マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Photo Blog: ジャッジのお仕事(杜の都編)

Photo Blog: ジャッジのお仕事(杜の都編)

 今回のグランプリ仙台も、ジャッジ・スタッフの尽力により成り立っています。

 対戦終了時に記入するResult Entry Slip(結果登録用紙)も、参加者900人を超える本大会ではこのとおりの大きな束。

ResultEntrySlip.jpg

 そのほか、人数も増えれば対戦組み合わせ掲示の量も格段に増えます。苗字のアルファベット順に分け、確実に掲示して誘導するのも重要な仕事です。

 また、適正なデッキでゲームがされるよう、デッキチェックも定期的に行われています。

DeckCheck.jpg

 マッチの開始時に限らず、ときにはランダムなタイミングで内容をチェックすることも......。

DeckCheck2.jpg

 大規模イベントであればあるほど、確実に、かつ速やかに業務を行わなければならないので、その重要度が増すジャッジ。
 けれどもそれは厳しいばかりではなく、ときには談笑することもあります。

HJ2.jpg

 ジャッジをすることも、ひとつのイベントの楽しみ方。その楽しさは、他には代えがたいものがあります。
 なにより、ジャッジもマジックを楽しむ仲間なのです。

前の記事: Round 8:八十岡 翔太(東京) vs. 松本 悠希(東京) | 次の記事: Round 9:渡辺 雄也(神奈川) vs. 石村 信太朗(埼玉)
イベントカバレージ/グランプリ仙台2010 一覧に戻る

イベントカバレージ