マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 3:浅原 晃(神奈川) vs. 杉下 彰啓(岡山)

Round 3:浅原 晃(神奈川) vs. 杉下 彰啓(岡山)

by Yohei Tomizawa

jpg

 プロツアー・オースティンから始まったこの環境は、Zooがメタの中心となって回り始めた。ワールドウェイクの参入によって、デックは強化と淘汰を繰り返し、現在メタ上に存在するデックタイプは十数個に及び、環境はコンボ色が非常に強い。

 グランプリ・横浜本戦、最初のフィーチャーマッチとなるRound3で対決するのは浅原 晃と杉下 彰啓。

 浅原といえば最近mtg-jpで始まったマジック創世記ジェネシスの記事が有名だ。この記事では青嫌いの急先鋒として自論を語ってくれている。前日の噂では「青は嫌いだが、《機知の戦い/Battle of Wits》は別だ。」とバベルデックでの参戦が噂されていたが、一体何を持ち込んだのか。本人の言葉をかりるならジェイスデックだというが、その全く想像がつかない。

 対する杉下はGP横浜に向けてDCI公認の大会で練習を重ねてきたという。デックはメタの中心とも言われているZoo。友人との調整は、果たして実を結ぶのか。

 それでは、試合を見ていこう。

Game 1
jpg

 ダイスロールで先手は杉下となるが、マリガン。このマリガンのためか、Zooらしくなくセットゴー(土地を置きエンド)を繰り返す。

 都合3枚目となるフェッチランドを置き、すぐさま《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》をサーチ。初クリーチャーである《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》をキャストする。

 この屈強な騎士を《マナ漏出/Mana Leak》で打つ消すと、これまでセットランドし続けているだけだった浅原も一転、コンボパーツの片割れである《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》をキャストする。

 杉下はここでデックのダイナモ《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》をキャストする。これで彼のデックはZooはZooでもミラーマッチに強い血編み髪のエルフ入り Zooだと判明。
 これまでの遅れを一気に取り戻そうと続唱能力で値千金の《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》を捲ることに成功するが、浅原は1枚だけアンタップ状態の《島/Island》をタップし、《呪文嵌め/Spell Snare》。初の戦闘ダメージが入り、浅原17-15杉下となる。

 浅原はもう1枚のキーカードである《弱者の剣/Sword of the Meek》をキャストし、コンボ完成。

 だが杉下もここままでは終われない。環境最強装備品《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》を《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》に装備し、攻撃する。エルフこそ剣を装備したトークンで相打つが、十手の上には2個のカウンターが置かれてしまう。追加のクリーチャーさえあれば、無理やり防御網を突破することも可能なのではないだろうか。

 だが残念なことに杉下はクリーチャーを引くことが出来ない。

 何か1枚、そう思っている内に溢れんばかりのアーティファクト・トークン達がライフを削りきってしまった。

浅原 1-0 杉下

Game 2

浅原の手札:《呪文嵌め/Spell Snare》、《知識の渇望/Thirst for Knowledge》、《金属モックス/Chrome Mox》、《燻し/Smother》、《死の印/Deathmark》に土地が2枚とかなり良いもの。

jpg

 杉下は《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》でプレッシャーをかけながら、2ターン目に《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》をキャスト。クロックと同時に《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》対策としようとするが、再び《呪文嵌め/Spell Snare》が阻む。

 《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》こそキャストに成功するが、《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》も《タルモゴイフ/Tarmogoyf》も《死の印/Deathmark》でゲームはスローダウン。やはりクリーチャーを用意することが出来ない。

 この隙にと浅原は《知識の渇望/Thirst for Knowledge》で手札を補充する。そしてこの《知識の渇望/Thirst for Knowledge》がさらなる《知識の渇望/Thirst for Knowledge》を呼び、今や二人の手札の差は如何ともしがたい。

 デック名にもなっている《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》の能力で杉下のライブラリートップをチェックする。忠誠心を上げると共に、相手のドローを完全に操作する。

 流石にこのままでは負けてしまうため、ジェイスに向けて2枚の火力をキャストする。

 だが浅原は一向にあわてる素振りを見せない。いよいよ準備万端と《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》を場に出し、墓地の《弱者の剣/Sword of the Meek》と合わせ、コンボ完成。

 杉下も《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》をトップデックし、《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》と合わせコンボの被害を最小限に食い止めようとする。
 能力にスタックして《弱者の剣/Sword of the Meek》を場に戻し、結果《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》は破壊されたもののの、4体のトークンを作り上げた。

 浅原は《交錯の混乱/Muddle the Mixture》を変成し、2枚目の《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》をサーチ。再びコンボパーツが揃ってしまい、これにて青黒ジェイスデックの浅原の勝利となった。

浅原 2-0 杉下

浅原、Win

前の記事: Photo Blog: アーティストサイン会 | 次の記事: Photo Blog: 「シャドウ・アート」の世界
イベントカバレージ/グランプリ横浜10 一覧に戻る

イベントカバレージ