マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round12 :森 勝洋(大阪) vs. 金 民守(神奈川)

Round12 :森 勝洋(大阪) vs. 金 民守(神奈川)

by Yohei Tomizawa

 ここでフィーチャーエリアに現れたのはドランデックを使う全勝の金とDDTの森。

 金はここまで11連勝と、LSVと同じく予選全勝するのでは、とワクワクがとまらない。

 森も1敗と、こちらも好調の様子。

 トップ8へ向けて、勝ち星を重ねるのはどちらなのだろうか。

Game 1
jpg

 先手森は《強迫/Duress》で、マリガン後の金に手札を攻める。《思考囲い/Thoughtseize》以外が全て土地だったため、安心して《闇の腹心/Dark Confidant》をキャストし、クロックとアドバンテージ獲得手段を確保する。

 金は《樹上の村/Treetop Village》でをアクティベート、攻撃を試みるが、《燻し/Smother》されてしまう。

 腹心は次々と土地を届け、《吸血鬼の呪詛術士/Vampire Hexmage》を追加する。

 金は《タルモゴイフ/Tarmogoyf》をブロッカーとして立てる、エンドに《残響する真実/Echoing Truth》でバウンスされ、4点のクロックを刻む。

 一切除去スペルが引けない金はブロッカーを増やすしかない。

 地上が駄目なら空だと、《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》場に出した次のターン、腹心が捲ったカードは《交錯の混乱/Muddle the Mixture》。これでソプターコンボが完成してしまったため、金はサイドボードへと手をかけた。

森 1-0 金


Game 2

 金はマリガンとなってしまうが、《貴族の教主/Noble Hierarch》でマナ加速を果たす。

 森は《思考囲い/Thoughtseize》で唯一の除去スペルである《流刑への道/Path to Exile》を抜きさり、《闇の腹心/Dark Confidant》をキャストする。

 兎に角ライフを攻めることを徹底し、《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》の賛美の力で、教主が2点のダメージを与える。ライフレースは森16-18金。
 第2メインフェイズにトップデックした《天界の粛清/Celestial Purge》で腹心をリムーヴ、《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary》が追加される。現状金の墓地に土地はないが、寧ろ《幽霊街/Ghost Quarter》をサーチ出来ることが重要である。

 《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》で手札を補充し、金に攻撃する対象を二つ提示する。

 金は迷うことなく《クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage》で本体を攻め、ライフは4。森のデックカラー的に対処し辛い《大貂皮鹿/Great Sable Stag》を場に出す。

 賛美の力を受けた《大貂皮鹿/Great Sable Stag》がレッドゾーンに於かれる、Game3へ。

森 1-1 金


Game 3

jpg

 「結構厳しいんだけど、サイド後。」

 森としては2キルしたいところだが、《流刑への道/Path to Exile》、《天界の粛清/Celestial Purge》がちらつく。かといって長引いたらそれそれで不利なわけで。

 「(カット)うまいね。」

 大事なこの場面でダブルマリガンとあっては、思わず笑うしかない。

 これは単純なマジックの強さ、巧さ、デックの強さだけで決まる試合ではないのかも。こころをつむたたかい

 金がトップデックした《思考囲い/Thoughtseize》でゲームがスタート。

 《交錯の混乱/Muddle the Mixture》、《知識の渇望/Thirst for Knowledge》、《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》、《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》、《島/Island》×2

 という手札から《知識の渇望/Thirst for Knowledge》を捨てさせる。

 森は《交錯の混乱/Muddle the Mixture》を変成し、《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》をサーチし、《精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor》で相手のトップをチェック。

 金は《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》を出し、クリーチャーを召喚するが、1枚1枚丁寧に除去されてしまう。

 忠誠値が9まで上がったジェイスは今度は自分の手札を補充、更なるドロー手段として《ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena》をキャストした。

 金は《タルモゴイフ/Tarmogoyf》に《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》をまとわせ攻撃、森12-17となり、《大貂皮鹿/Great Sable Stag》を回収する。

 森はトップに積んだ不要牌を《幽霊街/Ghost Quarter》でリシャッフルする。
 エンドに《幽霊街/Ghost Quarter》でリシャッフルする。

 金は《思考囲い/Thoughtseize》をキャストするが、森の手札は


 《金属モックス/Chrome Mox》×2、《暗黒の深部/Dark Depths》


と大外れ。

 《闇の腹心/Dark Confidant》どんどんカードを手札に届け、ジェイスで《マラキールの門番/Gatekeeper of Malakir》を戻し、クリーチャーを破壊する。

 森は《強迫的な研究/Compulsive Research》、《知識の渇望/Thirst for Knowledge》でさらにカードを補充。

 《闇の腹心/Dark Confidant》、《ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena》でライフが少ないため、《ジュワー島のスフィンクス/Sphinx of Jwar Isle》が捲れることにかけて試合を続けていた金だが、その望みを打ち砕く《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》をキャストする。

 最後の《闇の腹心/Dark Confidant》が《ジュワー島のスフィンクス/Sphinx of Jwar Isle》を捲らないことをケアし、アップキープに《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》の能力でライフを引き上げ、ゲームは終了となった。

森 2-1 金

森、Win

前の記事: クイックインタビュー:Q2:エクステンデッドの環境を象徴するカードを1枚だけ選ぶなら何を選びますか? | 次の記事: Round 13:Samuel Black(アメリカ) vs. 彌永 淳也(東京)
イベントカバレージ/グランプリ横浜10 一覧に戻る

イベントカバレージ