マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 7:森田 雅彦(東京) vs. 渡辺 雄也(神奈川)

Round 7:森田 雅彦(東京) vs. 渡辺 雄也(神奈川)

main.jpg

- 言語設定 快適にご利用いただくために -

Round 7:森田 雅彦(東京) vs. 渡辺 雄也(神奈川)
By Daisuke Kawasaki

 初日最終ラウンド、通常ならここで全勝対決をお送りしたいところだが、そこをぐっとこらえて、このマッチをお届けしよう。

 「垂直落下式トップデック」渡辺 雄也(神奈川)と、「シルバーコレクター」森田 雅彦(東京)のマッチアップだ。

ks

 もはや、このふたりについて細かいプロフィールの説明は必要無いだろうが、ちょっと補足程度にご紹介しよう。

 まずは渡辺。「ミスターPWC」として神奈川若手の筆頭であるだけでなく、2007年にはRookie of the Yearを獲得し、世界にその強さを見せつけた。最近ではグランプリ神戸で準優勝している。なにより、その力強いプレイングと、叩きつけるようなトップデックが魅力だ。

 一方の森田。シルバーコレクターとよばれ、世界でも屈指のグランプリトップ8入賞回数を誇った森田だが、最近ではプレミアイベントに顔を出す回数も少なくなってきている。やはり、社会人になるとマジックをやる時間をとるのも難しくなってしまうという。しかし、そんななかでも今回これだけの成績を残しているというのは、地力の高さをものがっている。

 ちなみに、森田の所属都道府県が東京になっているのは、つい先日仕事の都合で東京に引っ越してきたからだという。

Game 1

 先手渡辺が2ターン目《アニマのドルイド/Druid of the Anima》から3ターン目《ロウクスの瞑黙者/Rhox Meditant》という展開。森田も2ターン目に《ヴァレロンの異国者/Valeron Outlander》と非常にテンポのいい展開だったが、ここでいったん止まってしまう。

 さらに渡辺はだめ押しとばかりに《交戦の栄光/Glory of Warfare》を戦場に追加する。これによって、渡辺のターン限定で4/4となる《ロウクスの瞑黙者/Rhox Meditant》が4点のダメージ。

 森田は《血の間の軟泥/Bloodhall Ooze》を追加し、活路を見いだそうとするが、《抵抗の微光/Gleam of Resistance》によって《血の間の軟泥/Bloodhall Ooze》は除去されてしまい、さらに追加した《ロウクスの粗暴者/Rhox Brute》も、《魂の火/Soul's Fire》で除去されてしまう。

 こうして、攻め手良し守ってよしの《交戦の栄光/Glory of Warfare》によって、森田はほとんどマジックをできないまま土地を片付けることとなった。

渡辺 1-0 森田

渡辺 「PWCはいつでもお待ちしていますよ」

森田 「デッキ借りなきゃいけないから...」

渡辺 「いつでも貸しますよ」

Game 2
morio 先手の森田は1ターン目こそ白マナが無く動けなかったものの、2ターン目から《アクラサの従者/Akrasan Squire》《天望の騎士/Knight of the Skyward Eye》という展開。

 対して、渡辺は《焦熱の落下/Fiery Fall》によって土地を探し出すと、《気絶の狙撃者/Stun Sniper》をキャストする。だが、森田はサイズで押すべく《ロウクスの粗暴者/Rhox Brute》を戦場に送り込む。

 渡辺は《ロウクスの瞑黙者/Rhox Meditant》をキャストし、《アクラサの従者/Akrasan Squire》《天望の騎士/Knight of the Skyward Eye》はとどめるものの、賛美された《ロウクスの粗暴者/Rhox Brute》を止めることができない。

 森田が《野生のレオトー/Wild Leotau》、渡辺が《長毛のソクター/Woolly Thoctar》とお互い5/4を追加したところで、森田は《野生のレオトー/Wild Leotau》と《ロウクスの粗暴者/Rhox Brute》で攻撃。

 《ロウクスの粗暴者/Rhox Brute》を《天界の粛清/Celestial Purge》で追放し、《野生のレオトー/Wild Leotau》は《長毛のソクター/Woolly Thoctar》と《ロウクスの瞑黙者/Rhox Meditant》の2体ブロックで仕留めると、ここにきて《気絶の狙撃者/Stun Sniper》が盤面を強力に支配し始める。

 そして《交戦の栄光/Glory of Warfare》。

 みるみる森田の攻撃が通らなくなり、渡辺の打点が上がっていく。

 《ボーラスの奴隷/Slave of Bolas》がキャストされると、森田は自問自答する。

森田 「死んだ?死んだか」

渡辺 2-0 森田

前の記事: Round 6:浅原 晃(神奈川) vs. 三原 槙仁(千葉) | 次の記事: 「日本選手権2009」Day1 マジック写真館
イベントカバレージ/日本選手権09 一覧に戻る

イベントカバレージ