マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 9:金 民守(神奈川) vs. 木内 智(東京)

Round 9:金 民守(神奈川) vs. 木内 智(東京)

By Masashi Oiso

jpg

 グランプリ・横浜10、初日の最終戦は毎度恒例の全勝対決。

 金 民守(神奈川)のデッキはGWBドラン。

 除去、手札破壊、そしてファッティの入った、いわゆるグッドスタッフだ。

 対する木内 智(東京)はGRUヴァラクート。

 今ではすっかりメジャーとなった、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》と《風景の変容/Scapeshift》のコンボデッキだ。

 サイドイベントが座席の関係で開催困難になるほど参加者の集まったグランプリ本戦。

 それでも、初日全勝を飾れるのは片手に足りない人数しかいない。

 その栄冠を勝ち取るのは、どちらかひとり。

Game 1
jpg

 ダイスロールにより金が先攻。

 金は土地が少なめの初手を見てじっくりと悩む。
 金を待たずしてキープを宣言した木内とは対照的だ。

 結局、2枚の《流刑への道/Path to Exile》を信用してキープした。

 最初に動いたのは金、2ターン目に《タルモゴイフ/Tarmogoyf》という名の《従者/Squire》。

 木内は《踏み鳴らされる地/Stomping Ground》、《島/Island》とプレイしており、手札を見えずともほぼデッキがばれたと言っていいだろう。

 《流刑への道/Path to Exile》が、少しさみしい。

 金は《タルモゴイフ/Tarmogoyf》で攻撃する前に《思考囲い/Thoughtseize》。

《マグマの噴流/Magma Jet》
《マグマの噴流/Magma Jet》
《マグマの噴流/Magma Jet》
《深遠の覗き見/Peer Through Depths》
《風景の変容/Scapeshift》

 というなんだか面白い手札から《風景の変容/Scapeshift》。

 2枚から土地が伸びない金は《タルモゴイフ/Tarmogoyf》で攻撃し、引いてきた《思考囲い/Thoughtseize》が《深遠の覗き見/Peer Through Depths》を奪う。

 これによって木内は土地しか置けないターンが続くが、金は土地が全く置けない。

 しびれを切らした金は、ついに自分の《タルモゴイフ/Tarmogoyf》に《流刑への道/Path to Exile》。

 ここから金の重量級打線が動き出す。

 《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》こそ《マグマの噴流/Magma Jet》2号3号で除去したが、後続の《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》、《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》《包囲の搭、ドラン/Doran, the Siege Tower》といった布陣を相手するのは難しい。

 木内は《乱動への突入/Into the Roil》《差し戻し/Remand》でのらりくらりかわしつつ、完全に《風景の変容/Scapeshift》待ち。

 《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》へ《流刑への道/Path to Exile》など、金は必死の攻勢をかけるが、結局《思案/Ponder》からあっさり《風景の変容/Scapeshift》へたどり着き、金投了。

金 0-1 木内

 お互いにギリギリまで時間を使ってサイドボーディングを行う。。

 金は最後まで《化膿/Putrefy》を入れるか否かで悩んでいたようだ。

Game 2

 金は土地1枚ながらも《思考囲い/Thoughtseize》《根絶/Extirpate》を含む初手をキープ。

 木内の手札に《風景の変容/Scapeshift》を見つけて内心うれしかっただろう。

 続く《思考囲い/Thoughtseize》更に《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》を落とし、満を持して《根絶/Extirpate》。

 木内はウッドエルフで土地を伸ばす。

 《風景の変容/Scapeshift》は抜いたが、とにかく土地を引かない金。

 今度は4ターン目にやっと2マナ目を引いて《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》。ここから順調にクリーチャーがあふれてくる。

 《風景の変容/Scapeshift》を失い、勝ち手段の乏しい木内は防戦一方。

 ヴァラクートは起動できるものの、金の場が《包囲の搭、ドラン/Doran, the Siege Tower》《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》でいまいちパッとしない。

 木内は解決策引けず、そのまま押し切られた。

金 1-1 木内

 木内は金の《根絶/Extirpate》プランを見て少しサイドボードを変更。

 《風景の変容/Scapeshift》を減量した。

Game 3
jpg

 先手の木内は、軽く手札を見てキープ。

 金は初動3マナクリーチャーの手札をマリガンした。

 キツそうな顔でキープした金だが、最初のドローにして早くも《思考囲い/Thoughtseize》《根絶/Extirpate》が揃ったようだ。

 この妨害用コンボには、手札1枚とは比べ物にならないアドバンテージがある。

 木内は《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》《風景の変容/Scapeshift》といったカードを含む絶好の初手からスタートしたが、前のゲームと同様《風景の変容/Scapeshift》はあっちの世界へ。

 金は《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》から攻撃に移る。
木内が引くのは土地ばかりで《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》すら扱いに困っている。

 さらに《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》を追加され、《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》がいても《樹上の村/Treetop Village》のトランプルの前に十手にカウンターが乗るのを止められない。

木内のドローは、最後の最後まで、本当に土地だけだった。

金 2-1 木内

 金は1122人の中でたった2人の全勝を守った。

 そして敗れたとはいえ、木内も1敗ライン。

 両者の2日目の活躍に期待したい。

前の記事: クイックインタビュー:Q1:Twitterのアカウントを教えて下さい。また、普段どんなつぶやきを投稿していますか? | 次の記事: Round 9:森 勝洋(大阪) vs. 山本 賢太郎(埼玉)
イベントカバレージ/グランプリ横浜10 一覧に戻る

イベントカバレージ