マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

わくわくデッキリスト

わくわくデッキリスト

By Tomohiro Kaji

 さてさて、ここでは二日目に残った興味深いデッキを取り上げたいと思う。

 まずは、先週末に行われたPTサンファンでの限定構築をでもあったアーキタイプに近いデッキタイプの紹介からしてみたい。

赤単

Yusuke Endo / Devastating Red
2010 グランプリ・仙台 / Day2 decklist
11 《山/Mountain》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
4 《乾燥台地/Arid Mesa》
4 《ぐらつく峰/Teetering Peaks》
1 《くすぶる尖塔/Smoldering Spires》

-土地(24)-
4 《ゴブリンの先達/Goblin Guide》
4 《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》
4 《板金鎧の土百足/Plated Geopede》
3 《カルガの竜王/Kargan Dragonlord》
4 《地獄の雷/Hell's Thunder》

-クリーチャー(19)-
3 《壊滅的な召喚/Devastating Summons》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
2 《噴出の稲妻/Burst Lightning》
4 《焼尽の猛火/Searing Blaze》
4 《よろめきショック/Staggershock》

-呪文(17)-
3 《地震/Earthquake》
2 《魔力のとげ/Manabarbs》
3 《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》
3 《炎の斬りつけ/Flame Slash》
3 《不安定な足場/Unstable Footing》
1 《燃え立つチャンドラ/Chandra Ablaze》

-サイドボード(15)-

 《壊滅的な召喚/Devastating Summons》と《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》のコンボを内蔵したタイプの赤単で、これは最速3キルも夢じゃない。また、限定構築で使われただけあって、使っているカードにアラーラブロックのカードが《地獄の雷/Hell's Thunder》の1種類しかなく、次の大型セットでのローテーション後もほぼ同様に構築することが出来るだろう。単色なのに上陸の為にフェッチランドが8枚使われているのは、なんだか昔のエクステンデットのRDWを思い出させる。

緑単

Taiki Suzuki
2010 グランプリ・仙台 / Day2 decklist
14 《森/Forest》
3 《カルニの庭/Khalni Garden》
1 《巨森、オラン=リーフ/Oran-Rief, the Vastwood》

-土地(18)-
4 《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》
4 《貴族の教主/Noble Hierarch》
4 《ジョラーガの樹語り/Joraga Treespeaker》
4 《巣の侵略者/Nest Invader》
4 《エルフの幻想家/Elvish Visionary》
4 《皮背のベイロス/Leatherback Baloth》
4 《復讐蔦/Vengevine》
3 《国境地帯のレインジャー/Borderland Ranger》
1 《狼茨の精霊/Wolfbriar Elemental》

-クリーチャー(32)-
4 《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》
3 《踏み荒らし/Overrun》
3 《エルドラージの碑/Eldrazi Monument》

-呪文(10)-
4 《野生の狩りの達人/Master of the Wild Hunt》
3 《カビのシャンブラー/Mold Shambler》
3 《酸のスライム/Acidic Slime》
2 《茨異種/Thornling》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《エルドラージの碑/Eldrazi Monument》

-サイドボード(15)-

 これも、サンファンで成績を残したアーキタイプの拡張で、落とし子トークンを《エルドラージの碑/Eldrazi Monument》や《踏み荒らし/Overrun》の頭数にするだけでなく、マナとしてカウント出来るために土地を切り詰めている。

 ゲームに勝つために止めに瞬間的に5マナ目を供給出来れば良いからだ。

同盟者

Maekawa Takuya
2010 グランプリ・仙台 / Day2 decklist
4 《ジャングルの祭殿/Jungle Shrine》
4 《乾燥台地/Arid Mesa》
4 《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》
4 《古代の聖塔/Ancient Ziggurat》
4 《平地/Plains》
2 《山/Mountain》
2 《森/Forest》

-土地(24)-
4 《ハーダの自由刃/Hada Freeblade》
4 《カザンドゥの刃の達人/Kazandu Blademaster》
4 《アクームの戦歌い/Akoum Battlesinger》
4 《オラン=リーフの生き残り/Oran-Rief Survivalist》
4 《カビーラの福音者/Kabira Evangel》
4 《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》
3 《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》
3 《ヘイラバズのドルイド/Harabaz Druid》
1 《ゴブリンの奇襲隊/Goblin Bushwhacker》

