マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

準々決勝:三原 槙仁(千葉) vs. 小澤 毅(宮城)

準々決勝:三原 槙仁(千葉) vs. 小澤 毅(宮城)

By Tomohiro Kaji

jpg

 決勝ラウンドということで、すべてのプレイヤーにデッキリストの公開が行われた。

 実際にはお互いにリストを見るよりも、各自手にとって目を通す方が早いということで、対戦相手とデッキを交換してじっくり見入る。

 《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》の入った一風変わったジャンドの小澤に対し、三原はWURのプレインズウォーカーコントロールである。

Game 1
jpg

 先攻の小澤は、《不屈の自然/Rampant Growth》があるものの、《怒り狂う山峡/Raging Ravine》と《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》の2枚のみと、《広がりゆく海/Spreading Seas》を緑マナにエンチャントされれば負けてしまいそうなハンドに悩むが、先行ということもあり、緑マナをタップインでスタート。

 そして、2ターン目に三原から唱えられる呪文は、もちろん《広がりゆく海/Spreading Seas》。

 キャストすることは決めたが、緑か黒かどちらを選ぶかを、三原はとても悩む。

 が、結局は黒を潰す方向に進む。

 その間に、小澤は《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》を引いたこともあり、《不屈の自然/Rampant Growth》から《沼/Swamp》を探し、手札の2枚ある《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》の準備をする。

 しかし、もう1枚の《広がりゆく海/Spreading Seas》が《怒り狂う山峡/Raging Ravine》にキャストされてしまい、小澤は窒息死しそうな展開。

 色マナよりもクロックを選び、《沼/Swamp》フェッチからの《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》をキャストするが、三原は《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》でバウンスと、テンポを稼ぎながらパーマネントを展開する。

 赤マナが無く、《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》を処理できない小澤は、再度《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》をキャストするのだが、《前兆の壁/Wall of Omens》後の《渦まく知識/Brainstorm》能力で最大まで掘り下げた三原の《忘却の輪/Oblivion Ring》で対処されてしまう。

 2枚目の《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》をキャストし直すが、《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》のドローがもたらす《地盤の際/Tectonic Edge》と《審判の日/Day of Judgment》に対処されてしまい、まったくクロックを作ることが出来ない。

 その間、赤マナを引き当て《狂乱のサルカン/Sarkhan the Mad》でカードをめくるも、《終止/Terminate》、《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》とすぐに壊れてしまい、三原は《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》を加え、さらに小澤にプレッシャーをかける。

 《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》を戦場に加えるが、《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》とで除去されてしまい、トークンで《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》、《荒廃稲妻/Blightning》で《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》を破壊するが、既に大量のアドバンテージが奪われてしまった。

 ダメージクロックが用意できないまま、小澤は4枚目の《広がりゆく海/Spreading Seas》を貼られてしまい、《沼/Swamp》2つと《島/Island》4つという場になってしまう。

 さすがにマナが出なければ、《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》であろうが、《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》であろうが、手札から唱えることが出来ず、《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》、《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》、《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》、《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》とすべてがそろった三原に勝つことを諦めざるをえなかった。

三原 1-0 小澤

Game 2
jpg

 第4ターン、《広がりゆく海/Spreading Seas》の為に《森/Forest》を温存していたが、三原の動きが無いためにこのマッチ初めての続唱である《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》がキャストされた。

 《終止/Terminate》が公開されることになり、返す三原は、《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》をキャストし、小澤に対処を迫る。

 しかし、サイドボード後の小澤には《真髄の針/Pithing Needle》があり、1マナでこのカードを処理しながら攻撃を続ける。

 ならばと三原は《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》でこの3/2を《稲妻のらせん/Lightning Helix》し、小澤にミシュラランドでのアタックを強要する。

 場に残ってしまえば、1パーマネントが拘束され続けてしまうため、1ターンかけての《溶岩爪の辺境》のアタックで対処した。

 だがそれは三原の思うつぼで、タップアウトした隙にX=4の《思考の泉/Mind Spring》をキャストし、手札を補充する。

 これにより、一気にハンド枚数での格差が付いてしまい、小澤の《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》を《審判の日/Day of Judgment》と勝負あったかに思われた。

 だが、小澤が《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》をキャストすると、まったく対処されずに残ってしまった。フェッチランドに2点のライフを支払っている三原は、残り18と、しっかり3ターンで0になってしまう。

 さらに追加の《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》も盤面に加わるが、《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》の《復讐/Vengeance》で破壊される。

 この現れたばかりのプレインズウォーカーも、《真髄の針/Pithing Needle》に刺され機能停止すると、三原のライフは残り6。
そのまま《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》で6/6をタップ状態に固定しようと試みるが、それも打ち消し呪文を超えて《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》が破壊した。

 X=6で《思考の泉/Mind Spring》を唱えるが、なすすべのない三原のライフは0になってしまった。

三原 1-1????? 小澤

 もちろん、小澤はまだゲームに勝てておらず、今度は自分の《深淵の迫害者/Abyssal Persecutor》を何とかしなければならない。

 PWとの合戦でハンドが0枚の小澤は、今引いた《消耗の蒸気/Consuming Vapors》を自分に唱えるも、三原の《否認/Negate》に阻まれて自害させることが出来ない。

 先ほどの大量ドローから引き込んだカウンター呪文を構えながら現れる《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》と《悪斬の天使/Baneslayer Angel》。

 現行スタンダード最強のタッグに、たとえプロテクション(デーモン)が無かったとしても、何を引けばいいのかすらわからない。

三原 2-0 小澤

前の記事: 準々決勝: Brian Kibler(アメリカ) vs. 田崎 亮(東京) | 次の記事: 準々決勝:渡辺 雄也(神奈川) vs. 伊藤 大明(神奈川)
イベントカバレージ/グランプリ仙台2010 一覧に戻る

イベントカバレージ