マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 11:金 民守(神奈川) vs. Tzu-Ching Kuo(台湾)

Round 11:金 民守(神奈川) vs. Tzu-Ching Kuo(台湾)

By Daisuke Kawasaki

 Zoo・青黒系・コンボの3すくみに近いメタゲームに、独自の「ライフゲイン」ドランを持ち込み、連勝街道をひた走る金 民守(神奈川)。

 昨日の全勝インタビューでは

 「いやぁ、今日はZooにいっぱいあたったから勝てたけど、明日は厳しいよ。もう、このラインにZooいないでしょ」

 といっていたものの、全勝対決の対戦相手がZooだったため、連勝数を10に伸ばした。

 続く対戦相手は、このラインでの本命筋である青黒系、DDTを操るTzu-Ching Kuo(台湾)。グランプリ・神戸では、テゼレッターを使用してトップ8に入賞していたように、どうもこの手のデックが好きなよう。

 何かがおこりそうな予感にワクワクが止まらないこのマッチアップをお届けしよう。

Game 1

 先手の金は、1ターン目の《森/Forest》セットから《貴族の教主/Noble Hierarch》をキャスト。対するKuoは、《トレイリア西部/Tolaria West》をタップインさせ、《金属モックス/Chrome Mox》に《思考囲い/Thoughtseize》を刻印した上で、さらに手札から《思考囲い/Thoughtseize》をキャストする。

 金の手札は、《化膿/Putrefy》《悪斬の天使/Baneslayer Angel》《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》《草むした墓/Overgrown Tomb》《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》。ここから《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》をディスカードさせられ、金は続くターンに《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》をキャストする。

 Kuoは《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》をキャストしてターンを終了。金は、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》をキャストした後に、《貴族の教主/Noble Hierarch》でアタックしてターンエンド。このターンエンドにKuoは《知識の渇望/Thirst for Knowledge》をキャストする。

 こうして、《交錯の混乱/Muddle the Mixture》と《暗黒の深部/Dark Depths》をディスカードした後に、自身のターンで《沈んだ廃墟/Sunken Ruins》のセットから、《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》をキャスト。ターンエンドに金が《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》の能力を起動し、《乾燥台地/Arid Mesa》からの《神無き祭殿/Godless Shrine》をキャストする。

 墓地に土地が2枚あるため、4/4となった《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》と、4/5の《タルモゴイフ/Tarmogoyf》。この2体のパワー4が、Kuoに8点のダメージを与え、Kuoのライフは9。3マナを残してターンを返す。

 《化膿/Putrefy》の存在を知っているだけに動きにくいKuo。ここは、土地をセットするだけでターンを返す。

 再び金は、2体のパワー4で攻撃。これに対して、Kuoはまず《知識の渇望/Thirst for Knowledge》をキャストした後に、《金属モックス/Chrome Mox》を《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》でサクリファイスし、ライフをえながら《タルモゴイフ/Tarmogoyf》へのチャンプブロッカーを用意する。金は、ダメージが通った後に、《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》へと《化膿/Putrefy》をキャストする。これでKuoのライフは7。

 Kuoは、《アカデミーの廃墟/Academy Ruins》を使うか少々迷っていたが、結局通常にドローし、《交錯の混乱/Muddle the Mixture》を変成し、《燻し/Smother》をサーチ。この《燻し/Smother》を《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》へとキャストする。

 金のターン。パワー5となっている《タルモゴイフ/Tarmogoyf》で攻撃する前に、2枚目の《貴族の教主/Noble Hierarch》をキャストし、賛美でダメージを7点に。さきほど残されたブロッカーは、《流刑への道/Path to Exile》で。

金 1-0 Kuo

Game 2

 《涙の川/River of Tears》セットからスタートしたKuoに対して、金は《強迫/Duress》。

 《交錯の混乱/Muddle the Mixture》《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》《滅び/Damnation》に土地3枚という手札のKuoに対して、《滅び/Damnation》をディスカードさせる。

 Kuoは、《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》をキャスト。すでに手札には《暗黒の深部/Dark Depths》が控えている。金は、《平地/Plains》をセットし、小考の上で、《天界の粛清/Celestial Purge》を《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》へとキャストする。

 Kuoのターン、Kuoは《暗黒の深部/Dark Depths》をセットすると、2枚目の《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》を戦場に送り込む。事実上のコンボ完成だ。金は、《思考囲い/Thoughtseize》で《交錯の混乱/Muddle the Mixture》をディスカードさせ、その上で土地をセットして、ターンを返す。

 金の白マナに対するケアがないKuoは、《暗黒の深部/Dark Depths》からトークンを生み出せない。一方の金は《活発な野生林/Stirring Wildwood》のセットでターンを返す。Kuoは、《知識の渇望/Thirst for Knowledge》をキャスト、その上で、トークンを生み出し、アタック......

 「ミスったー、《滅び/Damnation》ぬいちゃったよー」

金 1-1 Kuo

Game 3

 1ターン目に《貴族の教主/Noble Hierarch》からスタートする先手の金。対して、Kuoは《思考囲い/Thoughtseize》。

 金の手札は、2枚の《タルモゴイフ/Tarmogoyf》に《天界の粛清/Celestial Purge》。そして《樹上の村/Treetop Village》に《神無き祭殿/Godless Shrine》。

 《天界の粛清/Celestial Purge》をディスカードさせられた金は、《タルモゴイフ/Tarmogoyf》をキャストし、《樹上の村/Treetop Village》をセットしてクロックを用意する。対してKuoは《闇の腹心/Dark Confidant》でアドバンテージを獲得しにいく。

 ここで、金がキャストしたのが、青黒殺しの《大貂皮鹿/Great Sable Stag》。《闇の腹心/Dark Confidant》で《弱者の剣/Sword of the Meek》がめくれてライフが13になったKuoは《大貂皮鹿/Great Sable Stag》相手にこのライフを守りきって、勝利できるプランを構築しなければならない。

 だが、Kuoの手札には《滅び/Damnation》があった。Kuoは《金属モックス/Chrome Mox》でマナを加速し、3ターン目にして《滅び/Damnation》をキャスト。《闇の腹心/Dark Confidant》こそ失ったものの、相手のクロックを削ぐ。

 金が新たに《タルモゴイフ/Tarmogoyf》をキャストし直し、クロックを用意している隙に《交錯の混乱/Muddle the Mixture》を変成し《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》をサーチしてキャスト。前述の様に、すでにKuoの手札には《弱者の剣/Sword of the Meek》があるため、マナがアンタップさえすればコンボ成立だ。

 だが、ここで金が力強くキャストしたのが《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》。

 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》でアタックし、賛美後に、《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》をサクリファイスして、《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》を破壊。一気に《タルモゴイフ/Tarmogoyf》のサイズをアップし、Kuoの残りライフを7とする。

 続くターンに金が《樹上の村/Treetop Village》と《タルモゴイフ/Tarmogoyf》でライフを削るのを防ぐ手立てを、Kuoは持たないのだった。

金 2-1 Kuo

前の記事: Round10 :小室 修(神奈川) vs. 黒田 正城(大阪) | 次の記事: Round 11:中村 肇(東京) vs. 黒田 正城(大阪)
イベントカバレージ/グランプリ横浜10 一覧に戻る

イベントカバレージ