-クリーチャー(31)-
3 《流刑への道/Path to Exile》
2 《ナヤの魔除け/Naya Charm》

-呪文(5)-
3 《狡猾な火花魔道士/Cunning Sparkmage》
3 《オンドゥの僧侶/Ondu Cleric》
4 《不屈の随員/Dauntless Escort》の 3 《真髄の針/Pithing Needle》
2 《バジリスクの首輪/Basilisk Collar》

-サイドボード(15)-

 上のふたつのデッキとは違い、コンセプトこそゼンディカーブロックのものになるが、色マナを供給するランドが無いために実現できなかったアーキタイプだ。
 これは、津村の記事に一度紹介されているが、《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》からの、《ハーダの自由刃/Hada Freeblade》連打は、本当にばかにならない。
 また、デッキに入っているカードが、ほぼすべてクリーチャーなのも特徴的。

《輝く根本原理/Brilliant Ultimatum》

Ishimura Shintarou
2010 グランプリ・仙台 / Day2 decklist
3 《島/Island》
2 《沼/Swamp》
4 《平地/Plains》
4 《天界の列柱/Celestial Colonnade》
4 《湿地の干潟/Marsh Flats》
1 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》

-土地(18)-
4 《前兆の壁/Wall of Omens》
3 《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
2 《海門の神官/Sea Gate Oracle》
2 《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》
2 《失われた真実のスフィンクス/Sphinx of Lost Truths》

-クリーチャー(13)-
4 《思案/Ponder》
3 《予言のプリズム/Prophetic Prism》
3 《広がりゆく海/Spreading Seas》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《時間のねじれ/Time Warp》
4 《輝く根本原理/Brilliant Ultimatum》
2 《流刑への道/Path to Exile》
3 《原霧の境界石/Fieldmist Borderpost》
3 《霧脈の境界石/Mistvein Borderpost》

-呪文(29)-
4 《強迫/Duress》
3 《失脚/Oust》
2 《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren》
2 《忘却の輪/Oblivion Ring》
1 《失われた真実のスフィンクス/Sphinx of Lost Truths》
1 《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》
1 《流刑への道/Path to Exile》
1 《鋼の風のスフィンクス/Sphinx of the Steel Wind》

-サイドボード(15)-

 これも津村に一度紹介されたデッキだが、905人の参加者で石村のみが使用し、最終成績が22位と、実はTop8まであと1勝のところまで来ていた。

 サイドボードに《強迫/Duress》を取れることや、境界石と《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》で伸びるマナから《輝く根本原理/Brilliant Ultimatum》という、使ってみないと想像がつかないデッキだ。

《時の篩》

Tatsuya Arakawa
2010 グランプリ・仙台 / Day2 decklist
3 《湿地の干潟/Marsh Flats》
6 《島/Island》
5 《平地/Plains》
1 《沼/Swamp》

-土地(15)-
4 《前兆の壁/Wall of Omens》
4 《ガラス塵の大男/Glassdust Hulk》

-クリーチャー(8)-
4 《蔵の開放/Open the Vaults》
4 《時間のねじれ/Time Warp》
4 《天使歌/Angelsong》
2 《求道者テゼレット/Tezzeret the Seeker》
4 《吠えたける鉱山/Howling Mine》
4 《予言のプリズム/Prophetic Prism》
4 《万華石/Kaleidostone》
3 《時の篩/Time Sieve》
4 《原霧の境界石/Fieldmist Borderpost》
4 《霧脈の境界石/Mistvein Borderpost》

-呪文(37)-
3 《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》
3 《処刑人の薬包/Executioner's Capsule》
4 《コーの火歩き/Kor Firewalker》
2 《乱動への突入/Into the Roil》
3 《否認/Negate》

