マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 11:中村 肇(東京) vs. 黒田 正城(大阪)

Round 11:中村 肇(東京) vs. 黒田 正城(大阪)

By Masashi Oiso

jpg

 東の新鋭中村 肇(東京)と、西の古豪黒田(大阪)のマッチをお届けする。

 中村は関東では強豪として知られる若手で、グランプリ新潟でトップ8へ進出した。プロツアーでもトップ8を狙える位置で戦っており、今回のグランプリでも順調に勝ち星を伸ばしている。中村のデッキはは"メタられなければ最強"と言われる発掘。

 黒田と言えば日本人初のプロツアーチャンピンオン。そして天使とドラゴンを日本で最も愛する男。そんな黒田のデッキは理論上1ターンキルも可能な《超起源/Hypergenesis》デッキ。天使もドラゴンもてんこ盛りだ。

このマッチアップ、何ターンゲームが続くか見物である。

Game 1
jpg

「20面ダイスで1しか出ない」と嘆く黒田、中村は3で先手を獲得。

 両者とも初手が非常に重要なデッキ。その昔、最凶のコンボデッキMoMAの時代では

「今のゲームは3つのステップに分かれている。
 第一段階(序盤)がコイントス。
 第二段階(中盤)がマリガンチェック。
 第三段階(終盤)が先手第一ターンだ。」

 という迷言が囁かれていた。発掘や超起源はそこまでの酷さは無いにせよ、初手の時点でゲームの三分の一が終了すると言っても過言ではない。

 黒田のデッキが超起源だと知る中村は積極的にマリガン、それを受け黒田はさらに考える。結局黒田はクリーチャーは十分だが続唱カードの無い手札をキープ。中村はダブルマリガン。土地しか無いが、これが限界と仕方なくキープ。

 どちらも1、2ターンキルのポテンシャルを持つデッキだが、比較的ゆっくりした展開になりそうだ。どちらが先にコンボにたどりつくか。

 最初の数ターンは、信じられないことに淡々と土地を置きあう展開。中村のデッキを知らなかった黒田は、《湿った墓/Watery Grave》《島/Island》《沸騰する小湖/Scalding Tarn》と置かれたこの時点では青系のデッキを警戒していたという。

 最初のアクションは3ターン目の《超起源/Hypergenesis》待機。中村に対し3ターンクロックを用意した。対する中村は《不可思の一瞥/Glimpse the Unthinkable》等を抱えているが、コンボを決めきるには不十分として、じっと我慢。ブラフによりターンを稼いで一撃必殺の可能性に賭ける。

 6ターン目、次のターンに《超起源/Hypergenesis》解けるというタイミングで中村のドローは《留まらぬ発想/Ideas Unbound》。これを機に中村は《不可思の一瞥/Glimpse the Unthinkable》でライブラリを削る。黒田は一瞬驚いたが、すぐに状況を把握したようだ。

 公開された10枚のうち、有効牌は《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》《ナルコメーバ/Narcomoeba》《黄泉からの橋/Bridge from Below》《恐血鬼/Bloodghast》。続いて《留まらぬ発想/Ideas Unbound》から《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》発掘で2《ナルコメーバ/Narcomoeba》《黄泉からの橋/Bridge from Below》がめくれる。一気に行けるかと思われたが、肝心の発掘カードが切れたため《留まらぬ発想/Ideas Unbound》の効果で2《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》を捨ててターンを返す。もうマナを使わずとも次のターンが来れば勝ち、という状況だ。

 黒田がどう阻止するか?というところに注目していたが・・・。《超起源/Hypergenesis》の解決により出てきたのは

《大祖始/Progenitus》
《絶望の天使/Angel of Despair》
《絶望の天使/Angel of Despair》
《アクローマの記念碑/Akroma's Memorial》

 フェッチランドの起動によりライフが17の中村。《ナルコメーバ/Narcomoeba》3体がブロックしても耐え切れないことを確認して投了。

 阻止どころか、このターン勝ってしまうとは。

中村 0-1 黒田


 ちょうどぴったり足りてしまったため、中村はサイドボード中も1ゲーム目について考えているようだった。しかし、《絶望の天使/Angel of Despair》が《ナルコメーバ/Narcomoeba》を撃墜できるため、中村が生き残るためにはフェッチランドを1度も起動出来ないことになる。それくらい黒田の布陣は完璧だった。


