マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 13:Samuel Black(アメリカ) vs. 彌永 淳也(東京)

Round 13:Samuel Black(アメリカ) vs. 彌永 淳也(東京)

By Masashi Oiso

jpg

 トップ8を狙うにはもう負けられない2敗1分のライン。サミュエル ブラック(アメリカ)のフェアリーと彌永 淳也(東京)の発掘の対決だ。

 サムは出場するイベント数が多くフィーチャーマッチへの登場回数が多いのは当然として、彌永はイベントごとのフィーチャー率が非常に高い。これはつまり、彌永のプレミアイベントでの安定感が素晴らしいということ。三連勝でトップ8へ滑り込めるだろうか?

Game 1
jpg

 彌永が先攻。絶好の初手を見ても、彌永のポーカーフェイスは変わらない。

 1ターン目は《面晶体のカニ/Hedron Crab》からスタート。2ターン目に《面晶体のカニ/Hedron Crab》を追加してからの《沸騰する小湖/Scalding Tarn》。《湿った墓/Watery Grave》タップインのサムは見ているしかない。

 計12枚のカードが墓地に置かれ、

《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》
《黄泉からの橋/Bridge from Below》
《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》
《壌土からの生命/Life from the Loam》
《恐血鬼/Bloodghast》
《戦慄の復活/Dread Return》

といった内容。更に《溺れたルサルカ/Drowned Rusalka》も追加された。

 これを見たサムはあっさり投了した。

サム 0-1 彌永

 たったの2ターンで1本取った彌永だが、ここからが正念場。発掘に対しメイン不利なフェアリーは墓地対策をしっかり取っていることが予想され、サイドボードを慎重に行う。

Game 2

 今度はサムが絶好のスタート。パッと見初手7枚をキープして《虚空の力線/Leyline of the Void》→《祖先の幻視/Ancestral Vision》待機というスタート。彌永も手札は悪くないが、《虚空の力線/Leyline of the Void》があっては意味が無い。《残響する真実/Echoing Truth》からの逆転を狙う

 サムは《面晶体のカニ/Hedron Crab》に《燻し/Smother》で丁寧に対処する。《祖先の幻視/Ancestral Vision》を追加するサムに対し、彌永は《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》や《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》で必死の抵抗。

 しかし《祖先の幻視/Ancestral Vision》2枚と《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren》でカードを引きまくるサムに勝てる訳も無く、勝ち星はタイに。

サム 1-1 彌永

Game 3
jpg

 彌永が先攻。サムはまたも《虚空の力線/Leyline of the Void》に恵まれた。

 彌永は《溺れたルサルカ/Drowned Rusalka》2枚と《ドライアドの東屋/Dryad Arbor》でプレッシャーをかける。"力線キープ"だったサムは2枚目の土地が遅れ、《ナルコメーバ/Narcomoeba》すら《呪文嵌め/Spell Snare》せざるを得ない。

 数ターンの攻撃でサムのライフ13となっており、彌永のクロックは1/1×4=4点。サムは《呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite》《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》と展開し1/1の駆除を試みるが、ここで彌永の動きは《虚空の力線/Leyline of the Void》へ《残響する真実/Echoing Truth》キャストからの《暗黒破/Darkblast》。クリーチャーによる攻撃とコンボの両方が問題となり、マナの足りないサムはとにかく厳しい。

 ドローステップの《暗黒破/Darkblast》発掘が不発だったこともあり、彌永は発掘を無視してひたすら殴る。これでサムのライフは5。《人里離れた谷間/Secluded Glen》を引くもフェアリーを公開できない。

 ライフ1のところでやっと4マナ揃って《滅び/Damnation》。スタックで《溺れたルサルカ/Drowned Rusalka》の発掘が始まる

 まず1回目の《溺れたルサルカ/Drowned Rusalka》起動で《暗黒破/Darkblast》発掘→《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》

 2回目、《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》発掘→《壌土からの生命/Life from the Loam》《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》《黄泉からの橋/Bridge from Below》。

 ライフ1のサムにはこれで十分。

サム 1-2 彌永

 彌永はトップ8へ向けて踏みとどまった。

前の記事: Round12 :森 勝洋(大阪) vs. 金 民守(神奈川) | 次の記事: Photo Blog: ヘッドジャッジインタビュー
イベントカバレージ/グランプリ横浜10 一覧に戻る

イベントカバレージ