-サイドボード(15)-

 残念ながらTop8にオポ差で入ることが出来なかったわけだが、その成績からこのデッキがファンデック出ないこと教えてくれる。

 《予言のプリズム/Prophetic Prism》が入ったことから、キャントリップ付きのアーティファクトが追加され、《時の篩/Time Sieve》の起動条件を満たしやすくなった。

 最近にしてはとても面白いコンボデッキだと思う。

白緑黒グッドスタッフ

Osamu Fujita
2010 グランプリ・仙台 / Day2 decklist
4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
4 《湿地の干潟/Marsh Flats》
3 《活発な野生林/Stirring Wildwood》
2 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
1 《セジーリのステップ/Sejiri Steppe》
1 《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》
4 《森/Forest》
3 《平地/Plains》
2 《沼/Swamp》

-土地(24)-
4 《貴族の教主/Noble Hierarch》
3 《極楽鳥/Birds of Paradise》
4 《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》
4 《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》
4 《復讐蔦/Vengevine》
4 《エメリアの天使/Emeria Angel》
1 《ゼンディカーの報復者/Avenger of Zendikar》

-クリーチャー(24)-
3 《広がりゆく海/Spreading Seas》
3 《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
2 《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》
2 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》
2 《エルドラージの碑/Eldrazi Monument》

-呪文(12)-
3 《天界の粛清/Celestial Purge》
3 《盲信的迫害/Zealous Persecution》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
2 《自我の危機/Identity Crisis》
2 《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》
1 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》
1 《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
1 《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess》

-サイドボード(15)-

 一時はMagicOnline上でとてもはやったデッキだったのだが、《復讐蔦/Vengevine》を加えてリメイクされた。

 フェッチランドを有効に使える色の組み合わせであり、そのことが《エメリアの天使/Emeria Angel》と《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》をより強力にし、プレインズウォーカーに対しても《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》という回答を持つことが可能になる。

テゼレット

Akio Chiba
2010 グランプリ・仙台 / Day2 decklist
4 《天界の列柱/Celestial Colonnade》
3 《氷河の城砦/Glacial Fortress》
2 《地盤の際/Tectonic Edge》
2 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2 《乾燥台地/Arid Mesa》
5 《島/Island》
4 《平地/Plains》

-土地(22)-
4 《前兆の壁/Wall of Omens》

-クリーチャー(4)-
4 《審判の日/Day of Judgment》
4 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
2 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》
2 《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》
2 《求道者テゼレット/Tezzeret the Seeker》
4 《原霧の境界石/Fieldmist Borderpost》
4 《急使の薬包/Courier's Capsule》
1 《真髄の針/Pithing Needle》
1 《威圧の王笏/Scepter of Dominance》
4 《忘却の輪/Oblivion Ring》
4 《広がりゆく海/Spreading Seas》
2 《流刑への道/Path to Exile》

-呪文(34)-
4 《ヴィダルケンの異国者/Vedalken Outlander》
4 《否認/Negate》
3 《天界の粛清/Celestial Purge》
2 《ジュワー島のスフィンクス/Sphinx of Jwar Isle》
2 《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren》

-サイドボード(15)-

 このデッキは通常の青白ではなく、同系プレインズウォーカーに刺す《真髄の針/Pithing Needle》と、《威圧の王笏/Scepter of Dominance》がカギを握る。

 《急使の薬包/Courier's Capsule》が同系には軽いアドバンテージカードとして使え、サイド後の《ヴィダルケンの異国者/Vedalken Outlander》がジャンド相手に《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》を要求する構成が面白い。

コブラジャンド

Uchida Yuki
2010 グランプリ・仙台 / Day2 decklist
4 《野蛮な地/Savage Lands》
4 《怒り狂う山峡/Raging Ravine》
4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
2 《根縛りの岩山/Rootbound Crag》
1 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《森/Forest》
3 《山/Mountain》
3 《沼/Swamp》

-土地(26)-
4 《水蓮のコブラ/Lotus Cobra》
4 《朽ちゆくヒル/Putrid Leech》
1 《巣の侵略者/Nest Invader》
4 《芽吹くトリナクス/Sprouting Thrinax》
4 《地獄の雷/Hell's Thunder》
4 《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》
4 《復讐蔦/Vengevine》

