マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 8:八十岡 翔太(東京) vs. 松本 悠希(東京)

Round 8:八十岡 翔太(東京) vs. 松本 悠希(東京)

By Tomohiro Kaji

jpg

お互いにまだ1マッチも落としていない全勝対決。

 純正ジャンドの八十岡に対するは、グリクシスコントロールの松本。

 ダイスロールによって決まる先行が2ターン目にキャストする《広がりゆく海/Spreading Seas》or《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》を後手で対処するのが非常に難しいマッチだが、結果はどうなるのだろうか?

Game 1
jpg

 松本先行で始まるゲームは、八十岡の後手2ターン目《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》でmax4点のダメージクロックを用意する。

 対して、松本は《広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse》から《島/Island》、《山/Mountain》と、淡々と土地を置くのみ。

 八十岡は、《稲妻/Lightning Bolt》をケアして《朽ちゆくヒル》にライフは払わず、2点のクロックを刻むのみだが、火力では対処のしにくい《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》を追加すると、松本は通常キャストの《乱動への突入/Into the Roil》で手札に返す。

 この時に松本は青マナが2つあればキッカー出来たのだが、赤黒マナに偏っており追加のドローができない。

 しかし、ならば仕方がないと5ターン目に、《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》をキャストする。

 八十岡は冷静に、まず《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》をゴブリントークンに撃ち、《朽ちゆくヒル》を戦闘へ向かわせる。松本は司令官だけではチャンプブロックになってしまうので、ダメージをテイクすると、八十岡は《朽ちゆくヒル》をパンプアップし、4点ダメージで松本のライフは12まで落ち込む。

 そして改めて、《稲妻/Lightning Bolt》で《包囲攻撃の司令官》を処理した。

 手札には《二重否定/Double Negative》を持ってはいるが、未だ青青が出せずに何も打ち消すことができない松本は、《広がりゆく海/Spreading Seas》で八十岡の唯一のミシュラランド《怒り狂う山峡/Raging Ravine》にキャストし、青マナを探す。

 八十岡はその青マナ不足をしり目に、戻された《芽吹くトリナクス》を再度キャストする。

 今度は松本がクリーチャーを処理しなければならない番で、《稲妻》からの《地震/Earthquake》X=4で盤面を一掃するが、自分の呪文によってライフが6にまで落ち込んでしまう。

 そこへずっと温存していた八十岡の2枚の《荒廃稲妻/Blightning》が、手札とライフをすべて削り落した。

八十岡 1-0 松本

Game 2
jpg

 1ゲーム目を先取した八十岡だが、ここで痛恨のダブルマリガン。

 後手ではあるが、マナが伸びてしまえばその分不利なマッチップなだけに、非常に厳しい。

 少ないハンドながらキャストした八十岡の《朽ちゆくヒル》へ即《終止/Terminate》と、アンタップしての《広がりゆく海/Spreading Seas》を八十岡の《沼/Swamp》に貼り付ける松本。

 八十岡は再度《沼》を調達して《強迫/Duress》をキャストすると、《瞬間凍結/Flashfreeze》、《稲妻》、《終止》からカウンターを抜き取るが、その後は赤マナ不足で、手札の《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》も続唱できない。

 その間、松本もただ待っているわけではなく、淡々と土地を追加しており《残酷な根本原理/Cruel Ultimatum》をキャストする。

 さすがにこのアドバンテージの塊である呪文を解決されてしまうと、逆転は難しく、さらなる《失われた真実のスフィンクス/Sphinx of Lost Truths》で、手札を整えた松本に八十岡は投了した。

八十岡 1-1 松本

Game 3

 対して、今度は松本の初手が悪く、ダブルマリガンになる。

 八十岡の先行で始まった3ゲーム目は、5枚の手札の松本に《強迫》を打ち込むところから始まる。

 そこに打ち消し呪文が無いことを確認すると、さらに八十岡は《荒廃稲妻/Blightning》を唱え、《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》で土地を破壊する。

 せっかくのコントロールデッキも、マナ不足、手札不足では機能せず、八十岡のダメ押し《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》x2によって、あっという間にゲームを終了させられてしまった。

八十岡 2-1 松本

 試合後に、少しだけゲームについて両プレイヤーに尋ねたのだが、やはり2,3ゲームはお互いダブルマリガンと一方的な展開で、プレイの介入余地が少なすぎたので仕方がない。

 だが、ゲーム1に、松本がキャストした《広がりゆく海/Spreading Seas》を、もし自分の土地にエンチャントしていれば、青マナ不足を解消していたかもしれないとのことだった。

 確かに《怒り狂う山峡》は脅威だが、色事故の問題を解消することに注力していたならば、マッチの結果は変わっていたかもしれない。

 引いたカードを反射的にプレイしてしまいそうになるが、やはりマジックは難しい。

前の記事: Photo Blog: ヘッドジャッジインタビュー | 次の記事: Photo Blog: ジャッジのお仕事(杜の都編)
イベントカバレージ/グランプリ仙台2010 一覧に戻る

イベントカバレージ