/Drudge Skeletons》
1 《惑乱の死霊/Hypnotic Specter》
1 《ケリノアのコウモリ/Kelinore Bat》
1 《立ちはだかる影/Looming Shade》
1 《骨の壁/Wall of Bone》
1 《出征路のグール/Warpath Ghoul》
1 《ザスリッドの悪魔/Xathrid Demon》
1 《ゾンビの大巨人/Zombie Goliath》
1 《国境地帯のレインジャー/Borderland Ranger》
1 《大蜘蛛/Giant Spider》 1 《変幻のハイドラ/Protean Hydra》
-クリーチャー(14)-
1 《魂の消耗/Consume Spirit》
1 《魔性の教示者/Diabolic Tutor》
1 《破滅の刃/Doom Blade》
1 《強迫/Duress》
2 《堕落の触手/Tendrils of Corruption》
1 《衰弱/Weakness》
1 《隠れ潜む捕食者/Lurking Predators》
1 《不屈の自然/Rampant Growth》

-呪文(9)-

mihara_deck.jpg

 《ザスリッドの悪魔/Xathrid Demon》を従えた千葉の「魔王」は、デッキの真価を発揮して、力強くトップ8へ駆け上がることができるだろうか?

miharaGB.jpg

前の記事: クイックインタビュー:Q4:マジックで勝つために必要な事を一言に凝縮すると? | 次の記事: Round 13:牛江 雄太(三重) vs. 齋藤 鷹也(新潟)
イベントカバレージ/グランプリ新潟09 一覧に戻る

イベントカバレージ