マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 1:大礒 正嗣(広島) vs. 石村 信太朗(埼玉)

Round 1:大礒 正嗣(広島) vs. 石村 信太朗(埼玉)

By Daisuke Kawasaki

 物語を紡ぐ事とデュエルをする事は同じだ。
oiso.jpg 人と人との意志のぶつかり合いが物語を紡ぐとすれば、デュエルをする事も物語を紡ぐ事と同意といっても大げさではないだろう。

 今年、初めて広島で開催されることとなった日本選手権。

大礒 「とはいっても、まぁ、広島も、福山も広いんで、ウチから近いってわけでもないんですけどね」

 と語るのは、大礒 正嗣(広島)。昨年の日本王者である。

 2007年の北山 雅也(神奈川)以来、日本選手権は前年度王者の所属都道府県で開催されることになり、大礒は見事故郷に錦を飾ることになったのだ。

 昨年は、津村 健志(広島)が言うところの「全盛期の大礒を超えるほどの大礒」としかいいようのない強さを大礒が見せつけ、そして「日本代表を世界一にして見せますよ」という大礒のセリフで幕を閉じた日本選手権という物語。

 果たして今年はどのような物語が紡がれていくのだろうか。

 すべてのテーブルに物語があるが、やはり本日の一本目のフィーチャリングには前年度王者のマッチをお届けしよう。

 対するは石村 信太朗(埼玉)。

 「ライザ」の通称でしられ、独自のデッキ構築センスと、高いプレイスキルで知られる関東のプレイヤーである。

 石村といえば、もう、この数年ほど「いつブレイクしてもおかしくない」といわれ続けてきたプレイヤーである。

 今年、石村はこの広島の地でどのような物語を紡いでいくことになるのか。

 使用しているデックは、大礒が親和エルフ、石村がターボフォグである。

Game 1

ishimura.jpg ダブルマリガンの石村に対して、大礒は1ターン目から《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》という立ち上がり。そして、2ターン目には《苔汁の橋/Mosswort Bridge》に《威厳の魔力/Regal Force》を秘匿すると、《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》《遺産のドルイド/Heritage Druid》と展開し、絶好の立ち上がりを見せる。一方の石村は《氷河の城砦/Glacial Fortress》《秘教の門/Mystic Gate》とセットするのみ。

 ここで大礒のビッグイニングなるか...と思いきや、《遺産のドルイド/Heritage Druid》と《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》でアタックする。どうやら手札に十分なカードが無い様子。さらに《苔汁の橋/Mosswort Bridge》で見た4枚も土地が3枚に《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》という非常に厳しいもの。

 だが、このチャンスを石村も活かせず《ルーンの光輪/Runed Halo》をキャストするのみ。

 ここで、大礒のドローが《威厳の魔力/Regal Force》。《遺産のドルイド/Heritage Druid》からマナを出し、一挙4枚のカードをドローする。このターンにはマナが残っていないものの、なにも動けないが、続くターンには大きな動きを見せそうだ。

 石村はここでも《神話の水盤/Font of Mythos》を置き、タップアウトするのみ。

 大礒は、2枚目の《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》をキャスト。ここから大礒のパズルがはじまる。

 まず《遺産のドルイド/Heritage Druid》と《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》2枚をタップし{G}{G}{G}をうみだし《エルフの幻想家/Elvish Visionary》をキャスト。コレによってアンタップした2枚の《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》とたった今キャストした《エルフの幻想家/Elvish Visionary》をタップし、再び{G}{G}{G}で《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》をキャストする。

 この《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》のロード能力により、一気に《苔汁の橋/Mosswort Bridge》の秘匿条件を満たすと、秘匿されていた《威厳の魔力/Regal Force》をキャストし、大量に手札を獲得する。

 こうして手に入れた《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》をキャストし、3枚目4枚目の《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》をサーチしキャストすることで、大礒には数え切れないほどのマナが生み出される。

 そしてキャストした3枚目の《威厳の魔力/Regal Force》が大礒に17枚の手札を与えると、石村は土地を片付けたのだった。

大礒 1-0 石村

Game 2

 先手の石村がマリガンを宣言。手札をデッキに投入し、シャッフルしようとしたところで、大礒が石村に声をかける。

大礒 「まって!」

 そう、この日本選手権からはマリガンは双方同時におこなわれるのだ。

 大礒は、手札を見ると、熟考の後にマリガンを選択。二人でライブラリーをシャッフルし、改めて6枚ずつの手札でゲームをスタートする。

 後手の大礒が《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》から《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》という絶好の回りをしている間に、石村は《吠えたける鉱山/Howling Mine》を2ターン続けてキャスト。

 これで一気に手札がふくれあがった大礒だったが、石村も大礒のドロー後に《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》を《流刑への道/Path to Exile》で追放、思うような展開をさせない。

 土地が止まっていた大礒は、ここで絶好とばかりに《森/Forest》をサーチしタップインすると、《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》をあわせた3マナで2枚目の《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》をキャストする。

 ここで石村は《翻弄する魔道士/Meddling Mage》で《原初の命令/Primal Command》を指定し、ターンを返す。

 3枚引いても土地を引かない大礒。だが、ここで10枚の手札を見つめ、計算を始める。

 まず、《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》《エルフの幻想家/Elvish Visionary》をキャストすると、《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》をタップし、4マナを生み出す。これと《樹木茂る砦/Wooded Bastion》からだした白マナで、{G}をのこしつつ《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》をキャストすると、《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》と《遺産のドルイド/Heritage Druid》をサーチする。

 余らせた緑マナで《遺産のドルイド/Heritage Druid》をキャストすると、3マナうみだし《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》《献身のドルイド/Devoted Druid》とキャストしターンを終了する。

 返しの石村は、セットランドで4マナ揃えてターン終了し、大礒のアップキープに大礒のクリーチャーを《謎めいた命令/Cryptic Command》ですべてタップする。ここで長考しようとする大礒だったが

大礒 「考える必要無いか、とりあえずマナ出しておいていいのか」

 とすべてのエルフをタップして13マナ生み出す。

 そう、基本セット2010からのルールではマナバーンが無くなったため、こんな芸当も可能なのだ。

 大礒はここで生み出したマナを《樹木茂る砦/Wooded Bastion》でフィルターし{W}を生み出すと、《翻弄する魔道士/Meddling Mage》に《流刑への道/Path to Exile》をキャストする。

 ここで土地を手に入れたものの、フルタップ状態となってしまった石村。

 この隙を大礒が逃すはずがない。

 《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》によって一回り大きくなった《献身のドルイド/Devoted Druid》と、《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》によってマナを生み出し、追加の《献身のドルイド/Devoted Druid》でマナを途切れさせることなく増やし続け、《威厳の魔力/Regal Force》までつなげ、12枚の手札を手に入れる。

 2枚目の《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》がキャストされたことで、《献身のドルイド/Devoted Druid》がそれぞれ再びマナを生み出せるようになる。《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》が2枚目になり、そこから生み出されるマナが大礒に2枚目の《威厳の魔力/Regal Force》を戦場に呼び出させる。

 これによって3枚目の《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》を引き当てキャストしたことで、石村は再び土地を片付けることとなった。

大礒 2-0 石村

| 次の記事: Round 1:津村 健司(広島) vs. 栗原 伸豪(東京)
イベントカバレージ/日本選手権09 一覧に戻る

イベントカバレージ