 お互い環境最速のコンボデッキ、それ故にサイドボードからの対策カードに脆いところがある。対策カードと、"対策カードの対策カード"を用意する必要があり、1ゲーム目とは違う複雑な展開が予想される。


Game 2

jpg

 中村先攻。両者ともに満足できる手札をキープ。

 中村から、このイベントで嫌というほど見てきた1ターン目《思考囲い/Thoughtseize》。
《超起源/Hypergenesis》
《暴力的な突発/Violent Outburst》
《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant》
《騙り者、逆嶋/Sakashima the Impostor》
《ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite》

 が公開され、クリーチャーと続唱カードのどちらかで悩んだが、確率的に《暴力的な突発/Violent Outburst》。

 中村は続いて《面晶体のカニ/Hedron Crab》。サイドボード後も安心の掘削エンジンだ。
 《湿った墓/Watery Grave》《沸騰する小湖/Scalding Tarn》で何もめくれなかったが、3度目の正直の《沸騰する小湖/Scalding Tarn》起動で《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》2枚が墓地へ。

 これを見て中村は《留まらぬ発想/Ideas Unbound》。最初の《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》発掘から《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》2枚。続いて《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》発掘から《恐血鬼/Bloodghast》《戦慄の復活/Dread Return》、最後に《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》発掘から《ナルコメーバ/Narcomoeba》《黄泉からの橋/Bridge from Below》《炎の血族の盲信者/Flame-Kin Zealot》。

 墓地を確認する黒田。《黄泉からの橋/Bridge from Below》3枚《恐血鬼/Bloodghast》3枚などなど、中村が土地をプレイするだけで決まってしまう。しかし、黒田は土地を置いてターンを返すのみ。

 4ターン目、中村はドローステップに《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》発掘で墓地を更に肥やし、土地をプレイして大量の《恐血鬼/Bloodghast》を戦場へ。更に《炎の血族の盲信者/Flame-Kin Zealot》を対象に《戦慄の復活/Dread Return》をキャスト。

 ここで黒田が対応する。《戦慄の復活/Dread Return》にスタックして《暴力的な突発/Violent Outburst》→《超起源/Hypergenesis》。黒田から《ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite》《騙り者、逆嶋/Sakashima the Impostor》《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》《ヴェンセールのスリヴァー/Venser's Sliver》、中村から《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》。黒田はヘルカイト2体分の能力で《猿人の指導霊/Simian Spirit Guide》に2点と中村に8点。結構なサイズのトロールを手札へ返す。ここで中村のライフは7。

 中村は延命のために《戦慄の復活/Dread Return》で《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》を釣る。戦場を整理すると

中村:2《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》1《ナルコメーバ/Narcomoeba》
黒田:1《ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite》1《騙り者、逆嶋/Sakashima the Impostor》(ヘルカイト)1《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant》

 生き延びた黒田は《強迫的な研究/Compulsive Research》で手札の回復を図る。少し考えてからスペル2枚を落として土地をプレイした。《騙り者、逆嶋/Sakashima the Impostor》を能力で戻して、《ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite》の能力をもう一度誘発する狙いだ。

 5ターン目、中村は《ダクムーアの回収場/Dakmor Salvage》で《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》用の5マナ目を確保し、4枚の《恐血鬼/Bloodghast》を戦場へ。黒田は《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant》と《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》を交換した後、マナを使わずターンを返す。

 中村は《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》を発掘するが大きな成果は得られず、たった4マナで登場する《ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite》により投了を余儀なくされた。

中村 0-2 黒田

前の記事: Round 11:金 民守(神奈川) vs. Tzu-Ching Kuo(台湾) | 次の記事: Photo Blog: グランプリ仙台スーパートライアル(土曜日)結果
イベントカバレージ/グランプリ横浜10 一覧に戻る

イベントカバレージ