マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 1:津村 健司(広島) vs. 栗原 伸豪(東京)

Round 1:津村 健司(広島) vs. 栗原 伸豪(東京)

By Tomohiro Kaji

 今日の最初のフィーチャーマッチは二人の強豪プロプレイヤー、栗原vs.津村だ。

ks

 新しい基本セット、マジック2010の登場で変化したスタンダード環境で、いったい有名プレイヤーたちがどんなデッキを選択したのかワクワクしている。

 対抗色の土地などの退場で多くのアーキタイプが存続できなくなたりと、環境は激変したわけだが、話を聞くとこの2人はお互いのデッキを知っていたようで、しかもElves!のミラーマッチらしく、ゲームが始まる前からサイドボードの話をしている。

津村 「新しい戦闘ダメージの振り分けが慣れないから、サイドボードにプロテクション付きのクリーチャーを多めに使うことでブロックさせない!」

 なんて冗談を言うほどで、そんなんで後半のドラフトは大丈夫?なんて突っ込みを入れてみたのだが、旧ルールの練習はMagicOnlineではしっかり練習してきたそうだ。

 基本的なルールの変更がゲームにどんな変化をもたらしたのだろうか。

 そこに注目しながら試合の模様をお伝えしたい。

Game 1

 栗原の先行で始まることになった1ゲーム目,マリガンの有無を両者しっかり確認して試合が始まった。
kenji Elves!同士の対戦というだけあって、序盤の展開はお互いにかなり早く、栗原の《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》に《献身のドルイド/Devoted Druid》に対し、津村は《貴族の教主/Noble Hierarch》から《エルフの幻想家/Elvish Visionary》と《風立ての高地/Windbrisk Heights》を戦場に送り出し、一瞬で2ターン目までが終了した。

 そして3ターン目、《イラクサの歩哨》での2点のダメージを刻みつつ、栗原はこのデッキの新カードである、《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》を追加する。

 自軍のエルフのサイズをアップさせつつ、4ターンにして8マナを生み出せる状態にし、さらにプレイした土地は《苔汁の橋/Mosswort Bridge》!

 ロードの+1+1修正のおかげでパワーの合計は既に6あり、マナも余っている圧倒的な盤面に、さらに秘匿ランドを追加し、追い打ちをかける。

 しかし、津村も負けじと、2枚の《遺産のドルイド/Heritage Druid》を追加しつつ、クリーチャー達から5マナをひねり出し、《原初の命令/Primal Command》をキャストし、秘匿解除の時間を稼ぐ。

 プレイされたばかりの《苔汁の橋/Mosswort Bridge》をライブラリーに戻しつつ、強烈なドローエンジン、《威厳の魔力/Regal Force》をサーチする。

 津村も《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》こそいないものの、全てのエルフがマナを生み出せるようになっており、次のターンへの準備を整えた。

栗原 「はぁ、何かトップデックしたいなー」

 次のドローを知っている栗原は、軽くため息をつきながらライブラリーに戻された秘匿土地を改めてプレイし、前のターンに引いてしまったまったく役に立たないジョーカーである、《ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender》を戦場に加え、全軍を攻撃に向かわせることしかできなかった。

 栗原のスタートはかなり理想的だったが、ドローがマナコストの軽いカードに偏っており、エルフ達の大量マナが生かしきれない。
この戦闘により、津村のライフを10まで減らすが、1枚の手札、《威厳の魔力/Regal Force》を知ってしまっているために、立場はあっという間に逆転してしまう。

 一気にゲームは傾いた。

 返す津村のターン、《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》を追加しつつ、《遺産のドルイド/Heritage Druid》からのマナで《威厳の魔力/Regal Force》からの5枚ドローをし、もう盤面は完全に津村のものになってしまった。
ここで本当に栗原も何か引かなければ。

栗原 「うーん、《威厳の魔力/Regal Force》か、《原初の命令/Primal Command》持ってる?」

 津村が手札を公開し、栗原は投了した。

栗原 「手札が弱すぎて、《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》のアンタップ忘れそうだったよ!」

津村 「朝からそんなんじゃ、ポカするぜー(笑)」

津村 1-0 栗原

Game 2

 お互いに《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》をタップインさせるスタートで、若干ゆっくりなゲームになるのかと思いきや、2ターン目からゲームスピードは一気に早まり、栗原は、《献身のドルイド/Devoted Druid》から、3ターン目に《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》、《遺産のドルイド/Heritage Druid》との3マナで《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》を戦場に追加。

 対し、津村は小考から、《貴族の教主/Noble Hierarch》と、《風立ての高地/Windbrisk Heights》を展開から、次のターンに《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》、《遺産のドルイド/Heritage Druid》と戦場に加え、{W}を1つ残してターンを返した。
1ゲーム目とそっくりな展開だが、ここで栗原、なんとドローもそっくり。
またも《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》はマナを生まず、仲間を連れて全軍戦闘に突入していった。

 その攻撃に対し、津村は残したマナから《流刑への道/Path to Exile》をキャストする。

 《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》を追放された栗原のエルフに攻撃力はほとんどなく、かといって津村も同じく小粒クリーチャーしかいないため、《献身のドルイド/Devoted Druid》を1/1でダブルブロックするに止まるが、一方的に損な交換になってしまうため、栗原も《遺産のドルイド/Heritage Druid》に《流刑への道/Path to Exile》をキャストし、それぞれのクリーチャーは《森/Forest》になった。

 ここで栗原ノーハンド。

 津村は土地が詰まり気味だったために、展開が遅れていたが、この1ターンを使ってマナクリーチャーを大幅展開し、《エルフの大ドルイド/Elvish Archdruid》、《遺産のドルイド/Heritage Druid》と続ける。
kuri ここで栗原は、先ほど同様、何も引かれなければそのままゲーム終了させられそうなのだが、念願の《威厳の魔力/Regal Force》をトップデッキ!

 引いた5枚のカードを《遺産のドルイド/Heritage Druid》と《イラクサの歩哨/Nettle Sentinel》のシナジーでダンプする。

 攻撃可能なクリーチャー全てでそのまま戦闘に突入するが、このターンにキャストしたカードばかりで攻め手に欠けている。

 次のターンにはかなりのダメージを期待できるのだが、返すターン、序盤にプレイしておいた秘匿土地、《風立ての高地/Windbrisk Heights》をエルフ達のチャンプアタックでこじ開け、《原初の命令/Primal Command》からの《威厳の魔力/Regal Force》でゲームを決めた。

津村 2-0 栗原

前の記事: Round 1:大礒 正嗣(広島) vs. 石村 信太朗(埼玉) | 次の記事: Round 3:石田 格(東京) vs. 菅谷 裕信(千葉)
イベントカバレージ/日本選手権09 一覧に戻る

イベントカバレージ