マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 8:高橋 優太(東京) vs. 高橋 純也(神奈川)

Round 8:高橋 優太(東京) vs. 高橋 純也(神奈川)

By Daisuke Kawasaki

 日本選手権ともなれば、非常に濃いメンバーが揃う。

 これだけ濃いプレイヤーが揃えば、プレイヤー同士何かしらの因縁も存在する。

 このラウンドでは、そんななかでももっとも濃い因縁のひとつといえる清水 直樹(神奈川) vs. 浅原 晃(神奈川)の一戦を!...うっかりスルーして、高橋対決をお送りしよう。

 グランプリ岡山に続くこの対戦。あの時は優太が勝利した。

純也 「今回は、本当に名前を賭けよう。負けた方が低橋で」

優太 「いいだろう」

Game 1
tl 先手優太が2ターン目《エスパーの嵐刃/Esper Stormblade》、3ターン目《ヴィダルケンの異国者/Vedalken Outlander》と展開するのに対して、純也も2ターン目から《燃えさしの織り手/Ember Weaver》で対抗する。

 すでに赤いパーマネントがあり、先制攻撃を持った《燃えさしの織り手/Ember Weaver》の前の優太は《暁の光の射手/Dawnray Archer》をキャストするのみでターンを終了する。

 これに対するのが純也の《玉砕/Suicidal Charge》。

 優太のターンに能力が起動され、まずは《暁の光の射手/Dawnray Archer》が除去される。そして、強制アタックさせられた2体のうち、《ヴィダルケンの異国者/Vedalken Outlander》がブロックされ戦闘ダメージで除去。これによって多色パーマネントを失った優太の《エスパーの嵐刃/Esper Stormblade》が、《玉砕/Suicidal Charge》の-1/-1効果で戦場を離れるという純也のビッグイニングとなった。

 《アミーシャの口づけ/Kiss of the Amesha》《急使の薬包/Courier's Capsule》でカードをひき、《本能の制御/Controlled Instincts》で《燃えさしの織り手/Ember Weaver》を対処する優太だったが、《玉砕/Suicidal Charge》の作り出したアドバンテージ差を覆すにいたらなかった。

純也 1-0 優太

Game 2

 後手純也がマリガン。

 そんな純也に対して、優太の《宮廷のホムンクルス/Court Homunculus》《エーテル階級の騎士/Ethercaste Knight》という流れるようなビートダウンが襲いかかる。

 この3点ずつのクロックに対して、純也は《アニマのドルイド/Druid of the Anima》《火荒の境界石/Firewild Borderpost》(正規のマナコストを支払ってキャスト)とマナ加速で構える。

 その隙に優太も《急使の薬包/Courier's Capsule》で手札を増やし、《宮廷のホムンクルス/Court Homunculus》に《骨の鋸/Bone Saw》を装備させてアタックする。

 この《宮廷のホムンクルス/Court Homunculus》を《シーリアのエルフ/Cylian Elf》《アニマのドルイド/Druid of the Anima》のダブルブロックで対応し、後続の《ヴィダルケンの異国者/Vedalken Outlander》も《帰化/Naturalize》で対処した純也だったが、続いて戦場に現れた《ガラス塵の大男/Glassdust Hulk》にため息をつく。

 《バントの戦闘魔道士/Bant Battlemage》《ナカティルの狩り群れ/Nacatl Hunt-Pride》と並べた純也だったが、《ガラス塵の大男/Glassdust Hulk》のアンブロッカブルを前に完全に沈黙した。

純也 1-1 優太

Game 3

 優太が1ターン目にキャストした《霧脈の境界石/Mistvein Borderpost》を純也が2ターン目に《帰化/Naturalize》するという展開。
tr 続いて《荒原の境界石/Wildfield Borderpost》をキャストする優太に《エルフの幻想家/Elvish Visionary》から《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》と展開する純也。これはいったん《鉤爪の強兵/Talon Trooper》で止まるが、純也は秘密兵器とも言える《古霊の踏み行く処/Where Ancients Tread》をキャストする。

 このエンチャントを前に長考に入る優太。

 結果、《暁の光の射手/Dawnray Archer》をキャストし、《鉤爪の強兵/Talon Trooper》を3/3にしてアタックする。

 純也は半ばあきらめ気味に《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》と《エルフの幻想家/Elvish Visionary》で攻撃。これは予想通り《流刑への道/Path to Exile》で追放されるが、ここで《ナヤの滞留者/Naya Sojourners》を戦場に追加し、《古霊の踏み行く処/Where Ancients Tread》の能力で《鉤爪の強兵/Talon Trooper》を打ち落とす。

 優太は《骨の鋸/Bone Saw》を《暁の光の射手/Dawnray Archer》の装備させて攻撃、さらに純也の地上戦力を抑制する《ヴィダルケンの異国者/Vedalken Outlander》をキャストする。

 だが、ここで、またも《玉砕/Suicidal Charge》がキャストされる。

 これにより、またも《暁の光の射手/Dawnray Archer》が墓地に落ち、《ヴィダルケンの異国者/Vedalken Outlander》は《エルフの幻想家/Elvish Visionary》と相打つ。

 《ナヤの滞留者/Naya Sojourners》こそ《本能の制御/Controlled Instincts》で対応した優太だったが、《印章持ちのビヒモス/Sigiled Behemoth》《浮浪する耕し獣/Vagrant Plowbeasts》と連続でキャストされると、《古霊の踏み行く処/Where Ancients Tread》の本体直撃に耐えきれないのだった。

高橋 2-1 低橋

優太 「1ターン目プレイミスでしたね...白緑の境界石から出して壊させておけば《求道者テゼレット/Tezzeret the Seeker》出せて勝っていたと思うんですけど...1ターン目だからって考えないでプレイしすぎましたね」

 優太ほどのストイシズムを持ってすれば、道は1ターン目からはじまっている。

優太 「ここから6連勝して高橋の名前を取り戻して見せますよ」

 敗北から学ぶプレイヤーは強くなる。

前の記事: Round 4:大礒 正嗣(広島) vs. 菅谷 裕信(千葉)(Video) | 次の記事: Round 9:彌永 淳也(東京) vs. 高橋 純也(神奈川)
イベントカバレージ/日本選手権09 一覧に戻る

イベントカバレージ