-クリーチャー(29)-
3 《狂乱のサルカン/Sarkhan the Mad》
4 《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
2 《エルドラージの碑/Eldrazi Monument》

-呪文(9)-
4 《荒廃稲妻/Blightning》
4 《消耗の蒸気/Consuming Vapors》
3 《二股の稲妻/Forked Bolt》
2 《狡猾な火花魔道士/Cunning Sparkmage》
2 《破滅の刃/Doom Blade》

-サイドボード(15)-

 一般的なジャンドとは違い、《荒廃稲妻/Blightning》がサイドボードになっている。

 その理由は《復讐蔦/Vengevine》を生かすことと、止めの《エルドラージの碑/Eldrazi Monument》にある。

 これは上で紹介した緑単デッキとコンセプトが近かいことが採用しているカードからわかるだろう。

グリクシスコントロール

Matsumoto Yuki
2010 グランプリ・仙台 / Day2 decklist
4 《崩れゆく死滅都市/Crumbling Necropolis》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
2 《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
4 《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
1 《広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse》
3 《島/Island》
3 《沼/Swamp》
3 《山/Mountain》

-土地(27)-
4 《包囲攻撃の司令官/Siege-Gang Commander》

-クリーチャー(4)-
4 《広がりゆく海/Spreading Seas》
3 《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren》
3 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
3 《終止/Terminate》
2 《乱動への突入/Into the Roil》
2 《本質の散乱/Essence Scatter》
2 《二重否定/Double Negative》
4 《残酷な根本原理/Cruel Ultimatum》

-呪文(29)-
2 《失われた真実のスフィンクス/Sphinx of Lost Truths》
3 《瞬間凍結/Flashfreeze》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
3 《消耗の蒸気/Consuming Vapors》
4 《否認/Negate》
1 《破滅の刃/Doom Blade》

-サイドボード(15)-

 トップメタというわけではないが、常に一定の数のプレイヤーが見られるグリクシス。

 その一番の理由が、《残酷な根本原理/Cruel Ultimatum》だろう。

 このデッキリストは、その7マナもするキーカードを思い切って4枚もデッキに投入しているだけでなく、メインからジェイスが6枚も投入されている。

 この構成ならば、いわゆるジェイスゲーを制することは簡単だろう。

青緑白プレインズウォーカー

Yuuta Sasaki
2010 グランプリ・仙台 / Day2 decklist
4 《海辺の城塞/Seaside Citadel》
4 《霧深い雨林/Misty Rainforest》
2 《天界の列柱/Celestial Colonnade》
2 《乾燥台地/Arid Mesa》
1 《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》
1 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
1 《ジャングルの祭殿/Jungle Shrine》
4 《森/Forest》
2 《島/Island》
2 《平地/Plains》
1 《山/Mountain》

-土地(24)-
4 《貴族の教主/Noble Hierarch》
4 《極楽鳥/Birds of Paradise》
4 《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》

-クリーチャー(12)-
4 《流刑への道/Path to Exile》
4 《広がりゆく海/Spreading Seas》
4 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》
3 《野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker》
3 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》
3 《ギデオン・ジュラ/Gideon Jura》
3 《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》

-呪文(24)-
4 《否認/Negate》
3 《瞬間凍結/Flashfreeze》
3 《天界の粛清/Celestial Purge》
3 《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren》
2 《軍部政変/Martial Coup》

-サイドボード(15)-

 初日全勝タイプのバントとは違い、《復讐蔦/Vengevine》ではなく《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》タイプのデッキになっている。

 そのことから、クリーチャー枚数の制限が無くなるので、《広がりゆく海/Spreading Seas》をキャントリップとして採用し、パワーカードを大量に採用している。

 また、良く見るとこのデッキもタッチ赤しており、《復讐のアジャニ/Ajani Vengeant》が追加されているこのにも注目したい。

前の記事: Photo Blog: プロツアーアムステルダム予選大会結果 | 次の記事: Photo Blog: www.gamingetc.com協賛 レガシートーナメント結果
イベントカバレージ/グランプリ仙台2010 一覧に戻る

イベントカバレージ