マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 5:大塚 高太郎(神奈川) vs. 新渡戸 隆道(岩手)

Round 5:大塚 高太郎(神奈川) vs. 新渡戸 隆道(岩手)

By Tomohiro Kaji

jpg

 先週のプロツアー・サンファンでのTop8入賞と、このまま調子良くプロポイントを稼ぎたい大塚に対して、新渡戸はフィーチャーマッチ席に若干緊張気味な雰囲気。

 しかし、カバレージに使うために二人に名前の漢字をふりがな付きで尋ねたところ、大塚は良く高太郎を「たかたろう」と間違われるという話をしてくれ、場が和んだ。

 うーん、確かにそんなこともありそうな、なさそうな。

Game 1
jpg

 先手の大塚は、《思案/Ponder》とゲームプランを建てるところからスタート。

 対する新渡戸も、フェッチランドからの《貴族の教主/Noble Hierarch》と展開と、お互いに1ターン目から軽快に動く。

 さらに、《不屈の自然/Rampant Growth》とつなげる大塚に対し、4マナの多いデッキであることから、新渡戸は先にタップインの土地を置きつつ、このターンは賛美で1点のダメージを与えるに留まる。

 お互いにマナ加速をしていることから、3ターン目には《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》に3/3象トークンを出されるも、返しには即、《復讐蔦/Vengevine》を賛美付きでアタックに行かせる高速なゲーム展開に。

 この攻撃に大塚はトークンでのチャンプを選択せず、あえて《野生語りのガラク》に受けさせることを選択する。

 そして、大塚は《目覚めの領域/Awakening Zone》を追加し、毎ターン現れる落とし子トークンでの《復讐蔦》対処をもくろむも、新渡戸の《忘却の輪/Oblivion Ring》でこのブロッカー製造機を狙われる。

 しかし、大塚の《剥奪/Deprive》という新しいカウンター呪文によりそれは叶わない。

 ここでやっと一息つくことができた大塚は、《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》を盤面に追加し、レガシーでも良く使われるコンボ、《渦まく知識/Brainstorm》能力と《霧深い雨林/Misty Rainforest》のシャッフルでハンドを一気に入れ替える。

 だが、プレインズウォーカーにはプレインズウォーカーと、新渡戸も《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》を戦場へ加え、《復讐蔦》に飛行を与えて空から《精神を刻む者、ジェイス》を破壊する。

 ここで赤マナを1つだけ残してタップアウトの新渡戸を前に、大塚はデッキの必殺技を決めにかかる。

 《稲妻/Lightning Bolt》あったら仕方がないと割り切り、《カルニの庭/Khalni Garden》をプレイ、生まれたばかりの苗木トークンに向かって、《変身/Polymorph》をキャストする。

 運よく対応もなく、公開されるライブラリーのトップからは最初に公開されるクリーチャーカードは、もちろん始祖エルドラージの《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》。

 そして大塚は自分のライフシートにも新渡戸のライフは書いてあるのだが、新渡戸の残りのライフが18ということを再度確認し、温存していた象トークンを新渡戸に攻撃に向かわせた。これで残りライフは《引き裂かれし永劫、エムラクール》のパワーと同じくピッタリ15点。

 新渡戸は《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》で《忘却の輪/Oblivion Ring》を探すも、めくれたのは若干遅刻気味の《板金鎧の土百足/Plated Geopede》だった。

 《引き裂かれし永劫、エムラクール》に飛行があることを確認して、滅殺の解決を前に新渡戸は投了を選んだ。

大塚 1-0 新渡戸

Game 2
jpg

 新渡戸の《板金鎧の土百足/Plated Geopede》からゲームが始まるが、大塚のサイドボードカード、《睡眠発作/Narcolepsy》で即対処される。

 一旦、《広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse》経由で新渡戸の攻撃の手が止まった隙に、大塚は《ハリマーの深み/Halimar Depths》と《不屈の自然/Rampant Growth》で、マナベースと手札の調整を行う。

 続く新渡戸も、《貴族の教主/Noble Hierarch》と《狡猾な火花魔道士/Cunning Sparkmage》という変身の対象を永続的に除去できるパーマネントを展開し、さらに《血編み髪のエルフ》からの《板金鎧の土百足》で、普通の青緑のデッキでは盤面はもう手がつけられないほどのクリーチャーを用意する。

 だが、大塚はターン終了時からの《乱動への突入/Into the Roil》キッカーで《狡猾な火花魔道士》を処理し、《カルニの庭》《変身》コンボで《引き裂かれし永劫、エムラクール》を無理やり呼び出す。

 しかし、新渡戸も追加の《血編み髪のエルフ》経由でもたらされた《バジリスクの首輪/Basilisk Collar》と再度唱えた《狡猾な火花魔道士》との接死ピンガーコンボで《引き裂かれし永劫、エムラクール》を葬ると、あっという間に大塚のライフはマイナスになった。

大塚 1-1 新渡戸

Game 3

 新渡戸の《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》スタートに対し、破壊されてもかまわないと《目覚めの領域/Awakening Zone》をキャストする大塚。

 この放置はできないパーマネントに、《忘却の輪》を使いながら、賛美の3点クロックを刻むも、再度《目覚めの領域》をキャストされる。

 大塚の土地が止まっていることもあり、悩むが、仕方なく、新渡戸もクロックを諦め《クァーサルの群れ魔道士》で対処する。

 クロックの途絶えた隙に、大塚もなんとか《ハリマーの深み》を引き、《精神を刻む者、ジェイス》を唱えることでコンボを揃えてしまいたい大塚だが、《復讐蔦/Vengevine》ですぐにプレインズウォーカーは退場してしまう。

 さらに新渡戸は《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》、《狡猾な火花魔道士》と追加し、手札に《否認/Negate》しか持っていなかった大塚は、クリーチャー処理カードを引けず、あっという間に新渡戸のビートダウンが成功した。

大塚 1-2 新渡戸

前の記事: Q1:現在のスタンダードを象徴するカードを教えてください。 | 次の記事: Photo Blog: 悪の帝王現る!?
イベントカバレージ/グランプリ仙台2010 一覧に戻る

イベントカバレージ