マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 15:田代 勇人(埼玉) VS. 小澤 毅(宮城)

Round 15:田代 勇人(埼玉) VS. 小澤 毅(宮城)

By Shiro Wakayama

jpg

 長い長い二日間をここで終えるのか、エクストラで3回戦を戦うチャンスを得るのか。勝てばTOP8というわかりやすいバブルマッチをお届しよう。地元仙台のプレイヤー小澤。昨日までは青白系のデッキばかりを調整していたらしいが、本戦はジャンドを選択。《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》がメインから搭載されており、この悪魔のお陰で、グランプリ仙台での対ジャンド成績は5勝0敗。

 対する田代も《巣の侵略者/Nest Invader》等が含まれた少し珍しい形の本人曰く「アンチジャンドのジャンド」を使っている。

 トーナメントシーンに登場してい以来、トップメタとして君臨し続けたデッキの生き残りがここで決定される。

Game 1
jpg

 先手小澤。田代がマリガン。

 《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》《稲妻/Lightning Bolt》《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》《怒り狂う山峡/Raging Ravine》《溶岩爪の辺境/Lavaclaw Reaches》《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》というハンドを渋々キープする田代。

 ファーストアクションは小澤の《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》。さらに《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》を戦線に追加。

 後手の田代は少し悩んで、《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》を展開。ブロッカーを意に介さずレッドゾーンにクリーチャー達を送り込む小澤。対する田代は少し悩んで、お互いの場に苗木トークンをばらまく事を決める。

 これに対し、4マナでの小沢のアクションは《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》にでアタックすた上で、数々のジャンドを駆逐してきた《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》を場へと送り込む。すでに田代のライフは13まで落ち込んでおり、この悪魔を生存させてはゲームにならないと、これは即座に《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》でご退場願う。

 だが、小澤の優位は変わらない。一気にライフを詰めようと、小澤は3体の苗木トークンと《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》でアタック。

 2体の苗木トークンで《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》をブロック、トークン1体は相討ちを目論む田代だが、田代の手札にある、《稲妻/Lightning Bolt》を見透かした小澤は、ヒルをブロックした1体のトークンに《稲妻/Lightning Bolt》を撃ち込む。仕方なく、トークン2体+稲妻:《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》+《稲妻/Lightning Bolt》+2ライフが相殺される事となる。

 さらに戦闘後、《荒廃稲妻/Blightning》を打ち込んだ小澤。田代の墓地に送り込まれたのは《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》が2枚。田代のライフは9。

 《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》を展開してなんとか場をイーブンに戻したい田代だが、ここで小沢が引き込んだのは、会心の《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》!!めくれたカードは《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》と、ジャンド同系に強いカードしかプレイしない小澤。さらに《荒廃稲妻/Blightning》をプレイ。アタックとあわせて田代のライフを1まで落とし込む。

 チャンプブロックしか出来ない田代は、そのままジリ貧となってしまい、小澤がTOP8への道を半馬身リードした。

田代 0-1 小澤

Game 2
jpg

 先手田代。お互いマリガン無し。

 2ターン連続タップインの鏡打ちから、ファーストアクションは田代の《荒廃稲妻/Blightning》。慎重に悩んだ小澤は《終止/Terminate》と《山/Mountain》を墓地へと送る。

 4枚目に引き込んだ土地が《野蛮な地/Savage Lands》だったせいで、4ターン目にアクションが出来ない田代。それとは対照的に、きれいに4マナまで揃えて、値千金の《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》キッカーをプレイする小澤。《溶岩爪の辺境/Lavaclaw Reaches》をたたき割って、先手後手を入れ替えて、一気に攻勢に出る。

 《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》を盤面に追加して、土地を割られたディスアドバンテージを少しでも軽減したい田代だが、次なる小澤のアクションはMr.ジャンドこと《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》の2連打!!!

 めくれたカードはそれぞれ《荒廃稲妻/Blightning》、《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》と圧倒的なブン周りを見せる小澤。

 このアタックは《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》で受けて、苗木トークンを生やす。ライフは瞬時に10まで落ち込んでしまうが、ばらまいたトークンで、何とか延命を図る。

 だが、さらにプレイしたのは、このゲーム3枚目となる《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》めくれるのは《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》。田代の場にあるブロッカーは苗木トークンが3体。

 かろうじて残った田代のライフは2。だが、この大事な大事な、TOP8を賭けたゲームで《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》を3枚引き込める男が何も持っていないわけもなく、少し深呼吸してプレイしたスペルは《荒廃稲妻/Blightning》。

 かくして、地元勢最後の一人は、選ばれた8人だけが進むことのできるエクストラステージへと歩を進めた。

田代 0-2 小澤

前の記事: Q4:初めて参加した日本選手権での思い出を教えてください。 | 次の記事: Photo Blog: プロツアーアムステルダム予選大会結果
イベントカバレージ/グランプリ仙台2010 一覧に戻る

イベントカバレージ