マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

イベントカバレージ

Round 9:彌永 淳也(東京) vs. 高橋 純也(神奈川)

Round 9:彌永 淳也(東京) vs. 高橋 純也(神奈川)

By Daisuke Kawasaki

 「ブレーキの壊れたテロリスト」高橋 純也(神奈川)による、名前狩りデスマッチシリーズ第2弾。

 国内グランプリ2連覇の高橋 優太(東京)に続き、こんどはグランプリ北九州チャンピオン彌永 淳也(東京)とのジュンヤ対決をお届けしよう。

 同世代・同時代に、同姓に、同名にグランプリチャンピオンがうまれてしまったことで、「弱い方の高橋」「弱い方のジュンヤ」とさんざんな呼ばれ方をすることも少なくない高橋 純也。

 だが、同世代でもグランプリトップ8入賞は最速に近いくらいに速かった高橋だけに、「強い高橋」で「強いジュンヤ」であった時期もたしかにあったはずなのだ。

 今、その呼び名を取り戻すための戦いがはじまる。

Game 1

 ここで彌永、デッキリストの登録枚数が少なく、痛恨のマッチロス。

高橋 「めずらしいね」

彌永 「はじめてかも」

高橋 1-0 彌永

Game 2
takahashi 後手ながら高橋が《シーリアのエルフ/Cylian Elf》キャストと先行するものの、彌永は《処刑人の薬包/Executioner's Capsule》をキャストし、《シーリアのエルフ/Cylian Elf》のアタックに対応して《暴力的な突発/Violent Outburst》をキャストする。

 プロツアーホノルルでの三田村 和弥(千葉)が印象的なこのテクニック。この続唱で彌永は《惨めな食事/Wretched Banquet》をキャストし、《シーリアのエルフ/Cylian Elf》を除去し、高橋が続いてキャストした《アニマのドルイド/Druid of the Anima》も手札からの《惨めな食事/Wretched Banquet》で対処する。

 その間、彌永は延々とマナベースを整え続け、高橋は《天球儀/Armillary Sphere》でアドバンテージを稼ぎながら《バントの戦闘魔道士/Bant Battlemage》をキャストし、ビートを始める。

 彌永は7マナ揃ったところで、フルタップで《槍折りのビヒモス/Spearbreaker Behemoth》をキャスト。このフルタップの隙に、《処刑人の薬包/Executioner's Capsule》を《帰化/Naturalize》し、さらに《ナカティルの狩り群れ/Nacatl Hunt-Pride》を追加する高橋だったが、《巨大待ち伏せ虫/Giant Ambush Beetle》に《ナカティルの狩り群れ/Nacatl Hunt-Pride》を対象にされ、強制ブロックにより除去されてしまう。

 高橋は《印章持ちのビヒモス/Sigiled Behemoth》をキャストし、《バントの戦闘魔道士/Bant Battlemage》でダメージを重ねようとするが、ここで彌永は《崖崩れの精霊/Rockslide Elemental》キャストで手札をゼロにしての《徹底した天啓/Drastic Revelation》というビッグプレイ。

 しかも、ここでランダムにディスカードさせられた3枚の手札のうち、2枚が土地。

高橋 「すごいね」

 《グリフィンの歩哨/Griffin Sentinel》をキャストする高橋だったが、彌永の除去2連打により戦線を完全に崩壊させられてしまう。

高橋 1-1 彌永

Game 3
iyanaga 1ターン目《火荒の境界石/Firewild Borderpost》から《アニマのドルイド/Druid of the Anima》という展開の高橋に対して、彌永は《惨めな食事/Wretched Banquet》でこれを除去。

 だが、高橋も《シーリアのエルフ/Cylian Elf》をキャストし、主導権を握りにかかる。

 彌永は《ゴミあさりのドレイク/Scavenger Drake》をキャストするものの、これは《妄信的迫害/Zealous Persecution》で除去する高橋。だが、根本的な除去の枚数では彌永に分がある。

 彌永は《崖崩れの精霊/Rockslide Elemental》をキャストすると、高橋のキャストするクリーチャーを次々と除去し、《巨大待ち伏せ虫/Giant Ambush Beetle》と並べて延々とクロックを刻み続け、高橋は手札の中身を彌永にさらけだした。

高橋 1-2 彌永

彌永 「今回は構築のデッキも自信作なので、絶対勝ちたい」

 高橋が、その呼び名を取り戻さなければならなかったように、彌永にも取り戻さなければならないものがある。

 3年前に預けた、日本チャンピオンというタイトルが。

前の記事: Round 8:高橋 優太(東京) vs. 高橋 純也(神奈川) | 次の記事: Round 10:坂口 尚紀(愛知) vs. 栗原 伸豪(東京)
イベントカバレージ/日本選手権09 一覧に戻る

イベントカバレージ